私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ

2017.02.23 Thursday 12:25
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

     

    まず最初にお知らせがありますが

    NTTドコモが運営する ママテナ というサイトに

    私の記事が昨日22日から掲載されています。

     

    テーマは 「こどものアザコン」についてですが

    ぜひ大人の方にも読んでいただけたらと思います。

     

    http://mama.bibeaute.com/article/55019/

     

    3回にわたって掲載される予定です。

    どうぞよろしくお願いします。

     

     

     

    さてでは今日の本題に入ります。

     

    境界性パーソナリティ障害という障害名がありますが

    「もしかして私はこれにあてはまるのではないだろうか?」

    と悩んでみえる方がおられましたら

     

    「絆の病」/岡田尊司・咲セリを一読されることを

    お薦めします。

     

    これは

    岡田尊司氏(精神科医)と咲セリ氏(境界性パーソナリティを克服した人)

    が治療者と、治療される側、それぞれの立場から

    この病の本質と回復への道筋を明らかにしたものです。

     

    多くの場合、この障害で苦しんでみえる人は

    受診した病院によって、他にもいろんな診断名をつけられて

    いたりすることがよくあります。

     

    たとえば摂食障害、強迫性障害、社会不安性障害、

    依存性パーソナリティ障害、双極性障害、ADHD障害 etc...。

     

    実際に症状だけみれば

    どの障害にも当てはまる部分があるのだと思います。

     

    しかしそのようにいくつもの診断名を出された

    本人にしてみれば、とまどうばかりか

    一体この先どうしていけばいいのか

    わからなくなってしまうことでしょう。

     

    それゆえ

    この本では精神科医はどのように診断しているのか

    ということについても丁寧に書かれています。

     

    それによると、

    症状だけで病気を診断するのであれば

    1回の診断だけで、とりあえずの診断名はつけられるけれど

     

    さらにベースにある問題をきちんとみていって

    トータルにその人の問題をとらえよう思ったら

    やはり何度も会うとか、検査をすることも必要になるそうです。

     

    また場合によっては家族とかパートナーからも

    話しを聴くことが必要だったりします。

     

    これは本人からの情報だけでは限りがあるため

    本人に関わる人から生育歴や発達上の問題などの

    情報を得ることによって、

    客観的なエビデンスに基づいて診断する必要がある

    からだそうです。

     

    しかしこれはあくまで岡田氏の考えであって

    実際の医療現場では、このようなことをする時間は

    ほとんどすっ飛ばされていることが多いようです。

     

    ですから私のところへも

    5つも6つも障害名を抱えた状態の人がみえるのは

    そんなにめずらしいことではありません。

     

     

    それゆえ私の場合は

    クエアイアントさんの診断名は

    あくまで一つの参考にするぐらいで

     

    やはりその人自身について十分に教えてもらうことによって

    ベースとなっている問題は何かということを

    共に気づいていくことが大切だと考えています。

     

    すると、その人は○○障害の○○さんではなく

    全ての症状は

    その人が今まで生きてきて今現在にある自分

    という全体を示すものであるということが

    よくわかります。

     

    それゆえ一口に境界性パーソナリティ障害と言っても

    その症状の表われ方やまたその度合いは人によってみな違います。

     

    しかしいくつかの共通点は診られ

    そのひとつは、親との関係性に安心することができなかった

    という愛着の問題がその根っこにあるということです。

     

    そしてこのように

    親との絆が不安定だったりすると

    他者との関係も不安定になり

    大人になっても不安定な愛着スタイルを続けてしまう

    ことになるのです。

     

    これを大きく二つに分けて、

    「とらわれ型」の人は

    不安が強く、人に頼らないと自分を支えられないのに

    頼っている人に対して手厳しく

    あら探しばかりしてしまう傾向があります。

     

    また「未解決型」の人は

    親との離別や見捨てられ体験、虐待など

    心が傷つく体験をして、それを生々しく引きずり続けているので

    傷ついた出来事に対して、今も冷静さを失ったり

    混乱してしてしまう傾向があります。

     

    二つめとしてあげられるのは

    そういった部分は、

    自分と親しい人、家族やパートナーや恋人などのように

    ごく親しい人だけに限ってよく表れるもので

     

    一旦そのようなモードにスイッチが入ると

    感情のコントロールができないような状態になって

    しまうなどというようなこともよくあります。

     

    ですからその本人の家族も

    大変な状況になることもよくあります。

     

     

    そして3つめは

    強い自己否定と不信感があるということです。

     

    それゆえ意識の上では

    人一倍、親密な対人関係を構築したいと

    思っているにもかかわらず

     

    結果的にはその人の無意識が強く思い込んでいること、

     

    愛する人は私を見捨てるかもしれない

    なぜなら私は愛される価値などないから

     

    という状態になるよう

    自らその関係性を壊してしまうようなことも

    よくあります。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    そして悲しいまでに 愛されたくて 

    それなのに 愛を信じようとしない

     

    絶対の愛の形にしがみついて

    ことごとく これは本当の愛ではない と疑い

    そして自分を苦しめる

     

    それゆえ岡田氏は

    この障害のことを「絆の病」だというのかも

    しれませんね。

     

     

    そしてこの 絆 という言葉は

    このような障害によって苦しんでいる人にとって

    改善に向かうひとつの鍵となる、大変意味深いものだと思います。

     

     

     

     

     

    境界性パーソナリティ障害の治療に大きな進歩をもたらした

    マーシャ・リネハンは、

     

    その子をありのままに受け入れ認めようとしない「不認証環境」に

    注目しています。

     

    ありのままの自分を認めてもらえない子は、

    頑張ることで、どうにか認めてもらおうとするのですが

     

    その努力がもう無理だと感じた時、

    ぎりぎり保っていたこころのバランスが崩れてしまい

    境界性パーソナリティを発症すると考えられます。

     

                    参考文献 岡田尊司+咲セリ

     

     

     

     

     

     

     

    マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

     

    第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

    開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

    参加費用 お一人様  4000円

    定員   7名まで

    対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

               このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

               はお断りいたします。)

    用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

           歩行瞑想などを体験していただきますので、

           動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

           もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

    こちらでご用意させていただくもの

           マインドフルネスの心得について要約したもの

           ハーブティ&スィーツ

    お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

            http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

            お申し込み下さいませ。

     

    2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

    新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                       

    では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

           

     

     

     

     

      

     

    トランクお知らせ

     

    美濃市へ移転しました。

     

    美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

    宿泊施設などもありますので

     

    遠方からお越しくださる人は

    事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

    提供させていただきますので

    どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

     

    See change in Mino...。

     

    心地いい静けさの中で

    きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

    できるのではないかと思います。

     

    そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

     

     

    当ルームの新住所、また地図のほうは

    HPでご確認ください。

     

    では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    あるがまま という言葉は深い でもだからこそ誤解されやすい

    2017.02.20 Monday 15:48
    0

       

      みなさん、こんにちは。

       

      この仕事をしていてよく思うことは

      「あるがまま」という言葉は非常に奥が深く

       

      またそれは決して頭だけで

      論理的に理解することができうるものではなく

       

      そのように感じる感情や感覚

      または行動も含めた自分という全体で

      それを受け容れている状態なのだと思うのです。

       

      ですからこちらの思う「あるがまま」と

      他の人が思うあるがままは

      違っていたりするものです。

       

      それゆえ時に必要応じて

      クライアントさんがとらえる「あるがまま」が

      本当の意味でのあるがままに沿っているものであるかどうか

      一緒に見直してみるなどというようなことも

      したりします。

       

      なぜなら

      それぐらい、この言葉、「あるがまま」 は

      誤解の生じやすい言葉だからです。

       

      人によっては

      「自分の好きなようにすればいいってことでしょ?」

      と思う人もいます。

       

      だったら今の自分は、対人関係で緊張するから

      やっぱりそれまでは、家にこもっていたければ

      そうしてもいい

       

      またその自分を受け入れていいってことですよね。」

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      確かに、それは理にかなっていると思います。

       

      家にこもっているのが楽だから、

      今はそうしていたいと思う自分を

      そのまま受け容れる

       

      それがあるがまま・・・

       

      厳密にいうと、今はまだ無理だから

      外に出ることは回避したいという欲求をもった

      自分だけを、受け容れようとしているということです。

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      さて、ならばですね。

       

      対人関係で緊張する自分はどこに受け容れてもらったのでしょうか?

       

      言うまでもなく

      対人関係で緊張する自分は、未だ受け容れられてなど

      いないのです。

       

      その自分は

       

      もっと人と気軽に話したい。

       

      時には自分の本音を話せるような友達が欲しい。

       

      という希望をもっている。

       

      その希望を満たしたい切なる欲求は、

      ひきこもりを望むうちは

      抑え続けられるってことになりますよね。

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      ですから、この人の場合

      ある自分の欲求だけをあるがままの自分として

      とらえているということになります。

       

      しかし私達の欲求は様々で

      しかも相反するものだったりします。

       

      それゆえ

      どちらかの欲求だけをないものとして

      生きることはできないのです。

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      ゆえに、あるがままとは

      こうあるべき自分ではない自分も自分の一部とし

       

      その状態で

      今の自分に無理なくできることを見極めて

      試みていこうとする生き方ではないか

      と思うのです。

       

      またそれは

      「こうあるべき」という囚われから

      自分を解放することです。

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       


      しかし神経症のカテゴリーに入る多くの人は

       

      この悩みや問題が解決しなければ

       

      あるいは

      この欠点が克服できなければ

       

      私は幸せになれないと決めつけている

      傾向があります。

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

       

      ですからたとえば

       

      外国旅行に行けたいけれど

      飛行機が怖いから乗れない

       

      だから飛行機が怖くない自分にならなければ

      外国旅行はできない

       

      でも怖いという気持ちはなくならないので

      私は一生、外国へ行くことはできない

      というように心の中では葛藤が起こります。

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

       

      しかし実際は、

      飛行機が全く怖くないなどと思う人の方が

      少ないのではないかと思います。

       

      もっと言うと、ほとんどの人は、大なり小なり

      怖いという気持ちを抱えて飛行機に乗り込むのでは

      ないでしょうか。

       

      ただ、もし落ちたら という一つの心配だけに

      囚われて過ぎていないのだと思います。

       

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      このようにあるがままとは

      何かひとつのことだけにとらわれない

      こころの状態ともいえます。

       

       

      また補足するならば

      先ほどの例に挙げたように

       

      これがあるから それができない

       

      という二分化思考も

      現実の自分を無視したり

      拒絶することに繋がります。

       

      いろんな欲望をもついろんな自分を

      あるがままに受け容れるには

       

      どうしたって

      グレーゾーンの考え方ももてるよう

      柔軟性が必要になります。

       

       

      したがって

      あるがまま のこころの状態は

       

      とげとげしさがなく 柔らかで

      とてもシンプルだと思います。

       

       

       

       

      私達動物には、こうあるべき自分 を生きようとする遺伝子は

      もともとないのよ。

       

      だから 100%以上 あるがまま。(^^)

       

       

      マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

       

      第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

      開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

      参加費用 お一人様  4000円

      定員   7名まで

      対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                 このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                 はお断りいたします。)

      用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

             歩行瞑想などを体験していただきますので、

             動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

             もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

      こちらでご用意させていただくもの

             マインドフルネスの心得について要約したもの

             ハーブティ&スィーツ

      お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

              http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

              お申し込み下さいませ。

       

      2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

      新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                         

      では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

             

       

       

       

       

        

       

      トランクお知らせ

       

      美濃市へ移転しました。

       

      美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

      宿泊施設などもありますので

       

      遠方からお越しくださる人は

      事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

      提供させていただきますので

      どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

       

      See change in Mino...。

       

      心地いい静けさの中で

      きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

      できるのではないかと思います。

       

      そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

       

       

      当ルームの新住所、また地図のほうは

      HPでご確認ください。

       

      では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

       

       

      私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
      下記のHPをご覧になってください。
      ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
      と思っています。


      http://mc-forest.com

      メンタルヘルス


      ブログ村のランキングに参加中です。

       

      よろしかったら、カエルさんポチッ!

      とクリックしてやってください。

      とても励みになります。(^^)

       

       

       

       

       

       

       

      君の名は と Bord walk empire を見て  勝手気儘な感想を

      2017.02.19 Sunday 21:41
      0

         

        みなさん、こんにちは。

         

        今日は孫娘と一緒に

        映画、「君の名は」を見てきました。

         

        その感想は

        まず景色の映像は素晴らしく綺麗で

        それは偶然を内包したアートというよりも、

        高度な技術で完璧なまでに緻密さを追求することによって

        創りだされた、

        限りなく美しいファンタジーの世界のようでした。

         

        でもどちらかというと

        私の好むタイプの映画ではありませんでした。

         

        私はやはり、ロケ地の空気や香りが

        漂ってくるような映画が好きです。

         

        ほかにも、その歴史をあらわすセットや

        衣裳などにも強い興味があります。

         

        そしてもちろん、

        役者の演技力がするどく光るもの。

         

        そこでここ最近は

        「ボードウォークエンパイア 」

        というアメリカドラマにはまっていました。

         

        これは禁酒法時代のアトランティックシティを舞台に、

        実在の政治家をモデルにした、イーノック・ナッキー・トンプソン

        の半生を描いたものです。

         

        主役(ナッキー)を演じる役者、スティーブ・ブシュミの

        演技力は抜群で何度も唸りました。

         

        背景は第一次世界大戦が終わり

        アメリカは空前の大繁栄を遂げ、世界経済の中心が

        ロンドンからニュヨークのウォール街に移り

         

        あらゆる芸術や文化が花を開き

        そんな華やかしき時に禁酒法が施行された・・・

         

        そこで酒の密輸や密造、密売をとお決まりのギャングが登場、

        またそれに絡まるのが

        政治家や警察や司法局、弁護士や売春婦、教会や元軍人、ETC...

         

        かの有名なシカゴのギャング、アル・カポネも出てきます。

         

        建築にはアールデコが施され、

        また当時の衣装は本当にエレガントで目を奪われます。

         

        そして毎回

        華やかでゴージャスなシーンがありながら

        登場人物はみな、何かしら暗い鬱々としたものを

        抱えていて、それぞれとても興味深いキャラクターをしています。

         

        でもほとんど毎回、誰かが殺されちゃったりするので

        そういうのがだめな人にはお薦めしませんが

         

        私が思うに非常によくできてるドラマだと思います。

         

        制作コストも1800万ドルと

         

        テレビ史上最高金額を記録したとのこと、

        ですからセットはかなり素敵です。

         

        またサウンドトラックも当時の楽曲を

        現代のアーティストたちがカバーするというこりようで

        毎回、ドラマの最後には違う音楽が流れるのですが

        それも楽しみのひとつでした。

         

        そして何より、すごい人間模様でした。

         

        では今日の最後に

        このドラマの予告編をご紹介して終わります。

         

        https://www.youtube.com/watch?v=e6z71l6HQwQ

         

         

         

         

        マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

         

        第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

        開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

        参加費用 お一人様  4000円

        定員   7名まで

        対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                   このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                   はお断りいたします。)

        用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

               歩行瞑想などを体験していただきますので、

               動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

               もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

        こちらでご用意させていただくもの

               マインドフルネスの心得について要約したもの

               ハーブティ&スィーツ

        お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

                http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

                お申し込み下さいませ。

         

        2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

        新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                           

        では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

               

         

         

         

         

          

         

        トランクお知らせ

         

        美濃市へ移転しました。

         

        美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

        宿泊施設などもありますので

         

        遠方からお越しくださる人は

        事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

        提供させていただきますので

        どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

         

        See change in Mino...。

         

        心地いい静けさの中で

        きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

        できるのではないかと思います。

         

        そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

         

         

        当ルームの新住所、また地図のほうは

        HPでご確認ください。

         

        では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

         

         

        私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
        下記のHPをご覧になってください。
        ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
        と思っています。


        http://mc-forest.com

        メンタルヘルス


        ブログ村のランキングに参加中です。

         

        よろしかったら、カエルさんポチッ!

        とクリックしてやってください。

        とても励みになります。(^^)

         

         

         

         

         

        決してあきらめてはいけないこと

        2017.02.16 Thursday 22:48
        0

           

          みなさん、こんにちは。

           

          人というものは、

          どう生きたらいいのかということについて

          ほんといろんなことを言うものですね。

           

          でもそもそも

          これが正しい人生である

          なんて答えはない。

           

          この人生でいい

          あるいはよくない は

           

          あくまで自分自身がそう思うか思わないか

          だけなのである。

           

          ゆえに

          自分の幸せは他者が決めるものではなく

          自分のこころが決めるもの。

           

          また

          自分がものごとをどう解釈したかによって

          幸せや不幸せの感情は生まれる。

           

          そう考えると

          外側の人や

          外側に起きていることが

          自分の人生にマイナスをもたらしでいるのではなく

           

          そのような人を

          あるいはそのようなことが

          あってはならないこととして解釈している自分が

          人生を難しくしていることがよくある。

           

          でも

          たとえばこんなふうに思ったらどうだろうか。

           

          それは

          どんな経験にも

          よりよく生きるための意味が必ず内包されていて

          決して無駄な経験など何一つない。

           

          そしてそれは本当のことだよ。

           

          とりわけ、辛苦の伴う経験ほど

          学びは深く

           

          またその状況を乗り越えていくプロセスは

          後になって大きな自信ともなりうる、

           

          すると

          その辛苦をもたらした人は

          その自分を引き出してくれた人でもあったのだ

          と妙に納得したりするのではないかと思う。

           

           

          冒頭で申し上げた通り

           

          人はそれぞれのように人生訓を語る。

           

          とりわけ子離れできていない親ほど

          自分のそれはあたかも正しいことのように

          子どもに話し、またそのように生きることを

          期待したりするものである。

           

          でもたとえそれらに対して聞く耳をもったとしても

          最終的に従うのは自分のこころであることが望ましい。

           

          またそう決めた瞬間から

          人生は自分のものになる。

           

          私達が自由にできるのは

          自分の人生だけなのだから

           

          その自由を決してあきらめてはならない。

           

          少なくともそれが

          自分の人生に責任をもつこと

          ではないかと思う。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

           

          第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

          開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

          参加費用 お一人様  4000円

          定員   7名まで

          対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                     このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                     はお断りいたします。)

          用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

                 歩行瞑想などを体験していただきますので、

                 動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

                 もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

          こちらでご用意させていただくもの

                 マインドフルネスの心得について要約したもの

                 ハーブティ&スィーツ

          お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

                  http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

                  お申し込み下さいませ。

           

          2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

          新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                             

          では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

                 

           

           

           

           

            

           

          トランクお知らせ

           

          美濃市へ移転しました。

           

          美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

          宿泊施設などもありますので

           

          遠方からお越しくださる人は

          事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

          提供させていただきますので

          どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

           

          See change in Mino...。

           

          心地いい静けさの中で

          きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

          できるのではないかと思います。

           

          そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

           

           

          当ルームの新住所、また地図のほうは

          HPでご確認ください。

           

          では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

           

           

          私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
          下記のHPをご覧になってください。
          ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
          と思っています。


          http://mc-forest.com

          メンタルヘルス


          ブログ村のランキングに参加中です。

           

          よろしかったら、カエルさんポチッ!

          とクリックしてやってください。

          とても励みになります。(^^)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          人間は生の欲望によって成長し、変化し、向上を目指すものであるが、ゆえに苦しむ存在である。

          2017.02.14 Tuesday 23:20
          0

             

            みなさん、こんにちは。

             

            最近また森田療法について勉強し直しているところですが、

            人間の欲望というのは

            他の生物のそれと比べたとき

            いかに多種多様で複雑なものであるかということを

            つくづく思い知らされます。

             

            もちろんその欲望の基本となるのは

            すべての生物に共通する生命維持に関する

            「生の欲望」なのですが・・・

             

            それゆえ私達は

            より健康でありたい

            よい住居を得たい

            おいしいものを食べたい

             

            などというように

            生命を維持するための衣・食・住をはじめとして

            安全に生きたいという願望をもちます。

             

            でもそれ以外に

            快楽に伴う欲望もあります。

            これはいうまでもなく性が重要な位置を

            しめます。

             

            人間以外の動物にあっては

            種族を維持せんがために、ある一定期間のみ

            特殊な快楽が与えられて、

            雌雄が互いに求め合うだけですが

             

            人間は時と場所に関係なく

            また種族維持とも切り離されて

            快楽のためのみ性欲を追求するものです。

             

            ですから私達人間は

            この欲望によって苦しみます。

             

            また反対にとても強い喜びを感じます。

             

            したがって悩みも生じます。

             

            しかも私たちの生の欲動は

             

            自ら「かくありたい」、「かくあるべし」と願う

            「向上」に関する願望に突き動かされています。

             

            そしてこの欲望は非常に厄介です。

             

            私達人間はこの欲望によって人間らしくもなるのですが

            同時にさまざまな苦悩を負う原因ともなるのです。

             

            またこのように

            自分はどう生きるべきか

            などと言うようなことを考えながら生きるのは

            私達人間だけであって

             

            他の動物にはこのような機能は

            存在しません。

             

            よって自分のしたことを省みながら生きているのは

            あらゆる生物の中で私達人間だけです。

             

            しかも私達の欲望には二面性があります。

             

            人間の生の欲望は必ずしも

             

            真なるもの、善なるもの、美なるものだけに

            満たされるわけではなく

             

            その逆に偽りなるもの、悪なるもの、醜なるもの

            も包容されています。

             

             

            その両者のただ中に打ち込まれているのが

            人間存在の特徴であり、

            これこそが「人間存在の真実」なのです。

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            ここまでは、森田療法/著者 岩井寛 から引用したものを

            まとめてみましたが

             

            要は私達人間に悩みがあることじたい

            ごく人間らしい自然の姿であるということなんですね。

             

             

            しかし世の中を見回すと

            あたかも悩みがあることが特別なことのように

            悩みを解決する方法が書かれた本やセミナーなど

            いろんな情報があふれており

             

            またご丁寧にも

            悩みで苦しんでいる状態のレベルによって

            あるいは症状にによって障害名がつけられ

            病気とみなされることもあります。

             

            実際に

            私達の欲望は複雑で

            相反するものがあるゆえ

             

            人間にとってよき欲望だけを一方的に求め

            悪しき欲望を否定し去ろうという傾向が強くなればなるほど

             

            それは人間の欲望を認めない偏った思考になっていく

            ということであり

            それらは精神的に、あるいは身体に

            いずれ何らかの形(症状)で表れてくるものです。

             

             

            このようなことから

            森田療法の あるがまま の理念、

            それは二律背反する二つの欲望を肯定する

            というものに、私はあらためて深く共感するのです。

             

             

            そして多くの場合、

            一見していい人の役割を生きてきた人ほど

            事実をあるがままに認めるということが難しく

            それゆえ常に葛藤と不安を抱えていたりします。

             

            あるがままの自分を受け容れる

             

            言葉にすると簡単ですが

            それは産みの苦しみに匹敵するぐらい大変なことなのかも

            しれないと、最近はよく思います。

             

             

            では今日の最後に森田療法の特殊性について

             

            西欧の心理療法と決定的に違うのは

            西欧の心理療法については、神経症が何らかの形で

            こころの内に内在させる不安や葛藤を分析し、

            それを異物として除去しようとする傾向がある。

             

            これに対して、森田療法では、神経質(症)者の不安・葛藤

            と、日常人の不安・葛藤が連続であると考えるのである。

             

            したがってその不安・葛藤をいくら除去しようとしても、

            異常でないものを除去しようとしているのであるから、

            除去しようというそれじたいが矛盾だということになる。

                                 岩井 寛 

             

            確かに、逆もまた真なり。

             

             

             

            路上で寝ているベトナムの犬

             

            このように雑踏の片隅で呑気そうに寝ている犬を見て

            羨ましく思う自分があり

            こんなふうには絶対なりたくないと思う自分もある

             

            人間だからね。

             

             

             

             

             

            マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

             

            第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

            開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

            参加費用 お一人様  4000円

            定員   7名まで

            対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                       このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                       はお断りいたします。)

            用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

                   歩行瞑想などを体験していただきますので、

                   動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

                   もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

            こちらでご用意させていただくもの

                   マインドフルネスの心得について要約したもの

                   ハーブティ&スィーツ

            お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

                    http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

                    お申し込み下さいませ。

             

            2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

            新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                               

            では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

                   

             

             

             

             

              

             

            トランクお知らせ

             

            美濃市へ移転しました。

             

            美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

            宿泊施設などもありますので

             

            遠方からお越しくださる人は

            事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

            提供させていただきますので

            どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

             

            See change in Mino...。

             

            心地いい静けさの中で

            きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

            できるのではないかと思います。

             

            そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

             

             

            当ルームの新住所、また地図のほうは

            HPでご確認ください。

             

            では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

             

             

            私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
            下記のHPをご覧になってください。
            ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
            と思っています。


            http://mc-forest.com

            メンタルヘルス


            ブログ村のランキングに参加中です。

             

            よろしかったら、カエルさんポチッ!

            とクリックしてやってください。

            とても励みになります。(^^)

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            考えるより、行動を変えたほうが、答えはみえてくる

            2017.02.12 Sunday 22:50
            0

               

              みなさん、こんにちは。

               

              かの天才的物理学者、アインシュタインは

               

              同じことを繰り返しながら

              違う結果を望むこと、

              それを狂気という

               

              という言葉を残しています。

               

              どんな小さなことでもいい。

              今までの行動を何か変えてみたらどうだろう?

               

              あるいは何か新しい習慣を取り入れてみたら

              どうだろう?

               

               

               

              たとえば

              私のこころの障害はどうすれば治るのか

              毎日ひたすら考え続けている人がいるとします。

               

              しかし

              考えることによって

              何かが変わるわけではありません。

               

              またそれに関する情報をいくら集めても

              正しい答え(治療法)が得られるわけでもありません。

               

              なぜなら

              それらは厳密に言うと

              全て自分以外の他者のことだからです。

               

              ですから問題は

              このように考えても考えても

              答えが見つからない世界に

              いつまでも住み続けることなのです。

               

               

              でもたとえば

              毎日15分散歩するということを

              新しい習慣として取り込んでみる

               

              するとたったこれだけのことでも

              今まで知らなかった自分に出会えます。

               

              またその分、視野も広がります。

               

               

              そしてこのように

              習慣や行動を変えていくと

               

              考えるから答えが見つかるのではなく

               

              変化していく中で

              少しづつわかってくることがある

              ということを実感されるのではないか

              と思います。

               

               

              なぜなら

              本当にわかるということは

              頭(思考)だけじゃなくて

               

              体とこころと思考が調和してこそ

              わかるものだからです。

               

              また体というのは

              自分という全体の中で一番正直です。

               

              ですから

              思考でもって思い通りにならないこころを

              なんとかしようといじりまわすより

               

              まずは体にいいことを

              何か始めてみたらどうでしょう?

               

               

              そんなことやったって何が変わるというのだ

              という頑固さは、

              アインシュタインの言葉通りになる可能性があるかもです。

               

              でも比較的素直な人は

              「そんなものかな〜? では無理ない程度に始めてみようか」

              などと思って

               

              散歩するようになった

               

              あるいはマインドフルネス瞑想をするようになった

               

              またはストレッチをするようになぅた

               

              そんなふうに

              新しいことを習慣にして1か月、3か月、半年後ぐらいから・・・

               

               

              「最近、自分のこころの中に

               安全基地ができつつあるように思います。」

               

              などというようなことを、よく耳にしたりします。

               

               

              どうぞこのようなことも

              こころの片隅に留めておいてくださいね。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

               

              第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

              開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

              参加費用 お一人様  4000円

              定員   7名まで

              対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                         このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                         はお断りいたします。)

              用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

                     歩行瞑想などを体験していただきますので、

                     動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

                     もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

              こちらでご用意させていただくもの

                     マインドフルネスの心得について要約したもの

                     ハーブティ&スィーツ

              お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

                      http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

                      お申し込み下さいませ。

               

              2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

              新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                                 

              では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

                     

               

               

               

               

                

               

              トランクお知らせ

               

              美濃市へ移転しました。

               

              美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

              宿泊施設などもありますので

               

              遠方からお越しくださる人は

              事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

              提供させていただきますので

              どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

               

              See change in Mino...。

               

              心地いい静けさの中で

              きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

              できるのではないかと思います。

               

              そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

               

               

              当ルームの新住所、また地図のほうは

              HPでご確認ください。

               

              では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

               

               

              私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
              下記のHPをご覧になってください。
              ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
              と思っています。


              http://mc-forest.com

              メンタルヘルス


              ブログ村のランキングに参加中です。

               

              よろしかったら、カエルさんポチッ!

              とクリックしてやってください。

              とても励みになります。(^^)

               

               

               

               

               

               

              家族にうつ病の人がいる場合、その理解と接し方

              2017.02.09 Thursday 22:02
              0

                 

                みなさん、こんにちは。

                 

                仕事柄、私は今までに約50冊近く

                うつ病に関する専門書を読みましたが

                 

                どの本を読んでも

                そのような状態にある人に対して

                 

                「頑張りなさい」とか

                「改善に向けてもっと努力しなさい」

                などというような言葉は禁句である

                ということが書かれています。

                 

                それはいうまでもなく

                そうなるまでにはすでに十分に努力し

                いつのまにか、限界を超えてしまった結果が

                そのような状態を引き起こしているのですから

                 

                当然ながらそのような言葉は適切ではないと

                私も思います。

                 

                ですから状態によっては

                ダラダラと過ごすことも

                回復に向かうためには必要なプロセスである

                ということを理解してもらうよう努めています。

                 

                しかしながら

                それは周りの人からしたら

                ただの甘えてなまけているだけのように

                見えたりします。

                 

                実際に家族の誰かが

                一日中パジャマのまま,髪もボサボサで

                お風呂にも入らず、ただダラダラ過ごしていたら

                家族の人も平常心でいるのは大変なことだと思います。

                 

                しかしながらその間、

                その人が何も努力をしていないのかというと

                そうではありません。

                 

                実は今までとは全く正反対の努力をしていたりするものです。

                 

                ではどんな努力しているのかというと

                「かくあるべき自分」を手放す努力をしているのです。

                 

                それは人によって様々ですが

                 

                たとえば

                今までエリートで生きてきた自分

                 

                明るく社交的でみんなに頼られる自分

                 

                周りの人から縁の下の力持ちといわれるぐらい

                家族のために尽くしてきた自分

                 

                上司から真面目で責任感が強いと

                信頼されてきた自分

                 

                他者を配慮し、いつも周囲の人に

                気配りのできる人として尊敬されてきた自分

                 

                それらは

                無意識に「かくあるべき自分」として頑張ってきた

                自分の姿です。

                 

                でもいつもいつも

                そのような自分であろうとする必要はないのです。

                 

                 

                しかしながら

                誰しもその「かくあるべき自分」を手放すことは

                容易なことではありません。

                 

                とりわけ今まで努力してきたことが

                人並み以上の結果を出してきたほど

                 

                それを手放すことは、

                イコール人生の敗北者になる

                などというようなイメージに囚われていたりしますから

                 

                決して

                「たまには家でのんびりダラダラ過ごすのもいいもんだなあ。」

                などという境地でいるわけではないのです。

                 

                 

                頭の中は葛藤だらけで

                不安や罪悪感、緊張やストレス、怒りや悲しみなどで

                こころはとても不安体な状態だったりします。

                 

                でもそんな最悪な状態であっても

                なんとかその自分を救おうと努力しているのです。

                 

                具体的には

                 

                会社や学校を休むことだったり

                 

                今までの社会での評判やポジションが

                一旦は下がることをあきらめることだったり

                 

                これも人によって様々ですが

                いずれにしても「かくあるべき自分」を手放して

                 

                現在の自分、現実の自分を受け入れ、

                そして、どんなに小さくとも

                光(良い面)の方に目を向けて

                自分を信じようという努力をしなければ

                回復の兆しも見えてはこないものです。

                 

                 

                このようなことから

                もし自分の周りにうつ病で苦しんでいる人がみえたら

                 

                またもしその人が何もしない日々を

                過ごしているようであれば

                 

                どうぞ必要以上に心配したりしないで

                 

                その人のように今ままでとは違う努力しているのだ

                という理解とともに

                 

                その人が少しでも安心して休養できるよう

                静かに見守ってあげるようになさると

                いいのではないかと思います。

                 

                またそれがどうしても難しい場合は

                家族の方もカウンセリングを受けるなどして

                こころのケアをなさるといいと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                1月15日に、開催予定していました

                マインドフルネス体験講座第2回目は

                大雪のため中止とさせていただきましたが

                 

                3月19日(日)に同じ内容で開催させていただく

                ことに致しましたので、ご参加を希望されることは

                どうぞHPのご予約専用メールからお申込み下さいませ。

                 

                 

                 

                 

                マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

                 

                第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

                開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

                参加費用 お一人様  4000円

                定員   7名まで

                対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                           このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                           はお断りいたします。)

                用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

                       歩行瞑想などを体験していただきますので、

                       動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

                       もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

                こちらでご用意させていただくもの

                       マインドフルネスの心得について要約したもの

                       ハーブティ&スィーツ

                お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

                        http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

                        お申し込み下さいませ。

                 

                2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

                新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                                   

                では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

                       

                 

                 

                 

                 

                  

                 

                トランクお知らせ

                 

                美濃市へ移転しました。

                 

                美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

                宿泊施設などもありますので

                 

                遠方からお越しくださる人は

                事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

                提供させていただきますので

                どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

                 

                See change in Mino...。

                 

                心地いい静けさの中で

                きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

                できるのではないかと思います。

                 

                そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

                 

                 

                当ルームの新住所、また地図のほうは

                HPでご確認ください。

                 

                では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

                 

                 

                私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
                下記のHPをご覧になってください。
                ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
                と思っています。


                http://mc-forest.com

                メンタルヘルス


                ブログ村のランキングに参加中です。

                 

                よろしかったら、カエルさんポチッ!

                とクリックしてやってください。

                とても励みになります。(^^)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                「不安や鬱と戦わないこと」のすすめ

                2017.02.07 Tuesday 21:41
                0

                   

                  みなさん、こんにちは。

                   

                  小林信源という人(光薫寺住職)は

                  「こだわり」を捨てる 仏教が教えるウツ脱却の秘法

                  という本の中で

                   

                  「ウツ」の正体は「不安な心を不安に思う心」、

                  即ち過剰な自分へのこだわりにあると言っています。

                   

                  言われてみれば

                  別に心が健康な人であっても

                   

                  たとえば明日は人前でスピーチをしなければならない

                  などというような予定があれば、

                  上手くできるかどうか不安になったりするものですよね。

                   

                  またしばらく残業が続くよなどと言われたら

                  ブルーにな気持ち(鬱)になったりもするでしょう。

                   

                  ですからそもそも不安やウツのない人生など

                  ないのです。

                   

                  またできれば不安など感じたくはありませんが

                  でも不安があるゆえ、危険を回避し、身を守ることも

                  できるわけですから、

                  そういう意味では不安を感じることも

                  必要なのです。

                   

                  同じように鬱も、失敗したり、挫折した時には

                  そのような気分に陥るものですが

                  しかしそれも人が成長する上では必要な心の働き

                  ではないでしょうか。

                   

                  しかしそういった気分や感情が

                  長い間こころの中心に居座り続けたまま

                  一向に消えていかないという人がいるとしたら

                   

                  それは不安のある自分を受け入れられないため

                  その不安と戦い続けているからではないでしょうか?

                   

                  たとえば今のままでは、老後が不安で

                  夜も眠れないという人がいるとします。

                   

                  しかし世の中に、老後の不安などない

                  という人がいるでしょうか?

                   

                  恐らくそれについて真剣に考え

                  その不安を打ち消そうと試みるならば

                   

                  どんどん不安は募ってくるものだと思います。

                   

                   

                  ということは

                  その不安がなくなるように何とかしようとすればするほど、

                  不安をもつ自分を強化してしまうことになる

                  ということです。

                   

                  私なども、この先働けなくなったら

                  どうしたものか という不安はもちろんあります。

                   

                  しかしそのために何かできるとしたら

                  今という瞬間をよく生きるということしか

                  ありません。

                   

                  ですから

                  人並みに不安はありますが

                  それは人間である以上

                  仕方のないことなのだとあきらめています。

                   

                   

                  でもこのあきらめる とは

                  諦める と 明らめる の二通りあって

                   

                  私の場合はこの先も幸せに暮らしたい

                  という気持ちを諦めているわけではありません。

                   

                  でもこの先も

                  なんとしても今と全く同じ収入をキープしたい

                  あるいは今と同じ体力、同じ外見、同じ家族構成

                  または同じ考えや価値観のままでいたいということに固執するならば

                   

                  逆に幸せから遠ざかっていくだろうというのは明らかで

                   

                  やはり年を重ねるとともに

                  ものごとが明らかになった分だけは

                  明らめることが必要ではないかと思っています。

                   

                  またそれは一言で言うと

                  自分へのこだわりを捨てることだと思います。

                   

                   

                  しかしながら

                  私達人間には自己愛というものがあります。

                   

                  仏教では、それを煩悩というそうですが

                   

                  勝ち負けや競争や戦いの中に生きがいを見いだす気分感情

                   

                  社会的地位の順位に生きがいを感じる気分感情

                   

                  お金や人や物に愛着する中に生きがいをもつ気分感情

                   

                  傷つき傷つけられ、殺し殺される恐ろしい緊張感を

                  味わうことに生きがいをもつ気分感情

                   

                  など、これらの煩悩は一時的には私達の自己愛を

                  満たしたかのように錯覚しますが

                   

                  実はこういった気分感情が強くなればなるほど

                  自分の過去を後悔し

                  未来を不安がり

                  苦しみもがき続けて

                  現在に関心がもてなくなってしまうものなのだそうです。

                   

                  それゆえ

                   

                  昨日の自分は昨日で終わり

                   

                  明日の自分は明日考えればいい

                   

                  そして

                  今日できることを精一杯やる

                   

                  それでいいじゃないか

                  というぐらいの自己愛の方が

                  不安や鬱にこころを占領されることなく

                   

                  出て来ては流れ

                  また出て来ては静かに消えていく

                   

                  という感じで、うまく付き合いながら

                  生きていくことができるのではないかと思います。

                   

                   

                   

                  不安や鬱はシャボン玉みたいなものだよ。

                  ほっておけばやがて小さくなって消えていく。

                   

                  でも人間は

                  よく生きるということを

                  あれこれ難しく考え過ぎて

                   

                  どんな不安や鬱も見逃さず

                  それを何とかしようとし過ぎて

                  逆に膨らましてしまう傾向があるね。

                   

                  でも人生はあるものがなくなったり

                  ないものが入ってきたり というように

                   

                  思考を超えたことがよく起るもの。

                   

                  だから考え過ぎないで

                  波乗りをするように楽しんだらいいんじゃないかな。

                   

                                       哲学犬 Lucky

                   

                   

                   

                  家族力はこころの病を改善する良薬である

                  2017.02.05 Sunday 15:12
                  0

                     

                    みなさん、こんにちは。

                     

                    今週は、クライアントさんのご家族とのセッションを育む

                    というようなことを、いくつかやらせていただきました。

                     

                    一口にこころを病むといっても

                    その症状や苦しみは人それぞれでして

                     

                    ゆえに多くの場合は

                    これは○○障害ゆえ、こうすれば改善できる

                    などというような単純なものではなく

                     

                    その人の気質、生育歴、性格、経験、環境、宗教、人間関係 etc・・・

                    などが複合的に絡み合ってそのような状態になっていたりするものです。

                     

                    しかしながら

                    多くの場合は、医学的な見方がそうであるように

                    どんな障害であるかを判断し

                    それに適切な薬を投与すれば

                    改善され治る

                    ということを期待する人がほとんどだと思います。

                     

                    もちろんその見方も必要ではあるとは思います。

                     

                    しかしほとんどの場合においては

                    明らかにその人は○○障害であるとか

                    ○○病であると断定できるものではなく

                     

                    その証拠に、いくつもの病院を受診をされた方の

                    診断名はみな違っていたりするなんてことがよくあります。

                     

                    またそもそも精神医薬は

                    症状を抑えたり軽減する効果はあるものの

                    その病気や障害を治すものではありません。

                     

                    それを治すことができるのは

                    あくまでその本人だけです。

                     

                    ですから私が思うに

                    こころというものは科学的見地からだけでは

                    決して十分とはいえず

                     

                    どちらかというと

                    医学が最も苦手とするのは

                    こころの分野に関することではないかと

                    私は思っています。

                     

                    このようにこころの病に関しては

                    いくつもの疑問を抱えながら

                    今日までこの仕事をしてきていますが

                     

                    だからこそ

                    やはりクライアントさんから学ばせていただいたことを

                    私は何より大切なこととして考えるようにしています。

                     

                    そのうちのひとつとして、

                    本人自身が治ろうとする力を引き出す大きな要因のひとつとして

                    家族力というものがあげられると思います。

                     

                    なぜならこころの病とは

                    そのような経験がない人にとっては

                    とても理解しずらいものだからです。

                     

                    またそれゆえその本人は

                    わかってもらえないことによる苦しみを抱き

                    さらにその自分を責めてしまうようなことが

                    よくあります。

                     

                    しかしどんな障害や病気であっても

                    自分の家族のうち誰かが、

                    それを理解しようと努め

                     

                    たとえ

                    休まなければならない状態にある自分であっても

                    あるいは外に出ていくことさえできない自分であっても

                    受け入られている

                     

                    ということが感じられるようになると

                    かなり心の緊張が解けていくものです。

                     

                    なぜなら家族がそのように関わろうとすることは

                     

                    その本人にとっては

                    どんな状態にある自分であっても存在していいのだ

                     

                    どうすることもできない自分であっても

                    自分という存在そのものが誰かによって必要とされているのだ

                    というとても心強いメッセージとなるからです。

                     

                    このように

                    家族の誰かがその人に寄り添い、

                    忍耐強く見守る愛を示すようになると

                     

                    それは確実に

                    本来その人の中にある治る力を強化することに

                    繋がるものです。

                     

                    それにはまず

                    家族の方が抱えているストレス、

                     

                    多くの場合はどうしてあげたらいいのかわからない

                    またどのように接していいのかわからない

                    などとという心配や不安などについて

                    十分に話していただくことが大切だと考えています。

                     

                    またこのように

                    苦しんでいる人の問題が

                    家族全体の問題としてとらえられるようになったとき

                     

                    それまでの家族間の関係が見直されたり

                    あるいは問題点が明るみに出ることによって

                    改善の必要性にせまられたりするなどというように

                     

                    家族全体がよりよく変化していく

                    ということもよく起ります。

                     

                    そういう意味では

                    クライエントさんの多くは

                    家族の問題をその人独自の症状として

                    表わしていたのだなと思うようなことも

                    よくあります。

                     

                    このようなことから

                    クライエントさんのご家族もセッションに臨みたい

                    という意向を示された場合は

                     

                    私はそれを大きなチャンスととらえ

                    できうる限り、それがクアイエントさんにとって

                    有効なことになるよう働きかけていくことを

                    心掛けています。

                     

                     

                     

                    こころが弱ってしまったときは

                    家族力が大きな効き目を表わすことがよくあるものだよ。

                     

                    そういう意味では

                    家族が一つの束になれば

                    ほとんどのことは乗り越えていけるものではないかな。

                     

                    また時として、クライエントさんは無意識に

                    機能不全に陥っている家族の問題を浮き彫りにして

                    接着ボンドのような役割をしていることもよくある。

                     

                    そう考えると、家族の誰かがこころを病む は

                    やがて家族がよりよく再生するチャンスでもあると思う。

                     

                    少なくとも僕は、今までにそんな家族をいくつも見てきた。

                                         哲学犬 Lucky

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    1月15日に、開催予定していました

                    マインドフルネス体験講座第2回目は

                    大雪のため中止とさせていただきましたが

                     

                    3月19日(日)に同じ内容で開催させていただく

                    ことに致しましたので、ご参加を希望されることは

                    どうぞHPのご予約専用メールからお申込み下さいませ。

                     

                     

                     

                     

                    マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

                     

                    第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

                    開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

                    参加費用 お一人様  4000円

                    定員   7名まで

                    対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                               このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                               はお断りいたします。)

                    用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

                           歩行瞑想などを体験していただきますので、

                           動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

                           もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

                    こちらでご用意させていただくもの

                           マインドフルネスの心得について要約したもの

                           ハーブティ&スィーツ

                    お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

                            http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

                            お申し込み下さいませ。

                     

                    2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

                    新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                                       

                    では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

                           

                     

                     

                     

                     

                      

                     

                    トランクお知らせ

                     

                    美濃市へ移転しました。

                     

                    美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

                    宿泊施設などもありますので

                     

                    遠方からお越しくださる人は

                    事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

                    提供させていただきますので

                    どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

                     

                    See change in Mino...。

                     

                    心地いい静けさの中で

                    きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

                    できるのではないかと思います。

                     

                    そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

                     

                     

                    当ルームの新住所、また地図のほうは

                    HPでご確認ください。

                     

                    では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

                     

                     

                    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
                    下記のHPをご覧になってください。
                    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
                    と思っています。


                    http://mc-forest.com

                    メンタルヘルス


                    ブログ村のランキングに参加中です。

                     

                    よろしかったら、カエルさんポチッ!

                    とクリックしてやってください。

                    とても励みになります。(^^)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ

                    2017.02.02 Thursday 23:08
                    0

                       

                      みなさん、こんばんは。

                       

                      今夜はなんとか悩みを解決しようと思っているのに

                      八方塞がりのような状態でヘトヘトになっている人へ

                       

                      そんな時は、ほんと苦しいものですよね。

                       

                      でも

                      悩んでいることの答えを、

                      今は求めない 

                       

                      という選択肢もありますよ。

                       

                       

                      そしてそんな時は

                      むしろ五感に気持ちのいい刺激を与えてあげるほうが

                      いいのではないかと思います。

                       

                       

                      たとえば美しい景色を見る。

                       

                      美味しいものを味わって食べる。

                       

                      マッサージをしてもらう。

                       

                      お気に入りの音楽を聴く。

                       

                      アロマやお香を焚く。

                       

                      するとオキシトシンというホルモンが分泌されます。

                       

                      これは別名、幸せホルモンとも呼ばれていますが

                      なぜかというと

                      これによって自律神経が調整されたり

                      免疫力も高まるからです。

                       

                      またオキシトシンは愛情とも深い関係が

                      あるそうです。

                       

                      ですから

                      自分の周りの人にやさしくしたり

                      思いやりをもつことは

                       

                      オキシトシンの分泌を高めることになり

                      強いては自分を幸せにすることになるのです。

                       

                      またそれと同時に

                      周りの人も幸せになります。

                       

                      このように

                      自分が心地よくて楽しいと思うことを与えてあげよう

                      ということを選択すると

                       

                      今悩んでいることから距離がとれます。

                       

                      そうすれば

                      ものごとのありようを変えようとして

                      葛藤を起こし、

                      それによってこころが張りつめ、

                      焦りや不安でいっぱいになっている状態から

                       

                       

                      まずは今無理なくできることから

                      ひとつづつ取り組んでいこう

                      というように、

                       

                      現実を受け容れて冷静に対処する自分が

                      だんだんこころに戻ってくると思います。

                       

                       

                      今でない答えは

                      今だす必要がないと思うもひとつ。

                       

                      また悩みが何もない状態を目指すのではなく

                      悩みともに成長しつつあると思ったほうが

                      生き易いのでは・・・。

                       

                      そんなふうに私は思います。

                       

                       

                      心地いい

                      気持ちいい

                      ゆるゆる〜。

                       

                      僕はクライアントさんの傍らで

                      いつもこれだけを伝えています。

                                       哲学犬 Lucky

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      1月15日に、開催予定していました

                      マインドフルネス体験講座第2回目は

                      大雪のため中止とさせていただきましたが

                       

                      3月19日(日)に同じ内容で開催させていただく

                      ことに致しましたので、ご参加を希望されることは

                      どうぞHPのご予約専用メールからお申込み下さいませ。

                       

                       

                       

                       

                      マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

                       

                      第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

                      開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

                      参加費用 お一人様  4000円

                      定員   7名まで

                      対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

                                 このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

                                 はお断りいたします。)

                      用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

                             歩行瞑想などを体験していただきますので、

                             動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

                             もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

                      こちらでご用意させていただくもの

                             マインドフルネスの心得について要約したもの

                             ハーブティ&スィーツ

                      お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

                              http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

                              お申し込み下さいませ。

                       

                      2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

                      新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                                         

                      では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

                             

                       

                       

                       

                       

                        

                       

                      トランクお知らせ

                       

                      美濃市へ移転しました。

                       

                      美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

                      宿泊施設などもありますので

                       

                      遠方からお越しくださる人は

                      事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

                      提供させていただきますので

                      どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

                       

                      See change in Mino...。

                       

                      心地いい静けさの中で

                      きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

                      できるのではないかと思います。

                       

                      そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

                       

                       

                      当ルームの新住所、また地図のほうは

                      HPでご確認ください。

                       

                      では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

                       

                       

                      私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
                      下記のHPをご覧になってください。
                      ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
                      と思っています。


                      http://mc-forest.com

                      メンタルヘルス


                      ブログ村のランキングに参加中です。

                       

                      よろしかったら、カエルさんポチッ!

                      とクリックしてやってください。

                      とても励みになります。(^^)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      Calender
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728    
                      << February 2017 >>
                      心理カウンセリング
                      メンタルヘルス
                      森 久美子のおススメ本
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
                        Kumi
                      • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
                        ユカ
                      • 人間関係に苦しんでいる人へ 自分を認める作業から始めてみませんか。
                        Kumi
                      • 人間関係に苦しんでいる人へ 自分を認める作業から始めてみませんか。
                        Kumi
                      • 人間関係に苦しんでいる人へ 自分を認める作業から始めてみませんか。
                        とびなが
                      • 人間関係に苦しんでいる人へ 自分を認める作業から始めてみませんか。
                        多田 佳未
                      • よくなったと思ったのに、また調子が悪くなった時は
                        Kumi
                      • よくなったと思ったのに、また調子が悪くなった時は
                        しいぼう
                      • 殿方、遠慮がちの人は・・・
                        Kumi
                      • 殿方、遠慮がちの人は・・・
                        しまだ
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM