自分のこころを変えたいのに変えられない

2017.07.05 Wednesday 23:24
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    最近は湿度がうんと上昇してきて

    いよいよ日本の夏は蒸し暑いというのを

    肌で感じつつある今日この頃ですが

     

    でもまだまだ

    意外と夜は涼しいと思える日もあります。

     

     

    今夜も、夕食の後、庭に出てみたら

    空気は少ししっとり重く、

    風が吹くとそれがいい感じに涼しくて

    とても気持ちがよかったです。

     

    そのうち夕涼みがてらどこかへぶらりという気分になり

     

    「そうだ! 明日は忙しいから

     先に今から食材でも仕入れにいってこよう♪」

    という気になったのです。

     

    というのも

    私の犬はドライブが大好きですが

    この暑さの中、犬を車の中で待たせるわけにはいかないので

    この時期彼はあまり同乗できなかったのです。

     

    でも今夜のように涼しい日であれば

    もちろん彼も車に同乗できます。

     

    そんなわけで

    ナイトタイム(夜の9時頃)にフードセクションを

    見て回っていたのですが

     

    これが実によかったんですね。

     

     

    まず人でごった返してない

     

    なんかみんなゆったりと見て回ってる感じ

         

    レジで並ぶ必要もない

     

    しかも特に肉や魚などはお値打ちプライス

    になってて、これまたいい〜!

     

    そして当然ながら自分自身も

    夕涼み気分+犬とドライブをしてショッピング

    という気分なので

     

    何を買うにもよく製品を見て

    食材を仕入れる ということにとても集中する

    ことができたのです。

     

     

    でもこのようなひらめきが出るまでは

    明日はとても忙しいので

    いつ買い物に出かけるかを思案していたのです。

     

     

     

    考えてみたら

    暑い最中、少ない時間をぬって、さっさか買い物するより

     

    ちょっと時間を変えてみたら

    リラックスして買い物を楽しむことができたのですから

    おもしろいものですね。

     

     

    でも私は

    感覚からひらめきがでるということは

    とても大切なことだと思っています。

     

     

    なぜならこれがなくなると

    さっきの私のように

    固い頭で何かを考えるから

     

    何を変えるといいか

    という可能性を見る目が狭くなってしまう

    と思うからです。

     

     

     

    では今日の最後に 

    変わりたいけど変われないと思い悩んでいる人へ

     

    それはこころが固くなっているからだと思います。

     

    そんな時は

    どうしたら自分は変われるのだろうと考え過ぎて

    ついついこころをいじりまわしてしまうものですが

     

    でもそのように

    今すぐ変わらないこころを

    無理に変えようとする必要などないんです。

     

    そういう時は

    こころのことはちょっと横において

     

    そしてなんでもいいから

     

    いつもそうするのがごく当たり前と思っていること

     

    それは習慣だったり、あるいは環境だったり、

    または関係だったりするかもしれないけれど

     

    まずは何かひとつでいいから

     

    もっと快適に とか

    もっと自分の好きなように 

     

    変えてみることから始めてみるのは

    はどうでしょう?

     

    できれば

    それまでとは全く逆にするつもりで。

     

     

     

    それが自分に何をもたらすかは

    必ず感覚として得られるものと思います。

     

     

     

     

     

     

    *マンドフルネス瞑想 夏の体験講座お知らせ

     

    開催日時 7月30日(日)13時から16時頃まで

    開催場所 メンタル ケア フォレスト

    参加費用 4000円

    対象とする参加者 15歳以上大人でマインドフルネス瞑想を

             体験してみたいと思われる方

    定員 7名様まで

     

    その他・お願い

         ・マインドフルネスヨガ体操や歩行瞑想をしますので

          できるだけ動きやすい服装で、また歩きやすい靴で

          お越しください。

         ・お申し込みは、メンタル ケア フォレストのご予約専用メールから

          お申し込みください。

     

     

     

    *新メニュ=のお知らせ 

        マインドフルネス パーソナルコース

     

    個人でじっくりとマインドフルネスの心得を理解し

    一人でもマインドフルネスを実践していくことができるよう

    カウンセラーとマンツーマンで実践していくオリジナルのコースです。

     

    またこのコースは

    ・ストレスを溜め込みやすい

    ・こころがぶれやすい

    ・リラックスが下手で緊張体質

    ・感情のコントロールがうまくできない

    ・思考することが止めにくく、いつも頭の中が忙しい

    ・自己肯定感が低い

    ・執着心から自分を解放したい

    ・他者のことが気になって生き辛い

     

    ・自己実現したい

    ・集中力や創造力を高めたい

    ・こころに穏やかさと平和を保ちたい

    ・今よりも寛容で柔軟なこころを培いたい

    ・ストレスとうまくつきあえるようになりたい etc...

     

    というような悩みや問題、

    あるいは自己成長に役立つものと思います。

     

    ただしこのコースは

    初回面接を受けて下さった方に限ります。

     

    時間 2時間

    料金 16000円

     

    お申し込みは、当ルームのHPの

    ご予約専用メールからお願い致します。

     

     

     

     

    トランクお知らせ

     

    美濃市へ移転しました。

     

    美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

    宿泊施設などもありますので

     

    遠方からお越しくださる人は

    事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

    提供させていただきますので

    どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

     

    See change in Mino...。

     

    心地いい静けさの中で

    きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

    できるのではないかと思います。

     

    そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

     

     

    当ルームの新住所、また地図のほうは

    HPでご確認ください。

     

    では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

     

     

     

     

     

     

    マインドフルネス瞑想 夏の体験講座のお知らせです。

    2017.06.24 Saturday 21:28
    0

       

      みなさん、こんにちは。

       

      さて今日はまず最初に

      次回のマインドフルネス体験講座についての

      お知らせをさせていただきます。

       

       

      当初は、大自然の中で一日合宿を予定しておりましたが

      施設の方もオープンまでの準備にまだ時間を要するのと

       

      私自身もカウンセリングに追われて

      準備する時間がなかなかとれないでいたため

      その計画は少し日延べすることに致しました。

       

      よって次回の講座も

      いつも通り、当ルーム(メンタル ケア フォレスト)にて

      少人数グループで行いたいと思っています。

       

      正直申し上げて

      なかなか講座を開く日を設けるのは難しい状況ですが

      やはりマインドフルネスは

      できるだけ多くの方に体験していただきたいと思い、

      また夏の講座を設けることにしました。

       

      そしてその開催日は 7月30日(日) です。

       

      また次回の講座では

      呼吸とこころの関係について学んでいただくことができるよう

      お話させていただくつもりでいます。

       

       

      というのも

      実は私達大人は、意外と呼吸が下手というか

      就寝中の間、お腹がゆったりと動くような呼吸ができている人は

      意外と少ないのではないかと言われています。

       

      その原因は夢の内容や

      あるいは副交感神経の働きが十分でないとか

      またはストレスや疲れなど様々ですが

       

      いずれにしても

      呼吸が途切れたり、浅くなったりして

      乱れやすい人が増えているようです。

       

      しかしながら

      呼吸法の基本は 赤ちゃんの呼吸 だと言われています。

       

      ちょっと赤ちゃんが寝ている姿を

      思い浮かべていただきたいのですが

       

      それは実に自然で

      呼吸でもって体全体が大きく波打つように上下しています。

       

      私達大人はその姿にしばし癒されたりしますが・・・

       

      それは赤ちゃんの時にはなかった 自意識 というものが

      知らず知らずのうちに、

      私達の呼吸を乱していたりするからでは

      ないかと思います。

       

       

      それゆえ呼吸のメカニズムや、

      身体やこころとの相関関係などを学び

      また実際に正しい呼吸法を体験してみること

       

      それがストレスを溜めにくくし

      強いてはぶれにくい安定したこころを養うための

      きっかけになればいいなと思います。

       

       

      ということで

      夏のマインドフルネス体験講座、

      ご興味のある方はぜひご参加くださいませ。

       

       

       

       

      そして今日はマインドフルネスについて

      とてもいいレクチャーだと思う動画を見つけましたので

      (英語ではありますが、)よろしければぜひ見てみて下さい。

       

      講師はとてもゆっくり、またひとつひとつの単語を

      とてもはっきりと話してくれていますので

      理解しようと集中するならば、

      言葉の壁も薄くなるのではないかと思います。

       

      そしてできれば

      講師とともに、マインドフルネスを体験してみてください。

       

       

      http://www.tedxkyoto.com/events/tedxkyoto-2015/how-mindfulness-can-help-you-to-live-in-the-present-rev-takafumi-kawakami-tedxkyoto

       

      では蓮の花を どうぞ。(^^)

       

       

       

       

      マンドフルネス瞑想 夏の体験講座お知らせ

       

      開催日時 7月30日(日)13時から16時頃まで

      開催場所 メンタル ケア フォレスト

      参加費用 4000円

      対象とする参加者 15歳以上大人でマインドフルネス瞑想を

               体験してみたいと思われる方

      定員 7名様まで

       

      その他・お願い

           ・マインドフルネスヨガ体操や歩行瞑想をしますので

            できるだけ動きやすい服装で、また歩きやすい靴で

            お越しください。

           ・お申し込みは、メンタル ケア フォレストのご予約専用メールから

            お申し込みください。

       

       

       

       

       

       

      トランクお知らせ

       

      美濃市へ移転しました。

       

      美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

      宿泊施設などもありますので

       

      遠方からお越しくださる人は

      事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

      提供させていただきますので

      どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

       

      See change in Mino...。

       

      心地いい静けさの中で

      きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

      できるのではないかと思います。

       

      そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

       

       

      当ルームの新住所、また地図のほうは

      HPでご確認ください。

       

      では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

       

       

      私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
      下記のHPをご覧になってください。
      ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
      と思っています。


      http://mc-forest.com

      メンタルヘルス


      ブログ村のランキングに参加中です。

       

      よろしかったら、カエルさんポチッ!

      とクリックしてやってください。

      とても励みになります。(^^)

      自分と向き合うことってどんなこと?

      2017.06.15 Thursday 21:34
      0

         

        みなさん、こんにちは。

         

         

        カウンセリングというのは自分と向き合う

        ということにおいてとてもいい方法だと言われていますが

        では実際的に自分と向き合うとはどんなことなのでしょう?

         

        私が思うに

        この世に生まれてからずっと一緒に生きてきた

        最愛の連れあいの本心を尋ねるかのように

         

        自らの本心を、明らかにしていくことだと思います。

         

        またなぜ人は

        時にそんなことを必要とするのかというと

         

        自分というものが安心して存在するためであれば

        私達は無意識に自分に嘘をつき

        騙してしまうからです。

         

         

         

        たとえば

        親が望むような生き方をしてきて

        世間の人達にも真面目でいい人だと思われている自分

         

        でもその自分ではなんか虚しい とか

         

        自由に生きているような人を見ると

        なんかイラつく とか

         

        あるいは幸せを感じられない

         

         

        それはもしかして

         

        いつの頃からか

         

        自分に嘘をつくようになり

         

        でもそのほうが 親に愛される

         

        即ち安心できる 

        と感じたからではないでしょうか?

         

         

        でもそれと引き換えに失うのは

        自分らしさ(自分感)です。

         

        そしてそれを取り戻していくには

        どうしたっていつかは

        自分に対して偽ってきたことに

        気づく必要があると思います。

         

         

         

         

        また多くの場合

        その始まりは

        もうこのままの自分でいることが苦しい

        というのが最高潮に達した時です。

         

         

        その時は

        自分のこころの中にあることを

        洗いざらい吐き出すといいと思います。

         

        なぜなら

        開きかけた鍋の蓋を閉じて

        自分をごまかすようなことを何回しても

         

        それはほとんどの場合において

        一時的に楽になったような気がするだけで

        自分との関係は何も変わらないからです。

         

         

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

         

        とはいうものの・・・

         

        人が自分らしく伸び伸びと生きること 

         

        それは言葉にすると簡単だけど

         

        でもそれには この自分であっていい

        という安心感が必要です。

         

         

        ということは

        安心できなかった

         

        不安だったから本当の自分を偽ることで

        安心を感じたかったのだと思うのです。

         

         

        しかしながら

        自分を偽っていたことに気づいた分だけ

        人はその自分を肯定していくようになっていくもの

        なんです。

         

        そしてもう偽る必要がないとわかれば

        必然的に自分と自分の関係は正直になっていくため

         

        自分らしくあることに安心できるように

        なっていくことと思います。

         

         

        いずれにしても

        自分と向き合うことには深い意味があると思います。

         

        それゆえ私は

        できうる限りクライエントさんのこころを正確に映し出す鏡

        となるようこころがけています。

         

         

         

         

         

         

         

        お知らせ

        マインドフルネスコースを体験されたい方

        ご予約専用メールからお申込みください。

         

        料金 2時間 16000円

         

        ストレスを溜め込まないこころを

        一緒に育んでいきましょう。(^^)

         

        またマインドフルネス講座は

        この夏、思い切って大自然の中で、

        一泊コースと 一日コースを設けて行う

        マインドフルネス サマー ワークショップとして

        今、計画中です。お楽しみに。(^^)

         

        企画が決まりましたら、またブログの方から

        お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

         

         

         

         

         

         

        トランクお知らせ

         

        美濃市へ移転しました。

         

        美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

        宿泊施設などもありますので

         

        遠方からお越しくださる人は

        事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

        提供させていただきますので

        どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

         

        See change in Mino...。

         

        心地いい静けさの中で

        きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

        できるのではないかと思います。

         

        そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

         

         

        当ルームの新住所、また地図のほうは

        HPでご確認ください。

         

        では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

         

         

        私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
        下記のHPをご覧になってください。
        ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
        と思っています。


        http://mc-forest.com

        メンタルヘルス


        ブログ村のランキングに参加中です。

         

        よろしかったら、カエルさんポチッ!

        とクリックしてやってください。

        とても励みになります。(^^)

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        自分を受け入れることができないこころの理由

        2017.05.31 Wednesday 20:49
        0

           

          みなさん、こんにちは。

           

          こころというものに関して

          「今の自分を受け入れる」ということが

          いかに大切なことであるか

          それはすでに多くの方がご存じかと思います。

           

          しかしながら

          このことが頭のレベルで理解されたとしても

          こころのレベルではなかなかそうできなかったり

          するものです。

           

          ではなぜそのように

          自分の意図することとは反対に

          こころが自分を受け入れることを

          拒否してしまったりするのでしょうか?

           

          それに関する具体的な理由は

          人様々だと思いますが

           

          あえて共通する思い方があるとすれば

          それは 自分にも他者にも 求め過ぎているこころ が

          強く働き過ぎていることによるものではないか

          と思うのです。

           

           

           

          しかしながら

          私達は人間ですから、何かを求めることは

          ごく自然なことです。

           

          ですから

          求めることによって自分を満たし

          求めることによって幸せを感じたり

          また成長することもできます。

           

           

          したがって問題となるのは

          知らず知らずのうちに求め過ぎてしまっていることに

          気づかないでいることなのです。

           

           

          それゆえ

          一日も早く自分が求める状態となるよう

          あれもしなければならない

          これもまだ十分ではない

          というように焦っていたり

           

          またこのままの状態では

          将来はどうなるのだろうと心配し

          不安に駆られていたり

           

          あるいはもう済んでしまった過去のことに囚われ

          今なおそれを許せないことによって

          こころを縮小させ

          自他ともにすべてのことに対して寛容になれない

          というような心の状態を創りだしてしまうことです。

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

          さてではもう一度

          自分を受け入れるとはどういうことをいうのか

           

          これに関して違う言い方をするならば

          常に 「今を生きる自分」 に寄り添っていこうとする

          こころの態度とも言えるのではないかと思います。

           

           

          またそれは

          今の自分の現実をいいとか悪いと判断しないで

          そのまま認めることでもあります。

           

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          たとえば私のことを例にいたしますと

           

          開業する時は

          カウンセラーとして自分を活かし

          その職業で生きていけるようになりたい

          と思いました。

           

          でもなかなか求めた通りにはならなくて

          やはり焦りました。

           

          またそのこころの状態で将来を案じて

          よく不安になりました。

           

          するとかつて最後まで何かをやり遂げたことはなく

          いといろと問題を起こしたり、失敗した自分が

          果たして人さまの役に立つカウンセラーになることができるのか

           

          などというように

          この自分では不十分である

          よってこの自分は信頼するに値しない

           

          などというように自信を失くし

          よくこころがぐらついたものでした。

           

          またそんな時は周りの人と自分を較べてしまいがちです。

           

          しかしそうすることは

          いうまでもなくこころに落ち着きをなくし

          結果的には求めることへ注ぐエネルギーが

          そういったことにとられてしまっていたのではないか

          と思うのです。

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

          このようなことから

           

          今の自分を現実の自分として認めず

          求める状態の自分でなければ受け入れようと

          しない時は

           

          自分に寄り添っているとは言い難く

           

          それゆえ

          自他ともに過大な期待をしたり

          あるいは闇雲に頑張らせ過ぎることによって

           

          自ら苦しみを創りだしてしまうことになる

          ということが言えると思います。

           

           

          またこれは他者に対しても同じように働き

          相手のことを自分の求める状態でなければ

          認め、受け入れることはできません。

           

          それゆえ

          自分の不幸は相手によってもたらされている

          などというような解釈をし

           

          相手の怒りを引き出したり

          あるいは罪悪感や不信感を抱かせてしまう

          などというような不健康な関わり方をしてしまう

          ことにもなります。

           

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

           

          受け入れる・・・

          言葉にすると誠に簡単ですが

          こころのレベルではそれがとても難しい時があるものです。

           

          でもあえてそんな時こそ

          それが今の自分なのだと認めることから

          始めてみるといいと思います。

           

          また認めれば

          何かが不足しているのではなく

           

          単純に自分が求める状態になるために

          必要な経験をしている過程にあるのだ

          ということにも気づいていくことができる

          と思います。

           

           

          では今日の最後に

          草薙龍瞬氏(反応しない練習の著者)の言葉を

          ご紹介して終わります。

           

          貪欲、これは過剰な要求に駆られている状態です。

          平たく言えば求めすぎ、期待し過ぎ。

           

          怒りや、人間関係をめぐる不満は、

          大抵はこの「求め過ぎるこころ」から来ています。

           

          自分に他人に「求め過ぎていないか」を、

          常に気をつける習慣をつけたいものです。

           

          貪欲に支配されると、自分自身が苦しいし、

          関わる相手を必ず不幸にしてしまうものです。

           

           

           

           

           

           

           

          お知らせ

          マインドフルネスコースを体験されたい方

          ご予約専用メールからお申込みください。

           

          料金 2時間 16000円

           

          ストレスを溜め込まないこころを

          一緒に育んでいきましょう。(^^)

           

          またマインドフルネス講座は

          この夏、思い切って大自然の中で、

          一泊コースと 一日コースを設けて行う

          マインドフルネス サマー ワークショップとして

          今、計画中です。お楽しみに。(^^)

           

          企画が決まりましたら、またブログの方から

          お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

           

           

           

           

           

           

          トランクお知らせ

           

          美濃市へ移転しました。

           

          美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

          宿泊施設などもありますので

           

          遠方からお越しくださる人は

          事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

          提供させていただきますので

          どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

           

          See change in Mino...。

           

          心地いい静けさの中で

          きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

          できるのではないかと思います。

           

          そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

           

           

          当ルームの新住所、また地図のほうは

          HPでご確認ください。

           

          では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

           

           

          私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
          下記のHPをご覧になってください。
          ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
          と思っています。


          http://mc-forest.com

          メンタルヘルス


          ブログ村のランキングに参加中です。

           

          よろしかったら、カエルさんポチッ!

          とクリックしてやってください。

          とても励みになります。(^^)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          頭痛もち 慢性肩こり・慢性腰痛 に間違った対処法をしていませんか?

          2017.05.28 Sunday 22:36
          0

             

            みなさん、こんにちは。

             

            対人関係に緊張しがちだったり

            他者に必要以上の神経を遣うタイプの人、

             

            また真面目で頑張り屋さんだったりするため

            しらずしらずのうちに疲れを溜め込みやすい人、

             

            あるいは悩みや問題により

            こころに葛藤を抱えている人の多くは

             

            よく頭痛や肩こり、また腰痛などを訴えられます。

             

            またそれに対する対処法としては

            消炎鎮痛剤などを使うことによって

            痛みを抑えるようなことをよく聞きますが

             

            実は免疫学では世界的権威を誇る安保先生は

            それはこり、重み、痛みを悪化させる方法である

            ということを教えてくれています。

             

            そのメカニズムは

             

            ストレスなどにより交感神経優位の状態が

            長く続くと血行が悪くなる。

                  ↓

            それゆえ血管は収縮し、血流は滞り、疲労物質(乳酸)

            などが溜まって筋緊張が起きてくる。

                  ↓

            すると次には回復するために副交感神経が働きだす。

                  ↓

            そして副交感神経はプログラスタンジンという

            ホルモン様物質を使って血流を回復させようとする。

             

            またこのプログラスタンジンには

            3つの働きがあるのですが

             

            それは

            ・血管を拡張させる

            ・痛みを起こす

            ・発熱させる

                  

             

            このように、たとえば頭や肩がガチガチにこって

            重くなってきた後に痛みが生じるのは

            組織を疲労から回復させようとして体が起こす

            「回復反射」だといえます。

             

            しかし消炎鎮痛剤などを使うと

            一時的には痛みはとれますが

            それと同時に回復反射も止めてしまうことになります。

             

            ですから

            たとえば頭痛薬などを服用するのが癖になってる

            (いわゆる頭痛もちの人)などは、

            薬が切れれば、また回復反射が起こる、

            ゆえにまた薬で抑えるというような悪循環に陥っている

            ということがいえます。

             

            また消炎鎮痛剤を長期間にわたって使うと

            大きな弊害が生じる可能性があります。

             

            なぜならプログラスタンジンは交感神経優位に

            ならないよう、

            たとえばアドレナリンなどのような交感神経に関わる

            神経伝達物質の産生を抑える働きがあるのですが

             

            消炎鎮痛剤などでそれが抑えられてしまうと

            交感神経は積極的に神経伝達物質をつくるようになり

            こりや重みの原因となる血流障害をますます促進し

            顆粒球も増え、体のあちこちで炎症が起きてくるそうです。

             

            ではどうすればいいのかということですが

             

            それは

            体をできるだけ温めて

            軽い運動をして

            血流を促し

            組織を修復する必要があるということです。

             

            ですがこれはあくまでも痛みを緩和する方法であって

            その本当の原因は 交感神経が緊張し続けるような

            生き方をしていることにあるといえます。

             

            それゆえカウンセリングでは

            クライアントさんの悩みや問題を聴かせていただくことにより

             

            固くなっているこころが

            少しでもやわらかくほぐれるように関わらせてもらいますが

             

            それだけでは、なかなか慢性的なしつこい痛みがとれない

            という方も中にはみえます。

             

            当ルームではこのような方には

            ヒプノセラピー(催眠療法)を施術することによって

            深いリラクゼーションの状態へと導き

            疲れた神経を癒すようにしていますが

             

            このセラピーが合う方には

            大きな効果が得られています。

             

             

            いずれにしても

            痛みは冷やさないで温める

             

            またこころの緊張も

            薬ではなく自然に緩める方法がいくつもある

            ということを、

            どうぞこころの片隅に留めておいてください。

             

             

            参考文献  疲れない体をつくる免疫力 安保徹

             

             

            お知らせ

            マインドフルネスコースを体験されたい方

            ご予約専用メールからお申込みください。

             

            料金 2時間 16000円

             

            ストレスを溜め込まないこころを

            一緒に育んでいきましょう。(^^)

             

            またマインドフルネス講座は

            この夏、思い切って大自然の中で、

            一泊コースと 一日コースを設けて行う

            マインドフルネス サマー ワークショップとして

            今、計画中です。お楽しみに。(^^)

             

            企画が決まりましたら、またブログの方から

            お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

             

             

             

             

             

             

            トランクお知らせ

             

            美濃市へ移転しました。

             

            美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

            宿泊施設などもありますので

             

            遠方からお越しくださる人は

            事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

            提供させていただきますので

            どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

             

            See change in Mino...。

             

            心地いい静けさの中で

            きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

            できるのではないかと思います。

             

            そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

             

             

            当ルームの新住所、また地図のほうは

            HPでご確認ください。

             

            では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

             

             

            私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
            下記のHPをご覧になってください。
            ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
            と思っています。


            http://mc-forest.com

            メンタルヘルス


            ブログ村のランキングに参加中です。

             

            よろしかったら、カエルさんポチッ!

            とクリックしてやってください。

            とても励みになります。(^^)

             

             

             

             

             

             

             

             

            私は「アダルトチルドレンかも」と思っている人へ

            2017.05.23 Tuesday 23:14
            0

               

              みなさん、こんにちは。

               

              時々、

              「私はアダルトチルドレンではないでしょうか?」

              という質問をいただくことがあります。

               

              そういったクライアントさんとは必要に応じて、

              その時期や自然なタイミングを見計らいながら

              今まで封印されていた過去の記憶を呼び覚ます

              というようなこともしたりします。

               

              しかしそれによって

              速やかに過去のトラウマから解放され

              こころが癒されるのかというと

               

              決してそうとばかりはいえず

              むしろその後、一時的に辛さや苦しみが

              増幅してしまうこともあります。

               

              それゆえカウンセリングにおいては

              そういった作業は慎重に行うものとしています。

               

              ということは、こころの深いところにある

              問題(原因)を直視することは、

              ある程度の危険を伴う作業でもあるわけです。

               

               

               

              しかしながらここ最近、

              自己啓発セミナーやワークショップなどで

              自分を過去から解放するためにこころを開くように言われ

               

              本当は話すことに強い抵抗があるにもかかわらず

              その場では他の参加者もそうしていたため

               

              自分だけ話さないというのはいけないような

              圧力を感じて話したものの

               

              その後、精神の不調をきたすようになってしまった

              などというようなことをよく聞きます。

               

               

              でもそれは

              主催者側に悪意はないにしろ

              あまりにも無謀なことだと私は思います。

               

              なぜならそもそも

              本人が思い出せないほど深いところに記憶を沈めた

              ということは、

               

              言い換えると

              そうやってあまりにも辛い感情に蓋をすることで

              自分を防衛しながら生きてきたということです。

               

              それゆえただ闇雲にその防衛をはずそうとすることは

              危険を伴う場合もあるのです。

               

               

               

              ですからこころを開くということは大切ですが

              その前に、こころを開く相手と十分な信頼関係が

              築かれていることが必要だと思います。

               

              またそれにはある程度の時間の流れも

              必要だったりします。

               

               

              いずれにしても

              人というのは怒りや悲しみ、恐怖感などは

              抑圧することによって

              こころの深いところへ閉じ込めてしまうものです。

               

              ゆえにそういった感情がこころの深いにあるなどということは

              自分でもよくわからなかったりします。

               

               

              ですから

              私はアダルトチルドレンかもしれないと思う人のほとんどが

              その人特有の生き辛さを抱えているものの

              その原因はよくわからないまま

               

              表に出ている症状や

              現在うまくいっていない人間関係だけに

              目を向けられがちです。

               

               

              しかしながら、傷の手当を必要としているのは

              「かつてこころに傷を負った小さなこども(自分)」です。

               

               

              それゆえもし

              アダルトチルドレンを癒し

              回復することを望まれるのであれば

               

              このようなことを熟知している人のもとで

              安心した分だけ、

              少しづつこころの深いところを開いていかれると

              いいのではないかと思います。

               

               

               

              では今日の最後に アダルトチルドレン「癒しと再生」・秋月菜央著

              の言葉をご紹介して終わります。

               

               

              こどもの頃、親や家庭環境から負った心の傷、

              それを胸に抱えて生きる人々。

               

              それがアダルトチルドレンだ。

               

              アダルトチルドレンの生き辛さは人によって違う。

              なんとなく生きている実感がしない、

              自分がない、

              居場所がない、という人たち。

               

              アルコールや薬物、

              買い物や仕事に依存する人たち。

               

              過食や拒食を繰り返す人たち。

               

              不眠や不安症に苦しむ人、自殺を企図する人もいる。

               

              心の傷も人それぞれであるように現れる問題も

              それぞれに違う。

               

              「アダルトチルドレン」という言葉は、

              自分の苦しみがなんであったかを教えてくれる。

               

              こころの救いになり、自分の居場所にもなるのだ。

              それは同時に自分の問題に気づくチャンスにもなる。

               

              自分の生き辛さの原因を明かしてくれる。

               

              そして気づきは、

              そうした生き辛さからの解放にも繋がっていく。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              お知らせ

              マインドフルネスコースを体験されたい方

              ご予約専用メールからお申込みください。

               

              料金 2時間 16000円

               

              ストレスを溜め込まないこころを

              一緒に育んでいきましょう。(^^)

               

              またマインドフルネス講座は

              この夏、思い切って大自然の中で、

              一泊コースと 一日コースを設けて行う

              マインドフルネス サマー ワークショップとして

              今、計画中です。お楽しみに。(^^)

               

              企画が決まりましたら、またブログの方から

              お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

               

               

               

               

               

               

              トランクお知らせ

               

              美濃市へ移転しました。

               

              美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

              宿泊施設などもありますので

               

              遠方からお越しくださる人は

              事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

              提供させていただきますので

              どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

               

              See change in Mino...。

               

              心地いい静けさの中で

              きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

              できるのではないかと思います。

               

              そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

               

               

              当ルームの新住所、また地図のほうは

              HPでご確認ください。

               

              では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

               

               

              私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
              下記のHPをご覧になってください。
              ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
              と思っています。


              http://mc-forest.com

              メンタルヘルス


              ブログ村のランキングに参加中です。

               

              よろしかったら、カエルさんポチッ!

              とクリックしてやってください。

              とても励みになります。(^^)

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              必殺寄り添い人は結果に囚われない

              2017.05.13 Saturday 20:05
              0

                 

                みなさん、こんにちは。

                 

                 

                私達は思っている以上に結果だけしかみない

                あるいは重視しないものです。

                 

                ですから

                たとえばカウンセリングなどでは

                クライアントさんを冷静に観察することも

                とても大切なことのひとつであると

                いつも心に戒めています。

                 

                またそれはなぜかというと

                結果だけを見ようとしている時は

                必ず視野が狭くなり

                 

                このままであってはいけない

                 

                この自分ではまだ存在に値しない

                 

                でも実際はやっとの状態で毎日を過ごしている

                 

                そんな自分が情けない

                 

                そんな自分に生きる価値はあるのか

                 

                などというような思考プロセスを辿ることが

                よくあるからです。

                 

                 

                しかしながら

                正直申し上げて、結果なんてものは

                そもそも何をもって結果というのでしょうか?

                 

                とりわけ自分と自分の関係を調えたり

                あるいは自分の人生を自らのものにする

                 

                などというようなことに

                どのような結果が望ましいのでしょうか?

                 

                 

                だから

                言ってみれば結果なんてどうだっていいんです。

                 

                 

                問題は 今ここにある自分 に

                ちゃんと寄り添えているかどうかということなんです。

                 

                 

                確かに社会においては

                 

                とても頑張ってきたのに

                 

                したくない我慢もいっぱいしてきたのに

                 

                結局は結果だけしか評価されなかった

                ということもあるでしょう。

                 

                 

                しかし自分に対しては

                そうではあっていけないと思います。

                 

                 

                むしろ

                自分だけは、

                頑張ってきたことや

                我慢してきた気持ちを

                ちゃんと認めてあげようとすることが

                大切だと思うんです。

                 

                だから

                弱音を吐きたいときは

                気が済むまで吐けばいい

                 

                また悔しさで泣きだしそうなら

                我慢せずに泣けばいい

                 

                 

                そういうことをコツコツやっていくうちに

                 

                気がつくと

                自分を見張り続けるもう一人の自分がだんだん緩くなってきて

                 

                その代わり

                今ここに生きる自分 に寄り添う

                もう一人の自分が強化されていくことになるからです。

                 

                 

                それを名づけて 必殺寄り添い人 と私は言っていますが

                毎回のカウンセリングでは

                そうあるように臨んでいます。

                 

                 

                 

                 

                では今日の最後に

                 

                回復へのプロセスは、

                時に一筋縄でいかないこともあるけれど

                 

                そんな時は自分を責めたりしないで

                 

                どんな状態にあるときの自分であっても

                ただ自分を信じて寄り添う

                 

                これらの点が繋って線となり

                やがて自ら納得のいく結果を

                もたらしてくれることと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                お知らせ

                マインドフルネスコースを体験されたい方

                ご予約専用メールからお申込みください。

                 

                料金 2時間 16000円

                 

                ストレスを溜め込まないこころを

                一緒に育んでいきましょう。(^^)

                 

                またマインドフルネス講座は

                この夏、思い切って大自然の中で、

                一泊コースと 一日コースを設けて行う

                マインドフルネス サマー ワークショップとして

                今、計画中です。お楽しみに。(^^)

                 

                企画が決まりましたら、またブログの方から

                お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                トランクお知らせ

                 

                美濃市へ移転しました。

                 

                美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

                宿泊施設などもありますので

                 

                遠方からお越しくださる人は

                事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

                提供させていただきますので

                どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

                 

                See change in Mino...。

                 

                心地いい静けさの中で

                きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

                できるのではないかと思います。

                 

                そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

                 

                 

                当ルームの新住所、また地図のほうは

                HPでご確認ください。

                 

                では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

                 

                 

                私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
                下記のHPをご覧になってください。
                ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
                と思っています。


                http://mc-forest.com

                メンタルヘルス


                ブログ村のランキングに参加中です。

                 

                よろしかったら、カエルさんポチッ!

                とクリックしてやってください。

                とても励みになります。(^^)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                マインドフルネスでこころのモードを切り替える

                2017.05.11 Thursday 21:28
                0

                   

                  みなさん、こんにちは。

                   

                  私は日々、意識的にマインドフルネスの時間を

                  もつようにしていますが

                   

                  これを実践することにより

                  こころのモードを切り替えることが

                  以前よりも上手くなってきたように

                  感じています。

                   

                   

                  よく私達は嫌な気持ちやマイナスの感情を

                  長く引きずってしまうとか

                  あるいは無意識にそれをどんどん膨らませてしまう

                  などというようなことがあります。

                   

                  ではそのような時、

                  意識の上ではどのような思考が働いているのか

                  というと

                   

                  多くの場合は

                  嫌な気持ちをすぐにでも消し去りたい

                  そしてポジティブなこころの状態であるべきだ

                  と思っていたりするものです。

                   

                   

                  そしてこのように

                  思考と現実が一致しない場合は

                   

                  そう思ってもそうできない自分が悪い

                  あるいは弱い などと思って責めたりすることによって

                  ますますその状態を悪化させてしまうことが

                  よくあります。

                   

                   

                  しかしそれは

                  自分が望まない現実の状態と望む理想の状態との

                  ギャップを埋め合わせようとする心のモード、

                  になっているからなのです。

                   

                   

                  それをマインドフルネス認知慮法では

                  することモード(駆り立てる)といいますが

                   

                  私達のこころがこのモードにある時は

                  常に思考と現実の不一致に着目し

                  それによって繰り返し不満足感を抱くことになります。

                   

                  ゆえにその状態にある自分がますます嫌になり

                  自信をなくしてしまいます。

                   

                   

                  しかし あることモードというのは

                  どうしたら自分を理想の状態にすることができるか

                  その目的に向かって躍起になる必要のないこころの状態に

                  なることです。

                   

                  なぜなら

                  あることモードとは状況を無理に変えようとはせず

                  そのあるがままを受容し

                  そのままにさせておくことだからです。

                   

                   

                  しかしながら 

                  することモード(doing)においては

                  過去に起ったことや将来に起りうることなどについて

                  あれこれ考えをめぐらせ

                   

                  今ここにある体験に集中する力は散漫となり

                   

                  したがって

                  いつも望まない状態を望む状態にしようと

                  自分のこころを駆り立てているだけで

                   

                  結果的には

                  そのように忙しない

                  余裕のないこころの状態のままで

                   

                  今という瞬間に十分にエネルギーを注ぐことが

                  できなくなってしまいます。

                   

                  しかし あること(being)モードに切り替えるようにすると

                   

                  自分の思考や感情は

                  こころの中で起り

                  気づきの対象となり

                  やがて去っていくものであるということが

                   

                  言葉ではなく

                  自分という全体でだんだんわかってくるようになります。

                   

                  また実際にそれはそういうものであるということを

                  最近よく私は実感しています。

                   

                   

                  それは瞑想することだけに限らず

                  日常のありとあらゆる場面でそのような心のモードに

                  することが可能ですが

                   

                  たとえば私の今日のお昼ご飯はたぬきそばでしたが

                  それを作る時は

                  それを今、作っていることを自覚しながら

                  ひたすらそれだけに集中するようにするのです。

                   

                  でもそれを意識しなければ

                  恐らく私のこころはあっちへこっちへと忙しく動き回り

                   

                  ちゃんちゃんといい加減に料理にして

                  よく味わうこともなく

                  そそくさと食べて終わっていたかもしれません。

                   

                  そして忙しいこころを中心に据えたまま

                  一日中、「忙しい 忙しい」と思いながら過ごすだけで

                  どの瞬間にも注意し集中することなく

                   

                  ただ疲れて、「忙し過ぎて何もできない」

                  という苛立ちや不満だけが残る一日を

                  終えることになるやもしれません。

                   

                   

                  かつて実際にそのような日々を過ごしていたことがあります。

                   

                   

                  でもそれは自分が その時のあるがままの状態を 

                  受け容れようとしないゆえ

                   

                  そのように不満足で充満したこころを作りだしていたのだ

                  ということが、今はよくわかります。

                   

                   

                  またそれは

                  毎日、歩行瞑想やマインドフルネスヨガ体操などを

                  実践していたからこそ、得られた気づきだと思います。

                   

                  そして気がついたら

                   

                  以前よりもものごとを受け流すことが

                  うまくなったというか

                   

                  それによって

                  問題や悩みがあったとしても

                  それも あるがままの一部として認め、許容する力 が

                  養われつつあるように思います。

                   

                   

                  よって

                  もちろん私とてほとんどの人がそうであるように

                  それなりの悩みや問題はありますが

                   

                  でも それはそれ。

                   

                  それについていくら考えても

                  今すぐどうなるものでもなく

                   

                  またほとんどのことは

                  どうしていいかわからないことだったりするのだから

                   

                  そこにエネルギーが奪われてしまないよう

                  とりあえずは目の前のことに集中するようにするのです。

                   

                  それが仕事であれ

                  遊びであれ

                  また何もしないことであれ

                   

                  その時はそのときできることをできるだけ楽しむ

                  というつもりで毎日を過ごすようにしています。

                   

                   

                  そして不思議ですが

                  このように あることモードにこころを切り替える

                  時間をもつようになってからのほうが

                   

                  問題が改善されていったりするようなことが

                  よくあります。

                   

                  ということは

                  まずは自分自身のこころが平和であるよう調えるようにしたほうが

                  ものごとは好転するということではないかと思います。

                   

                   

                  では 蓮の花 をどうぞ。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  お知らせ

                  マインドフルネスコースを体験されたい方

                  ご予約専用メールからお申込みください。

                   

                  料金 2時間 16000円

                   

                  ストレスを溜め込まないこころを

                  一緒に育んでいきましょう。(^^)

                   

                  またマインドフルネス講座は

                  この夏、思い切って大自然の中で、

                  一泊コースと 一日コースを設けて行う

                  マインドフルネス サマー ワークショップとして

                  今、計画中です。お楽しみに。(^^)

                   

                  企画が決まりましたら、またブログの方から

                  お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  トランクお知らせ

                   

                  美濃市へ移転しました。

                   

                  美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

                  宿泊施設などもありますので

                   

                  遠方からお越しくださる人は

                  事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

                  提供させていただきますので

                  どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

                   

                  See change in Mino...。

                   

                  心地いい静けさの中で

                  きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

                  できるのではないかと思います。

                   

                  そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

                   

                   

                  当ルームの新住所、また地図のほうは

                  HPでご確認ください。

                   

                  では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

                   

                   

                  私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
                  下記のHPをご覧になってください。
                  ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
                  と思っています。


                  http://mc-forest.com

                  メンタルヘルス


                  ブログ村のランキングに参加中です。

                   

                  よろしかったら、カエルさんポチッ!

                  とクリックしてやってください。

                  とても励みになります。(^^)

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   自分の無能さを受け容れる道程

                  2017.05.09 Tuesday 14:17
                  0

                     

                    みなさん、こんにちは。

                     

                    私達カウンセラーは人のこころを扱うことを

                    専門とする職業ですが

                     

                    扱われる方(クライアント)としては

                    人のこころがわかる人であってほしい

                    またそういう人を求めているのではないでしょうか?

                     

                    では人のこころがわかるカウンセラーというのは

                    どんな人なのでしょうか?

                     

                    中には会った瞬間から

                    その人のこころの中が見える とか

                     

                    あるいは相手の話をちょっと聞くだけで

                    その人のこころに、何が問題となっているのか

                    ということがわかりその症状もすっと取り除いてくれる

                     

                    またはどんな障害で

                    ゆえに何をすれが改善されるか

                    ということがたちどころにわかる

                     

                    などという期待や願望を私達にもっておられる人も

                    みえるかもしれません。

                     

                     

                    しかし少なくとも私は

                    また多くのカウンセラーがそうだと思いますが

                     

                    「人というのはちょっとやそっとで

                     簡単にわかるものではない」

                    ということを前提にクライアントさんと関わっているはずです。

                     

                     

                    ですからごく一部の人を除いては

                    そのように特別人のこころがわかるような才能が

                    あるわけではないと思います。

                     

                     

                    だとしたら

                    専門職とはいえないではないかということに

                    なりますが、

                     

                    確かにいくら心に関する専門職であったとしても

                    あることに対してよく知っていなければ

                    いくら人のこころをわかろうとあれこれ勉強しても

                    わかることは難しいと思います。

                     

                     

                    ではそのあることとは、いったい何でしょう?

                     

                     

                    私が思うに、

                    それは  自分 です。

                     

                     

                    なぜなら、

                    そもそも人というのは

                    自分を知った分だけしか

                    他者のことも知ることができないからです。

                     

                     

                    でもカウンセラーとて

                    自分が受け容れ難い自分の部分は

                    自分ではないと思い込んでしまっている場合も

                    よくあります。

                     

                     

                    またそのように自分をよく知らないでいると

                    カウンセリングを行ううえで、

                    どうしていいかわからない迷いの状態や進まない状態を

                    そのままにしておくことができず

                     

                     

                    無意識に

                    相手をいじりまわしてしまうことが

                    よくあります。

                     

                    これは

                    「私はクライアントさんに対して

                     いついかなる場合も無能であってはいけない。」

                    という思いが強いからです。

                     

                    でもはっきりいって

                    それは自分が評価することではなく

                     

                    あくまでクライアントさんだけが

                    評価できるものです。

                     

                     

                    それにもかかわらず

                    外側にもそういった評価を

                    必要以上に求めるようであれば

                     

                    何か自分らしくないというか

                    つまりまだまだ自分を知らないからなのです。

                     

                    ゆえにそういった場合は

                    カウンセリングも不自然になっている

                    かもしれないです。

                     

                     

                     

                    ここのところ

                    現在カウンセラーとして活躍されている方達、

                    あるいはカウンセラーを目指している方達との

                    セッション(スーパーセッション)を通して

                    私自身もあらためていろんなことを学ばせてもらったように

                    思います。

                     

                     

                    私の場合は自分の人生がそうであるように

                    一山越えたら また一山

                     

                    その折々に人は変化することを必要とし

                    時にそれは誰かの援助を必要とするときもある。

                     

                    されどそれは

                    私だけがそれを望み

                    またクライアントさんだけがそれを望んでも

                    効はなさないものであり

                     

                    また効だけに囚われ過ぎてもいけない

                     

                     

                    両者が共に

                    その時間を意味あるものにするために

                    できうる限り信頼し合える関係を構築していく

                     

                    進んでも進まなくとも

                    毎回のカウンセリングで、これだけはきちん積み上げる

                     

                    でも一方では

                    それは自分の無能さぶりを

                    嫌と言うほど思い知る道程でもあるんです。

                     

                     

                    だって治すのも 癒すのも 成長していくことも

                    それはすべてクライアントさんのもくろみであり

                    自分自身でなしていかれるものだからです。

                     

                     

                    そしてそれらはすべて自然であることが

                    望ましいと思います。

                     

                     

                    それには 信じて 見守り 待つ力

                     

                     

                    今なお鍛えられつつあるところです。

                     

                     

                    お知らせ

                    マインドフルネスコースを体験されたい方

                    ご予約専用メールからお申込みください。

                     

                    料金 2時間 16000円

                     

                    ストレスを溜め込まないこころを

                    一緒に育んでいきましょう。(^^)

                     

                    またマインドフルネス講座は

                    この夏、思い切って大自然の中で、

                    一泊コースと 一日コースを設けて行う

                    マインドフルネス サマー ワークショップとして

                    今、計画中です。お楽しみに。(^^)

                     

                    企画が決まりましたら、またブログの方から

                    お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    トランクお知らせ

                     

                    美濃市へ移転しました。

                     

                    美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

                    宿泊施設などもありますので

                     

                    遠方からお越しくださる人は

                    事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

                    提供させていただきますので

                    どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

                     

                    See change in Mino...。

                     

                    心地いい静けさの中で

                    きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

                    できるのではないかと思います。

                     

                    そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

                     

                     

                    当ルームの新住所、また地図のほうは

                    HPでご確認ください。

                     

                    では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

                     

                     

                    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
                    下記のHPをご覧になってください。
                    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
                    と思っています。


                    http://mc-forest.com

                    メンタルヘルス


                    ブログ村のランキングに参加中です。

                     

                    よろしかったら、カエルさんポチッ!

                    とクリックしてやってください。

                    とても励みになります。(^^)

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    人生を生き抜く強靭な力とは

                    2017.05.06 Saturday 23:24
                    0

                       

                      みなさん、こんにちは。

                       

                      さて今日は

                      いきなり昔々のお話。

                       

                      そこは高さ三十仭もある滝があり、

                      水しぶきあげるその流れは四十里に及び、

                      その流れの速さは魚など川に住む動物にしても泳げぬほどであった。

                       

                      ところが彼(孔子)はその激流を男が一人で泳ぐを見た。

                       

                      これはさぞかし男に屈託があって、

                      死のうとしているのではないかと思い

                      弟子たちに彼を救うよう命じた。

                       

                      しかしその男は何ごともなく岸にあがり

                      鼻歌を歌っているではないか

                       

                      そこで孔子はその男に

                      水を渡るのに何か特別な手立てがあるのかどうか

                      ということを訊ねた。

                       

                      その男は

                      「いいえ、別に手立てとてありません。

                       ただあたりまえのことで始め、

                       性にあったままにやり、

                       定めに従ったまでのことです。

                       

                       渦巻のままに私は沈み、

                       湧きあがる水のままに浮かび、

                       水の性質にそくして身を委ね、

                       自分ということを意識しないのです。

                       

                       これが水を渡る手立てといえば手だてです。」

                       

                       

                      この言葉 実に深い!! と私は思うのである。

                       

                      ただし超道徳家の孔子にとってはちとイヤミかもですね。

                       

                      なにしろ彼は

                      万人は論語通り、行動を律するべし

                      と思っていた人ですから

                      生活の隅々に渡ってやたら規則が多い。

                       

                      ですから、どうしても頭の中は直線的思考となり

                      したがって行動もそうなる。

                       

                      しかしタオ(老子)の教えは

                      孔子(儒教)のように、「人はこう生きねばならぬ」

                      ではなく

                       

                      自然であるがままをよしとする。

                       

                      つまり 「そのままでいいんだよ。」

                      ってことなんだけど

                       

                      なんとこれがですね、

                      現代を生きる私達にとっては

                       

                      特に真面目で頑張り屋さんでなければ

                      自分は認められないと思って生きてきた人にとっては

                      とても難しいことになっちゃってるようなんですね。

                       

                       

                      でも、自然界においては

                      それはそれはいろんな動きをするものが

                      それぞれ絶妙なバランスで共生しているでしょ?

                       

                       

                       

                      私達は小さい時に

                      周りの大人から真っ直ぐな子に育つように

                      とよく言われたけれど・・・

                       

                      また恐らくそれは

                      素直なこころを失なわないようにとか

                      他人様に迷惑をかけない正しい行ないのみをする大人になれ

                      という意味だと思うけど

                       

                      でも人が生き抜くということは

                      実際的には真っ直ぐじゃ無理があると思うのね。

                       

                       

                      むしろくねくねのほうがうんと生き易いと思う。

                       

                       

                      だって自然の道(自分の人生を切り開く道)は

                      真っ直ぐの一本道ではなく

                       

                      曲がりくねってたり

                      険しい坂があったり

                      見通しの悪い道もあったりするもの。

                       

                       

                       

                      だから

                      疲れた時は疲れたように

                      弱っている時は弱っているように

                      力を抜いて休み休みゆっくりでいい。

                       

                      たとえ周りの人がどんどん直線を進んでるかのように

                      みえても気にしないほうがいいよ。

                       

                      それよりも

                      もう不要になった人生の荷物を

                      肩からおろそう。

                       

                       

                      でもそうこうしているうちに

                      エネルギーが溜まってきて

                      そのうち 「波が来た〜!」 と思ったら

                      その波にヒョイと乗っかっちゃえばいい。

                       

                       

                      あるいは迷惑かけてしまうこともあるかもしれないけど

                      そういう時は感謝して助けてもらって

                       

                      やがて自分がOKになったら

                      今度は困っている人を助ければいい。

                       

                       

                      蔓のように

                      あっちがだめなら こっちへくねくね。

                      こっちがだめなら あっちへくねくね。

                       

                      でも心配しないで、

                       

                      たとえ真っ直ぐじゃなくても

                      ちゃんとお日様の方に向かっていれば大丈夫だから。

                       

                       

                      そうはいうものの、

                      人生を好転させるターニングポイントに近づきつつある時は

                      そりゃもう、あたかも八方塞がりのようで

                      それこそ渦の中に巻き込まれたみたいに

                       

                      頭は同じ思考だけがグルグルして

                      どうしていいかわからなくなるから

                      不安で不安でどうしようもなかったりするけれど

                       

                      だからこそその時は

                      なるべく力を抜いて、なるようになるさ と思ったほうがいい。

                       

                       

                      そうすれば

                      一旦は沈むかもしれないけれど

                      その後、必ず浮上するものだよ。

                       

                       

                      でもこのようなことをいくら頭で理解しても

                      自分という全体(体とこころ)は

                      沈むことに対して恐怖感があるものだよね。

                       

                       

                      それゆえ

                      不安になるぐらいなら

                      不幸のままなほうがいいということになり

                      変化を拒んでしまうことになる。

                       

                       

                      それは実に不自然な人生。

                      だって生きるとは、変化していくことだから。

                       

                       

                      ゆえに今まで私は

                      自然に変化を促すいい方法はないかと

                      いろいろ試行錯誤してきて

                       

                      ここ最近は、自然界を徹底的に見習って

                       

                      どんな条件のもとであっても

                      生き抜く柔らかさやしなやかさ(有機的動きと思考)を

                       

                      体に感じさせ

                      脳はそれをイメージして

                      呼吸に繋ぐ

                       

                      マインドフルネスムーブメントセラピーというのを

                      独自で開発中なの。

                       

                       

                      予定通りでいけば

                      夏のワークショップまでには完成しそうです。

                       

                       

                       

                      そしてできれば参加者のみなさんには

                       

                       

                      このワークで

                      縮こまっていた自分

                      抑圧されていた自分から

                       

                      自由なこどものこころを解放する という感覚を

                      自分という全体でイキイキと感じていただきたい

                      と思っているんです。

                       

                       

                       

                      そんなわけで、今のところ毎日練習中ですが

                       

                       

                      正直、自分でもやった後、

                      とても心地のいい解放感を得ている。

                       

                      また体の凝りがほぐれ、血行も促されるようで

                      実にいい感じなんです。

                       

                       

                      キーワードは くねくね。

                       

                      ぜひとも頭と体を柔らかくしならせましょう。

                      強いてはそれが人生を生き抜くための強靭な力となる〜! かもですよ。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      お知らせ

                      マインドフルネスコースを体験されたい方

                      ご予約専用メールからお申込みください。

                       

                      料金 2時間 16000円

                       

                      ストレスを溜め込まないこころを

                      一緒に育んでいきましょう。(^^)

                       

                      またマインドフルネス講座は

                      この夏、思い切って大自然の中で、

                      一泊コースと 一日コースを設けて行う

                      マインドフルネス サマー ワークショップとして

                      今、計画中です。お楽しみに。(^^)

                       

                      企画が決まりましたら、またブログの方から

                      お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      トランクお知らせ

                       

                      美濃市へ移転しました。

                       

                      美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

                      宿泊施設などもありますので

                       

                      遠方からお越しくださる人は

                      事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

                      提供させていただきますので

                      どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

                       

                      See change in Mino...。

                       

                      心地いい静けさの中で

                      きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

                      できるのではないかと思います。

                       

                      そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

                       

                       

                      当ルームの新住所、また地図のほうは

                      HPでご確認ください。

                       

                      では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

                       

                       

                      私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
                      下記のHPをご覧になってください。
                      ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
                      と思っています。


                      http://mc-forest.com

                      メンタルヘルス


                      ブログ村のランキングに参加中です。

                       

                      よろしかったら、カエルさんポチッ!

                      とクリックしてやってください。

                      とても励みになります。(^^)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      心理カウンセリング
                      メンタルヘルス
                      森 久美子のおススメ本
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
                        Kumi
                      • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
                        Kumi
                      • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
                        通りすがり
                      • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
                        谷田部慶憲
                      • 野生に戻れば、その不調も治る
                        Kumi
                      • 野生に戻れば、その不調も治る
                        ユカ
                      • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
                        Kumi
                      • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
                        aki
                      • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
                        Kumi
                      • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
                        ユカ
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM