閉じた心を開いてくれる使者

2014.12.10 Wednesday 14:31
0
    今年も僕(Lucky)は
    9月の終わりから先月末まで
    月に3回から4回、セラピー犬として
    クライアントさンといろんなところを歩きました。



    木の葉の色がだんだん色鮮やかに変っていくとともに
    クライエントさんと僕の信頼関係も深まってきて

    いつのまにか
    僕はちゃんとクライエントさんの指示にも
    従うようになっていくことができたよ。



    何しろ僕は駿足だからね。
    大きな声で「Stop!」と言われなければ
    ちょっとやそっとで止まらない。

    でも時にそうやって外で大きな声を出すことって
    体やこころにとってもいいんだよね。

    クライエントさんの声が真剣で大きくなればなるほど
    僕は危険から守ってもらっているということを
    理解していくんだ。




    そしてクライエントさんは
    大きな声を発して僕に意志を伝えるというその行為から
    ある心地よさを感じるようになって

    こころの中にあった固い殻から
    だんだん抜け出していくように感じるそうである。




    何しろ外を歩くって、本当に気持ちのいいことだからね。

    外の光や風や音は
    体にとても心地いい感覚を与えてくれる。

    そしてその瞬間には
    悩みなどないということに気づかされるんだよね。




    そう、その瞬間は
    僕のように今を純粋に生きているんだ。

    それを共に分かち合ううちに癒されていくんだね。

    そして今までの辛い過去から自分を解放しようとする
    新しい思いが芽生えてくるんだね。



    こころの本当の栄養は平和なひとときを過ごすこと。

    そして素直に感じるままを感じて
    それを言葉にするだけでだんだん穏やかになり
    こころは自然と回復していくものだよ。



    今まで考え過ぎることから自由になれなくて
    まるでこころの奴隷みたいだったと思ってた人が

    気が付いたらいつのまにか
    ただ「今を生きる」ということに
    喜びを感じられるようになっていった。

    それは自然の中を共に歩いて
    それぞれが調和することを楽しんだからかもしれない。

    きっとそれによって
    自然にこころも開いていったんだね。

    素敵なひとときをありがとう。



    アニマルセラピーコースwithLuckyは
    特に引きこもりの状態が長い人や
    登校拒否や出社拒否の状態にある人、
    また対人関係に極度な緊張のある人に
    とても有効な効果を表しました。

    冬の間はお休みをいただきますが
    また来年3月からお申し込みを承ります。
    それまでしばらくの間は、
    Luckyは室内でご相談者をお迎えします。

    もちろん犬の苦手な方の時は席をはずします。
    カウンセリングはご相談者の大切な時間ですから
    そのことはどうぞ遠慮なくお申し付けください。
    当ルームでは何よりご相談者がリラックされることを
    大切に考えています。





    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

     
    メンタルヘルス

    ブログ村のランキングに参加中です。
    カエルさんとその下(メンタルヘルスブログ)
    をポチンポチンと2回ほど
    クリックしてやってください。
     

    guilty dog

    2011.12.27 Tuesday 23:13
    0





      「LUCKYの吾輩は犬である」

      僕は犬なのでウソがつけない。

      小さいときは
      やってはいけないと知りつつ
      たまにそれを忘れて
      Momの靴を
      チューイング(噛み噛み)してしまって

      後で
      それを見つけたMumに呼ばれ
      Who did it ? と詰問されると

      僕は耳を垂らして
      目を少〜し細め
      前歯を少し見せて
      Momをがっかりさせてしまったことの
      罪の意識を全身で表すのだった。

      仮に
      Momが同じことを他の人に言っても
      僕はうなだれてしまう。

      何もしていなくても
      Who did it ? と言われれば
      僕は気まず〜い顔で
      ひたすらうなだれるのみなのだ。

      犬が実際、どんなふうに
      罪の意識を表現するのか、
      よかったらMomがとてもおもしろい
      動画を見つけたので、ぜひ見てください。
      題して  「Sorry  Denver ...」。
      では下をクリックしてください!

      http://www.youtube.com/watch?v=K5jBK6aR7CQ



      I,m guilty dog too ...









      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへでは本日も応援してくださる方は
                 カエルさんポチ〜ン!よろしくね。

      小さい秋、一緒にいっぱい見つけようね。

      2011.10.03 Monday 22:42
      0
        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

        「Luckyの吾輩は犬である」

        すっかり涼しくなって
        毎日の散歩はとても気持ちいい。



        僕散歩中に、小さい秋
        いっぱい見つけたよ。

        ほら見て。
        草の間に、イナゴが見えるでしょ?



        僕が走っていくと、草の間から
        イナゴやバッタがあちこちから飛び出してきて
        とてもおもしろい!


        次に見つけたのは
        生きたまま捕獲した虫を
        丸かじり中の大きなカマキリ。



        とても不思議で楽しくて

        僕はカマキリがもういい加減にして〜と
        草むらに姿を隠すまで遊んだ。



        彼岸花も鮮やかできれいだね〜。



        外を歩くと
        必ず季節の草花や、虫や、鳥が
        僕の好奇心を刺激してくれる。

        自然と戯れるそのひとときは最高だ。




        この気持ちのいい風を歩きながら感じてみて。

        考えすぎるより、うんといいよ。
        こもっているよりも、うんと気が晴れるよ。

        そして
        小さい秋見つけるたびに
        こころは癒されていくからね。


        LUCKYのアニマルセラピーコースで
         僕と一緒に歩いてみたい人、小さい秋見つけに行こうね。
         待ってるよ〜!


        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ応援してくださる方はカエルさんポチン!
                  よろしくお願いしま〜す!

        田舎行くといいよ!

        2011.09.26 Monday 21:15
        0

           「Luckyの吾輩は犬である。」

          僕のMamは
          Happyな時もそうでない時も
          とりあえず僕を連れて
          どこか田舎の山奥へ行くのが好きだ。



          山の中はいいね。
          ひんやりと澄んだ空気、川の音、鳥の鳴き声、
          そして辺り一面はとても美しい木々の緑がいっぱい。



          その森の中で僕は野生にかえる。
          犬だからね。
          思いっきり走ってるときが一番幸せ。



          小枝を投げてもらって
          それを全速力で拾いにいく。



          とても楽しい。
          何かを無心で追いかけて走るは最高!

          Drアインシュタインは
          動物と暮らすと人はもっと賢くなれるって。



          Mamが思うに
          動物はとてもピュアだから
          今その時を、その瞬間をとても純粋に生きている。


          だからきっと
          Drアインシュタインのような偉い人でも
          人間がいかに
          過去や将来のことにとらわれやすいかを
          身をもって知っていたのだろうと。



          ところで僕?
          もちろん僕は犬だからね。
          昨日も明日もないよ。
          僕にあるのは今だけ。

          だから後悔も不安もない。

          Mamが車に戻れといったら・・・



          ほらね。
          こんなふうにドライブを楽しんで家路につくのだ。

          生きることを
          あまり複雑にしないで
          田舎へ行くといいよ。

          そこには
          全ての答えが用意されているものだよ。


          LOVE
          LUCKY

          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへカエルさんぽち〜んで、本日も応援よろしくね

          残暑お見舞い申しあげます。Won!

          2011.08.31 Wednesday 19:56
          0

             
            「Luckyの吾輩は犬である。」



            夏の終わり・・・。

            Mamが言うには
            この時期から夏の疲れがでてくるものらしい。

            僕もこの頃は、よく昼寝をするよ。
            一番安全で
            風通しのいいところで。

            今日もカウンセリングルームから聞こえてくる
            海の音のCDと
            催眠誘導の言葉を聞きながら

            僕は
            ゆ〜ったりとまどろみ始め


            だんだんと瞼が重〜く感じられ

            目を閉じていると気持ちよくて


            そのままリラ〜ックスしながら
            クゥ〜と眠りにつく。

            夏の終わりはね・・・
            昼寝が気持ちいいよ〜。

            疲れたなあと感じているなら
            だらんと身体の力を抜いて〜

            こころの力も抜いて〜

            ひと休み ひと休み。


            そして朝になったら
            お花も元気よく開くように
            気持ちよ〜く起きられるといいね。


            ついこの間、たった一輪開いたお花が、こんなにいっぱい!
            いつも元気をありがとう。




            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへでは本日も応援してくださる方は
                       カエルさんポッチ〜ン!よろしくね。

            僕たちの小さな幸せ。

            2011.08.25 Thursday 10:45
            0
              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

              「LUCKYの吾輩は犬である。」

              僕にとっては
              初めての日本の夏が終わろうとしている。

              去年、季節が正反対の国(オーストラリア)から
              日本へやって来てから

              僕とMamは
              ほとんど毎日3回、外を歩いている。

              朝は畑を。
              昼過ぎから夕方の間は
              Mamの気分でどこか自然のきれいなところに
              出かけてBIG WALK。
              そして夜は、僕の町のストリートを歩く。

              歩くことは本当に健康にいいらしく
              僕が日本に来て一年経つけれど

              お正月明けにMamは
              軽い風邪を一回ひいただけ。
              そして僕も何か変なもの食べて
              同じく一回下痢をしたぐらいで
              僕達はお医者さんとは無縁で暮らしてこれた。

              僕は犬だからね。
              本当に歩くのが大好き。

              Mamは人間だけど
              やっぱり僕のように歩くのが大好き。

              犬と暮らす醍醐味は
              このように歩くことにあると思うんだ。

              歩きながら
              Mamと一緒に
              季節の風や、匂いや、色を
              身体中に感じるその時間を

              毎日、毎日
              これから先もずぅっ〜と
              僕たちは一緒にその時間を楽しむことと思う。

              そして僕たちは
              共にそれがとても幸せなことだと感じているんだ。



              僕の初めての友達TOBBY。元気でいるかな〜?



              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへでは本日も応援してくださる方は
                         カエルさんポッチ〜ンよろしくね。

              僕の悩み

              2011.08.03 Wednesday 19:52
              0
                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

                Luckyの「吾輩は犬である」

                僕にも悩みはある。

                それは夏になると
                僕のMamは毎週のように
                泳ぎに出かけ、

                自分が楽しむだけならいいのだけれど
                必ず僕も水の中に入れられる。

                僕は水が嫌いだ。

                それなのに、
                Mamは僕を自分のように
                泳ぎ好きにさせようとする。

                僕が好きなのは
                猫を追いかけることと
                他の犬と遊ぶことなのに。

                でも実は
                Mamも小さいときは
                水が怖かったらしい。

                それが
                夏の間、田舎に預けられるようになって
                村の子供と遊ぶうちに
                だんだん泳ぐことを覚えて
                気が付いたら大好きになっていた。

                だから
                Mamはきっと僕も
                いつかそうなることだろうと信じている。

                でも僕はやっぱり水が嫌いだ。
                泳げるけれど全然楽しくない。

                Sorry Mam・・・

                一日3回のウォーキングは
                喜んでつき合うけれど

                頼むから泳ぎは一人で楽しんでほしいと
                僕は言いたい。

                でも残念ながら
                I,m a dog... 


                またきっと週末も
                Mamはビーフジャーキーを片手に僕を呼んで
                もちろん僕はそれをもらいに飛んでいく。

                そしたら僕をひょいと抱き上げて
                「は〜い Lucky,一緒に川に入ろうね〜。
                 ほ〜ら気持ちいいよ〜。
                 ね〜、泳ぐって気持ちいいでしょ〜。
                   イルカの気持ちになって泳いでみ〜。」

                そんな無、無茶な
                イルカって言われたって。

                Mam,わかってくださいよ〜
                I,m a dog !  なのだ。

                でもMamはやわじゃない。
                有無を言わさぬ口調で
                「は〜い Lucky, イルカになって〜
                 イルカのイメージで
                 パシャパシャしようか〜」


                そんな時僕はただ

                ひたすら逃げたい。


                ここだけの秘密だけど、
                Mamの息子も、彼が小さいときに
                Mamがあまりに張り切り過ぎて、
                今もあまり泳ぎが得意とはいえないらしい・・・。

                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへいつも応援ありがとう!
                           本日もカエルさんポッチ〜ン、よろしくね。

                Mamのショッピング

                2011.06.30 Thursday 23:53
                0
                   Luckyの「吾輩は犬である」

                  Mamがインターネットで

                  ペット用品を見ているとき

                  僕の頭にちらっとよぎるのは

                   

                  Mamは

                  一体、次に僕に何を買って

                  自分がHAPPYになろうと

                  しているのかなあということ。


                  なぜ僕がそんなこと心配するのかというと


                  ちょっと思い出してね、

                  例のMamの決まり文句、

                  It,s for you ! というやつ。

                   

                  ときどきそれは

                  僕にとてもめんどうくさいことになる。



                  Mamは

                  そんなことを心配する僕におかまいなく

                  独りでなにやらブツブツ言ってる。

                   

                   

                  Mam 

                  Wow!  

                  このマリンルックのタンクトップ、

                  涼しいそうで可愛い〜。

                  絶対LUCKYに似合いそう。 

                  Lucky欲しいか? 欲しいでしょ〜?

                   


                  Mam,I,m a dog.

                   

                  Mam

                  ふ〜ん、値段はまあまあだけど、

                  このクソ熱いのに、

                  あの人一倍毛深いLUCKYに、

                  さらに服を着せるなんて、拷問みたいなもの。

                  もちろんパスね、 では NEXT!

                   


                  あ〜助かった。


                  Mam

                  おっ Lucky! 

                  これこれこれ、探してたのはこれなのよ!

                  犬の救命胴衣めっけ!

                  これを買えば、

                  最近泳ぎに興味を示しだしたLUCKYを

                  どんな川でも海でも連れて行ってあげられる。

                  実は私、カヌーやりたいもんね。

                  これさえあれば、Luckyも

                  Mamと一緒にカヌーができるよ!

                  最高のサバイバル教育+楽しそう〜。

                  Lucky,

                  Mamは頑張って救命胴衣買いますからね!

                  It,s for you !


                   

                  なんで僕はいつもこうなるの? 

                  オーストラリアに住んでた時も、
                  Mamは
                  ビーチでは、このように僕の頭にスカーフを巻いて
                  僕を日射病から守るのだと・・・。
                  でもDaddyは
                  OH,poor Lucky. (可愛そうに)
                  そして僕を見る人はクスクス笑うんだ。


                  Mam, I,m a dog.


                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへでは本日も、カエルさんポッチン!よろしくね。



                  犬の国

                  2011.06.29 Wednesday 22:06
                  0
                     

                    今日、郵便配達のおじさんが
                    汗だくになって
                    大きな小包を家に届けにやってきた。


                    僕はいつものように尻尾フリフリ、Hello!

                    おじさんは
                    僕に会ったその瞬間から
                    とてもやさしく、
                    Mamがサインしている間も
                    僕の頭を撫ぜてくれたり
                    遊んでくれたり。

                    Mamはあまりにもおじさんが汗だくなので
                    冷たいお水をおじさんに飲んでもらった。

                    その後おじさんは
                    18年間、おじさんの家族と
                    どこにでも一緒に行動していた愛犬が
                    少し前に亡くなったことをMamに話した。


                    その愛犬は僕に少し似ていたらしく
                    おじさんは嬉しいのと寂しいのが同時に感じられ
                    初めて会った僕を
                    それはそれは愛おしそうに撫ぜてくれるのだ。

                    おじさんの話を僕に照らし合わせて
                    いたく同情したMamは
                    友達に教えてもらった話をおじさんに話した。

                    亡くなった犬は
                    虹の橋を渡って犬の国へ行くそうですよ。
                    そこには、おじさんの犬と同じように
                    ご主人に可愛がってもらった犬が
                    他にもいっぱいいっぱいて、
                    みんなで楽しく遊んだり、
                    思いっきり走ったり。
                    そしていつかご主人様と会えるのを
                    ずぅ〜っとみんなで一緒に待ってるそうですよ。

                    おじさんは
                    「いい話ですね。
                     そうだなあ。天国でまた会えるかなあ。」
                    といってまたお仕事に戻られた。

                    その後、Mamはいきなり僕を抱き上げて
                    強烈なハグ。

                    そして
                    「You are my special,You are my love,
                       You are my prince, You are my best friend...」

                    なんだか暑苦しいけどここまではよかった。

                    問題はその後・・・。
                    Mamも暑いと言って
                    冷蔵庫からアイスクリームを
                    出して食べ始めた。

                    アイスクリームクレイジーの僕は
                    やった〜!

                    尻尾フリフリでMamの所へ飛んでいき
                    ちゃんとお座り。
                    そしてアイスクリームだけを一点集中視して
                    小さいスプーン一杯の
                    アイスをもらうのをひたすら待ってれば
                    いつもならもらえるはずが・・・

                    Mamは
                    Mamは
                    Mamはー!!

                    「長生きしてほしいから、全部食べるね〜。」

                    と言ってペロッと全部食べた。
                     

                    僕の最初のGF、LORA。オーストラリアで元気にしてるかなあ。
                    でもいつか、犬の国でまた会えるんだね。


                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへいつも応援ありがとう。では本日も
                               カエルさんポッチ〜ンよろしくね!





                    又締め攻撃

                    2011.06.17 Friday 20:57
                    0

                       Luckyの「吾輩は犬である」





                      Hey Mam ! これって動物虐待じゃないのか!

                      僕の頭を又締めするなんて
                      ひどすぎる。

                      何も見えん!
                      でも絶対に離さないからね。



                      Uhhhhhhh  むかつく〜。
                      こんなんになったて、
                      食らいついたら、絶対に絶対に離すもんか。



                      Hello! ・・・
                      なんて言ってる場合じゃない!

                      とにかく離さない!
                      僕は断じて離しまっしぇ〜ん!



                      引っ張って 引っ張って
                      全身の力を込めて ぐいぐいと
                      引っ張って 引っ張って
                      絶対負けるもんかい!



                      ふぅ〜
                      今ようやく僕のもの。
                      Mam,これは僕のものなんだからね。

                      でもしばらくすると
                      また僕は尻尾フリフリ
                      喜び勇んでボールをMamのところへもっていく。


                      そして
                      やっぱりまた又締め攻撃されるんだ。

                      またやってほしいの〜と
                      Mamは言うけど
                      本当は僕が遊んであげてるんだ。

                      明日もMamはお仕事だからね。
                      僕が笑わせてあげてんの。
                      ゆるゆるにしてあげようと思って。

                      これ本当だよ。
                      LUCKY ウソつかない。

                      Because I,m a dog !




                      内緒だけど、
                      実はこのスタイルもMamのため。
                      ここだけの話、Mamの
                      It,s for you ! は
                      ほとんどMamのためなんだ。

                      みんなも
                      Mamがとても上機嫌で
                      It,s for you というときは
                      気をつけてね。

                      じゃあ また明日 元気で会おうね!


                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 応援してくださる方は
                                  カエルさんポチン!よろしくね。











                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      心理カウンセリング
                      メンタルヘルス
                      森 久美子のおススメ本
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
                        Kumi
                      • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
                        Kumi
                      • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
                        通りすがり
                      • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
                        谷田部慶憲
                      • 野生に戻れば、その不調も治る
                        Kumi
                      • 野生に戻れば、その不調も治る
                        ユカ
                      • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
                        Kumi
                      • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
                        aki
                      • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
                        Kumi
                      • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
                        ユカ
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM