人生のエッセンス(本質)のお味は?

2015.05.11 Monday 12:24
0

    みなさん、こんにちは。

    いよいよ今度の日曜日(17日)は
    こどもの森のワークショップを開催する予定です。

    私はその日
    「クマのプーさんに学ぶ楽〜な生き方 タオ」
    というテーマでミニ講話をさせてもらうことに
    なっています。

    しかしこの老子による道教(タオ)というのを
    論理的に話すことはとても難しいです。

    またたとえなんとか話せたとしても
    頭のレヴェルで要約することは
    簡単ではないかもしれません。

    そこで西洋のタオイストと呼ばれる
    クマのプーさんを通して
    お話させてもらうことにしたのです。

    そしてそれはハーブの香りが漂う
    カモミール畑の中で。(^^)



    さてでは今日は
    人生のエッセンス(本質)を
    中国の3人のマスター(導師)、孔子、仏陀、老子たちは
    一体どうとらえていたのか
    という象徴的な話をご紹介しようと思います。

    そしてこの三者三様のとらえ方から
    それぞれみなさんのように
    タオというものをとらえていたくことができれば
    幸いです。

    「酢を味わう者」

    中国のとあるところに
    「時間を超えた深い意味」を象徴したもので
    「酢を味わう者」という絵がありました。

    その絵では
    3人の男が酢に指を入れてそれぞれ味見を
    しています。

    そして
    一人目(孔子)は酸っぱい顔
    二人目(仏陀)は苦い顔
    3人目(老子)は微笑んでいます。

    孔子にとっては、
    どうやら人生は酸っぱいものであったようです。

    彼は地上の人間のまつりごとと、天のまつりごとは
    調和していないと考えてました。

    それゆえ彼は
    先祖を敬うことや
    皇帝が天子として、無限の天と有限の地を仲立ちする
    ものとし、古来の典礼や儀式と同じくらい重視しました。

    それゆえ儒教のもとでは
    非常に複雑な儀式制度が作り上げられました。

    孔子となりを表わす言葉として
    「敷物がまっすぐでなければ、師はお座りに
     なろうとしなかった。」



    正直言って私には面倒くさそうだわ〜。
    まさにお〜〜〜〜酢っぱ、酢っぱ。


    さて次に仏陀。
    この人にとっては
    この世の生活は苦しみは招く執着や欲望に
    満ち溢れた苦々しいものであったようです。

    この世は罠をしかけ
    妄想を生みだし
    あらゆる生き物を苦しめる輪廻であるとみなされ

    それゆえ心の平安を見いだすためには
    涅槃に達するしかないと仏教徒とは考えています。


    ふむむむむ、 ほんと苦そうね・・・。

    そして最後の老子。
    この人だけはなぜか微笑んでいました。

    なぜならそもそも初めから
    天地の間にあった自然の調和は
    誰もがいつでも見だしうるのであると
    考えていたからです。

    老子による「道徳経」とは

    宇宙の法則によって創りだされ、
    支配されている自然のバランスに
    人間が介入すればするほど、その調和は遠のいてしまう。

    無理をすればするほど、問題が大きくなる。

    軽重、乾湿、遅速にかかわらず、
    万物はその内に独自の性質をもっており、
    それを無視すると面倒が起らずにすまない。

    観念的で一方的な規則が外から押し付けられれば
    どうしても軋轢が生じる。
    人生が酸っぱくなるのはその時だけだ。


    酢の味は確かにごくごく飲めるような味ではないけれど
    老子は酸っぱいからどうだとか
    苦いからどうだとかとはとらえないで

    酸いも苦いもありのままを受け入れて
    あるがままに理解して役立てれば
    人生そのものはうまいと考えたようであります。



    はは〜ん、だから老子はスマイリーだったのね。
    私にはこれがフィットするわん。

    ということで
    私はプーさんを通してタオイズムの原理を学ぶに
    いたたったわけです。


    話は変わりますが
    時々こどもの森の仲間は、
    「自然と調和するこころを学ぶ」ということを
    どう説明していていいものか

    つまりこどもの森の活動目的を要約して話すことが
    とても難しいと言っています。

    確かに・・・。
    これを言葉にするのはとても難しいかもです。

    でも感じるのは簡単です。

    それは参加して下されば
    その人の全体で感じとることができます。

    だからいつも自然の場所に出向くのです。

    私達の師は自然の大先生。

    その大先生のもとでは
    誰もが自然に調和するこころを養うことが
    できるのです。

    それゆえいつも何かを頭だけでとらえようとしないで
    時には自然に身をゆだねるつもりで
    体験から感じることを大切にしていただきたいと
    思っています。

    ですからもしこのワークショップにピピ〜ンときたら
    その内なる自然におまかせしてみたらどうでしょう。

    では今度の日曜日
    えぼし農園のカモミール畑でお会いできますことを
    こころから楽しみにしています。(^^)









    こどもの森からのお知らせ

    こどもの森ワークショップは5月17日(日)に
    開催いたします。
    詳細は当ルームのHPの最新情報

    http://mc-forest .com
    をご覧になってください。
    スタッフ一同、
    皆さんのご参加心から楽しみにしています。(^^)



    コラージュセラピー体験会 7回目もお知らせです!


    日時 6月6日(土)午後2時から〜5時まで
    場所 当ルーム メンタルケア フォレスト
    参加費用 3500円
    もちもの ハサミ、好きな雑誌、新聞、包装紙、などから選んで
         切り抜いたもの or こちらで切り抜いて
         いただいても結構です。
         また当ルームでもいろいろ紙材を揃えてますので
         自由に使ってください。
    参加対象 中学生以上の大人 5名まで

    ご参加のみなさんには
    スィーツとお茶をご用意しています。

    次回からは参加者の定員を5名に減らして
    今までよりもさらに制作に集中する時間と
    作品の解釈の時間を充実させたいと思っています。

    またしばらくは毎月第一土曜日に定期開催いたしますので
    どうぞよろしくお願いします。

    みなさんのご参加心をこころから楽しみにしています。

    参加ご希望の方は
    下記のメンタルケア フォレストのHPの
    ご予約専用メールからお申し込みください。
    どうぞよろしくお願いします。(^^)
     
    http://mc-forest.com     





    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

     
    メンタルヘルス

    ブログ村のランキングに参加中です。





     
    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      Kumi
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      チャッキー
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
      Kumi
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      とびなが
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      とびなが
    • 自分を受け入れることができないこころの理由
      とびなが
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      Kumi
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM