苦しみのもとは 執着するこころにある

2017.03.14 Tuesday 17:20
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    ブッダの教えでは

    苦しみのもとは執着するこころにある

    と言われていますが

     

    それは確かにその通りだと思います。

     

    しかしながら

    この私も含めて、誰にでも執着心はあります。

     

    それゆえ

    このことに気づかないままでいると

    執着心というのはどんどん膨れ上がってしまうものなのです。

     

     

    さてそもそも執着することとは

    自分に足らないものばかりを見て

     

    あれも欲しい これも欲しい

    あるいはもっと欲しい

    と強く思うことです。

     

    ですから執着心が強くなればなるほど

     

    あれがないから不幸

     

    これが足りないから不幸

     

    というように

    自分のこころをみじめにしてしまうことになります。

     

     

     

    ですから

    時に私達はいったい自分は何に執着しているだろう

    ということに、あえて気づく必要があると思います。

     

    たとえば

     

    どうしたら子どもの成績を上げることができるか

    と悩んでいるとしたら

     

    その苦しみは

    自分の子どもは 学業が優秀であるべきである

    という自分の願望に執着してしているのかもしれません。

     

    あるいは

    今よりももっと収入があがれば幸せなのに

    実際は収入が低いので不幸せだ思っているとしたら

     

    幸せになるには、今よりももっとお金が必要である

    という思い込みに執着しているからかもしれません。

     

    いずれにしても

    このように自分は具体的に何に執着しているかということに

    気づくと

     

    次に なぜ自分はそのような思いや考えをもつようになったのか

    ということにも気づいていくことができます。

     

    先ほどの例でいうなら

     

    子どもの成績によって、不幸せを感じたりするのは

     

    そもそも自分自身に学歴コンプレックスがあるから

    ということに気づく場合もあるでしょう。

     

    またどうしてそのようなコンプレックスを抱くようになったか

    ということを辿っていくと

     

    成績が悪いと、親に否定されるのではないか

    という恐れと不安があった

    ということにも気づくかもしれません。

     

     

    いずれにしてもこのように

    過去の思いに執着していたことに気づくと

     

    「そうか・・・

     私はその時に満たされなかった感情を

     子どもの成績をあげることで満たそうとしていたのだ」

     

    ということがわかると思います。

     

    そしてそれは

    自分の感情を理解したということなのです。

     

    またこのように自分の感情が自分によって理解されると

    執着を手放すこころのかまえとなります。

     

     

     

     

    しかし私達が苦しみの中にいる時は

    なかなかこのことに気づけません。

     

    なぜなら 私達は妄想名人だからです。

     

    ほかっておけば、ほぼ一日中、起きている間は妄想し

    それによって生じた感情で、ものごと評価し、また判断したりするからです。

     

    そしてひとたび判断したことは

    まるで事実であるかのような錯覚を起こしたりします。

     

    そうなると

    ものごとを あるがままに見る ということが

    できなくなってしまいます。

     

    ということは

    ものごとを客観的に見る視点を失ってしまう

    ということになります。

     

     

     

    しかしながら

    人間とはそうしたものだと思います。

     

     

    ゆえに私なども

    マインドフルネス瞑想を実践することによって

    自分のこころの状態を観るようにしているのですが

     

    それによって

    いかに日頃から自分は妄想ばかりしているか

    ということに気づかされます。

     

     

    考えてみたら

    私達が日常生活を送るうえで

     

    妄想しては心配になり

    心配するから不安になる

     

    それゆえ

    怒る

    落ち込む

    疑う

    悲しむ

    焦る というこころのしくみに

    ほとんど気づいていなかったりするものですよね。

     

    ということは

    よもや自分のこころが

    そのような感情を創りだしている

    ということにも気がついていないということです。

     

     

    ですから

    自分のこころを観るようにするということは、

    こころを健全に保つうえで、とても大切なこと

    だと、私は思っています。

     

     

     

     

    思うに

    あらゆるこころの学問の中で

    ブッダの教えというのはもっとも合理的だと思うのですが

     

    それは

    捨てる ということが

    いかに自分のこころの中に平和をもたらすか

    ということを教えてくれているからです。

     

    私達は変化の中を生きていくものです。

     

    しかし

    執着やこだわりは

    変化を妨げる原因となるものです。

     

     

    それゆえ

    どうしたって、私達はそれら捨てることを学ぶ必要がある

    と思います。

     

     

     

     

     

    では今日の最後に

     

    執着を捨てる というイメージを。

    よろしければ、声に出して読んでみてください。

     

     執着すること

     

     それは

     捨てるたびに 軽くなる

     

     捨てるたびに こころが広がる

     

     捨てるたびに 新しい出会いがあり

     

     捨てるたびに 自信が高まる

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お知らせ その2

    マインドフルネス瞑想実践講座  第2回目

     

    第2回目 開催日時  3月19日(日)13:00~16:00

    開催場所 メンタルケア フォレスト (岐阜県美濃市港町1532−4)

    参加費用 お一人様  4000円

    定員   7名まで

    対象となる参加者   18歳以上の大人(簡単な瞑想体験をしていただくので

               このワークショップにおいては小さなお子様のご参加

               はお断りいたします。)

    用意するもの 特にありませんが、簡単なマインドフルネスヨガや

           歩行瞑想などを体験していただきますので、

           動きやすい服装、歩きやすい靴でお越しくださるか

           もしくは当ルームで着替えていただいてもけっこうです。

    こちらでご用意させていただくもの

           マインドフルネスの心得について要約したもの

           ハーブティ&スィーツ

    お申し込み方法 メンタルケア フォレストの HP

            http://mc-forest.com のご予約専用メールにて

            お申し込み下さいませ。

     

    2回目の講座では、自己肯定感を深め強化するためのお話と

    新たにその瞑想を一緒に実践していきたいと思っています。

                       

    では皆さんのご参加をこころから楽しみにしています。

           

     

     

     

     

      

     

    トランクお知らせ

     

    美濃市へ移転しました。

     

    美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

    宿泊施設などもありますので

     

    遠方からお越しくださる人は

    事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

    提供させていただきますので

    どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

     

    See change in Mino...。

     

    心地いい静けさの中で

    きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

    できるのではないかと思います。

     

    そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

     

     

    当ルームの新住所、また地図のほうは

    HPでご確認ください。

     

    では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      Kumi
    • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
      Kumi
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      通りすがり
    • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
      谷田部慶憲
    • 野生に戻れば、その不調も治る
      Kumi
    • 野生に戻れば、その不調も治る
      ユカ
    • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
      Kumi
    • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
      aki
    • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
      Kumi
    • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
      ユカ
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM