嫌われるのが怖くて 自分らしくふるまえない人へ

2017.04.24 Monday 20:46
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    人は誰でも、他者に嫌われたくないものです。

     

    ですから、意外と無意識に

    自分のことが他者にどう思われるか

    ということに時間とエネルギーを遣っていたりするものです。

     

    しかしながら

    いついかなる場合も、絶対に他者に嫌われないように

    するためには

     

    自分がどうしたいかということよりも

    相手がそれをどう感じるかということを

    常に気にしなければなりません。

     

    またそれは言い換えると

    自分の感情ではなく

    相手の感情に責任をもつことです。

     

    確かに多くの場合においては

    それによって不要な対立や摩擦を避けることは

    できると思います。

     

    したがって嫌われることはないかもしれませんが

    でもだからといって好かれているのかというと

    それはちょっと違うように思います。

     

    なぜなら

    それは相手に嫌われないようにふるまう自分が

    好かれているだけで

    本当の自分が好かれているわけではないからです。

     

    いずれにしても、このような関わり方をすることによって

    何が一番、自分にとってよくないかというと

     

    誰も本当の自分に触れることができないゆえ

    いつまでたっても表面上のつきあいだけしかできない

    ということです。

     

    また自分らしく自然体でふるまうことができる

    という居場所が限られてしまうため

    どうしても萎縮しがちとなり、

    それによって対人関係に自信を失くしてしまうこともあります。

     

    もちろんそれは寂しいことですね。

     

    もしこのような理由で孤独を感じている人がいたら

    最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが

    それでもやはり自分の思う意見や考え、また気持ちなどを

    思い切って相手に話してみられたらどうでしょう?

     

    そうすることによって

    相手がどんな人であるかがもっとよくわかるようになる

    と思います。

     

    また思いきってそうしてみたところ

    どうやら相手に嫌われてしまったということも

    あるかもしれませんが

     

    しかしよくよく考えたら、

    そのような人に好かれるための努力などしても

    あまり意味はないというか

     

    少なくとも本音を言い合える相手とは違う

    ということがわかるのではないでしょうか。

     

    でも自分という存在は

    相手によって好まれるためだけにあるのではなく

    自分にとって好ましい相手を選ぶためにもあるのです。

     

    また人は誰でも

    全ての人を好きになることはできないものです。

     

    ですからそもそも

    誰にも嫌われないようにしたいという思いじたい

    無理があるものと思います。

     

     

    でもどう〜〜〜〜しても嫌われる勇気がもてない

    という人がみえましたら

    決してその自分を責めたりしないで下さい。

     

    それよりも

    まずはその自分を否定せず、

    理解しようとしてくれる人を

    求めてみられるといいと思います。

     

     

    では今日の最後に

     

    どんな人でも自分を癒し、よりよい自分へと変化する力が

    もともと内部に備わっていると私は信じているものです。

     

    しかしながら誰にとっても

    今までの概念(ものごとのとらえ方)を打ち破り

    自分をよりよく生きるために必要な

    新たな概念へと変化していくプロセスは容易ではありません。

     

    思うように変わることができない時は

    自分を責めたりして自信を失くし

    やはり自分はダメな人間だと思ってしまうこともあるでしょう。

     

    でもそこであきらめてしまったら

    今まで悩み苦しんできたことが無駄になってしまいます。

     

    ですからいつも自分一人だけで頑張ろうとしないで

    時に必要であれば、カウンセリングを受けてみるということも

    一つの選択肢としてこころに留めておかれると

    いいのではないかと思います。

     

    あなたが求めれば

    あなたに合ったカウンセラーと出会えるかもですよ。

     

    少なくとも私が今までに出会うことができたクライアントさんは

    お互いにとって出会う必然性(シンクロニシティ)

    があったからだと思っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お知らせ

    マインドフルネスコースを体験されたい方

    ご予約専用メールからお申込みください。

     

    料金 2時間 16000円

     

    ストレスを溜め込まないこころを

    一緒に育んでいきましょう。(^^)

     

    またマインドフルネス講座は

    この夏、思い切って大自然の中で、

    一泊コースと 一日コースを設けて行う

    マインドフルネス サマー ワークショップとして

    今、計画中です。お楽しみに。(^^)

     

    企画が決まりましたら、またブログの方から

    お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      Kumi
    • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
      Kumi
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      通りすがり
    • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
      谷田部慶憲
    • 野生に戻れば、その不調も治る
      Kumi
    • 野生に戻れば、その不調も治る
      ユカ
    • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
      Kumi
    • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
      aki
    • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
      Kumi
    • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
      ユカ
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM