人生を生き抜く強靭な力とは

2017.05.06 Saturday 23:24
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    さて今日は

    いきなり昔々のお話。

     

    そこは高さ三十仭もある滝があり、

    水しぶきあげるその流れは四十里に及び、

    その流れの速さは魚など川に住む動物にしても泳げぬほどであった。

     

    ところが彼(孔子)はその激流を男が一人で泳ぐを見た。

     

    これはさぞかし男に屈託があって、

    死のうとしているのではないかと思い

    弟子たちに彼を救うよう命じた。

     

    しかしその男は何ごともなく岸にあがり

    鼻歌を歌っているではないか

     

    そこで孔子はその男に

    水を渡るのに何か特別な手立てがあるのかどうか

    ということを訊ねた。

     

    その男は

    「いいえ、別に手立てとてありません。

     ただあたりまえのことで始め、

     性にあったままにやり、

     定めに従ったまでのことです。

     

     渦巻のままに私は沈み、

     湧きあがる水のままに浮かび、

     水の性質にそくして身を委ね、

     自分ということを意識しないのです。

     

     これが水を渡る手立てといえば手だてです。」

     

     

    この言葉 実に深い!! と私は思うのである。

     

    ただし超道徳家の孔子にとってはちとイヤミかもですね。

     

    なにしろ彼は

    万人は論語通り、行動を律するべし

    と思っていた人ですから

    生活の隅々に渡ってやたら規則が多い。

     

    ですから、どうしても頭の中は直線的思考となり

    したがって行動もそうなる。

     

    しかしタオ(老子)の教えは

    孔子(儒教)のように、「人はこう生きねばならぬ」

    ではなく

     

    自然であるがままをよしとする。

     

    つまり 「そのままでいいんだよ。」

    ってことなんだけど

     

    なんとこれがですね、

    現代を生きる私達にとっては

     

    特に真面目で頑張り屋さんでなければ

    自分は認められないと思って生きてきた人にとっては

    とても難しいことになっちゃってるようなんですね。

     

     

    でも、自然界においては

    それはそれはいろんな動きをするものが

    それぞれ絶妙なバランスで共生しているでしょ?

     

     

     

    私達は小さい時に

    周りの大人から真っ直ぐな子に育つように

    とよく言われたけれど・・・

     

    また恐らくそれは

    素直なこころを失なわないようにとか

    他人様に迷惑をかけない正しい行ないのみをする大人になれ

    という意味だと思うけど

     

    でも人が生き抜くということは

    実際的には真っ直ぐじゃ無理があると思うのね。

     

     

    むしろくねくねのほうがうんと生き易いと思う。

     

     

    だって自然の道(自分の人生を切り開く道)は

    真っ直ぐの一本道ではなく

     

    曲がりくねってたり

    険しい坂があったり

    見通しの悪い道もあったりするもの。

     

     

     

    だから

    疲れた時は疲れたように

    弱っている時は弱っているように

    力を抜いて休み休みゆっくりでいい。

     

    たとえ周りの人がどんどん直線を進んでるかのように

    みえても気にしないほうがいいよ。

     

    それよりも

    もう不要になった人生の荷物を

    肩からおろそう。

     

     

    でもそうこうしているうちに

    エネルギーが溜まってきて

    そのうち 「波が来た〜!」 と思ったら

    その波にヒョイと乗っかっちゃえばいい。

     

     

    あるいは迷惑かけてしまうこともあるかもしれないけど

    そういう時は感謝して助けてもらって

     

    やがて自分がOKになったら

    今度は困っている人を助ければいい。

     

     

    蔓のように

    あっちがだめなら こっちへくねくね。

    こっちがだめなら あっちへくねくね。

     

    でも心配しないで、

     

    たとえ真っ直ぐじゃなくても

    ちゃんとお日様の方に向かっていれば大丈夫だから。

     

     

    そうはいうものの、

    人生を好転させるターニングポイントに近づきつつある時は

    そりゃもう、あたかも八方塞がりのようで

    それこそ渦の中に巻き込まれたみたいに

     

    頭は同じ思考だけがグルグルして

    どうしていいかわからなくなるから

    不安で不安でどうしようもなかったりするけれど

     

    だからこそその時は

    なるべく力を抜いて、なるようになるさ と思ったほうがいい。

     

     

    そうすれば

    一旦は沈むかもしれないけれど

    その後、必ず浮上するものだよ。

     

     

    でもこのようなことをいくら頭で理解しても

    自分という全体(体とこころ)は

    沈むことに対して恐怖感があるものだよね。

     

     

    それゆえ

    不安になるぐらいなら

    不幸のままなほうがいいということになり

    変化を拒んでしまうことになる。

     

     

    それは実に不自然な人生。

    だって生きるとは、変化していくことだから。

     

     

    ゆえに今まで私は

    自然に変化を促すいい方法はないかと

    いろいろ試行錯誤してきて

     

    ここ最近は、自然界を徹底的に見習って

     

    どんな条件のもとであっても

    生き抜く柔らかさやしなやかさ(有機的動きと思考)を

     

    体に感じさせ

    脳はそれをイメージして

    呼吸に繋ぐ

     

    マインドフルネスムーブメントセラピーというのを

    独自で開発中なの。

     

     

    予定通りでいけば

    夏のワークショップまでには完成しそうです。

     

     

     

    そしてできれば参加者のみなさんには

     

     

    このワークで

    縮こまっていた自分

    抑圧されていた自分から

     

    自由なこどものこころを解放する という感覚を

    自分という全体でイキイキと感じていただきたい

    と思っているんです。

     

     

     

    そんなわけで、今のところ毎日練習中ですが

     

     

    正直、自分でもやった後、

    とても心地のいい解放感を得ている。

     

    また体の凝りがほぐれ、血行も促されるようで

    実にいい感じなんです。

     

     

    キーワードは くねくね。

     

    ぜひとも頭と体を柔らかくしならせましょう。

    強いてはそれが人生を生き抜くための強靭な力となる〜! かもですよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    お知らせ

    マインドフルネスコースを体験されたい方

    ご予約専用メールからお申込みください。

     

    料金 2時間 16000円

     

    ストレスを溜め込まないこころを

    一緒に育んでいきましょう。(^^)

     

    またマインドフルネス講座は

    この夏、思い切って大自然の中で、

    一泊コースと 一日コースを設けて行う

    マインドフルネス サマー ワークショップとして

    今、計画中です。お楽しみに。(^^)

     

    企画が決まりましたら、またブログの方から

    お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

    トランクお知らせ

     

    美濃市へ移転しました。

     

    美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

    宿泊施設などもありますので

     

    遠方からお越しくださる人は

    事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

    提供させていただきますので

    どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

     

    See change in Mino...。

     

    心地いい静けさの中で

    きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

    できるのではないかと思います。

     

    そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

     

     

    当ルームの新住所、また地図のほうは

    HPでご確認ください。

     

    では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      Kumi
    • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
      Kumi
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      通りすがり
    • 甘やかされ過ぎた子の悲劇とは
      谷田部慶憲
    • 野生に戻れば、その不調も治る
      Kumi
    • 野生に戻れば、その不調も治る
      ユカ
    • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
      Kumi
    • 私は境界性パーソナリティ障害かも と悩んでいる人へ
      aki
    • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
      Kumi
    • 悩みすぎて 悩みにこころが占領されている人へ
      ユカ
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM