頭痛もち 慢性肩こり・慢性腰痛 に間違った対処法をしていませんか?

2017.05.28 Sunday 22:36
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    対人関係に緊張しがちだったり

    他者に必要以上の神経を遣うタイプの人、

     

    また真面目で頑張り屋さんだったりするため

    しらずしらずのうちに疲れを溜め込みやすい人、

     

    あるいは悩みや問題により

    こころに葛藤を抱えている人の多くは

     

    よく頭痛や肩こり、また腰痛などを訴えられます。

     

    またそれに対する対処法としては

    消炎鎮痛剤などを使うことによって

    痛みを抑えるようなことをよく聞きますが

     

    実は免疫学では世界的権威を誇る安保先生は

    それはこり、重み、痛みを悪化させる方法である

    ということを教えてくれています。

     

    そのメカニズムは

     

    ストレスなどにより交感神経優位の状態が

    長く続くと血行が悪くなる。

          ↓

    それゆえ血管は収縮し、血流は滞り、疲労物質(乳酸)

    などが溜まって筋緊張が起きてくる。

          ↓

    すると次には回復するために副交感神経が働きだす。

          ↓

    そして副交感神経はプログラスタンジンという

    ホルモン様物質を使って血流を回復させようとする。

     

    またこのプログラスタンジンには

    3つの働きがあるのですが

     

    それは

    ・血管を拡張させる

    ・痛みを起こす

    ・発熱させる

          

     

    このように、たとえば頭や肩がガチガチにこって

    重くなってきた後に痛みが生じるのは

    組織を疲労から回復させようとして体が起こす

    「回復反射」だといえます。

     

    しかし消炎鎮痛剤などを使うと

    一時的には痛みはとれますが

    それと同時に回復反射も止めてしまうことになります。

     

    ですから

    たとえば頭痛薬などを服用するのが癖になってる

    (いわゆる頭痛もちの人)などは、

    薬が切れれば、また回復反射が起こる、

    ゆえにまた薬で抑えるというような悪循環に陥っている

    ということがいえます。

     

    また消炎鎮痛剤を長期間にわたって使うと

    大きな弊害が生じる可能性があります。

     

    なぜならプログラスタンジンは交感神経優位に

    ならないよう、

    たとえばアドレナリンなどのような交感神経に関わる

    神経伝達物質の産生を抑える働きがあるのですが

     

    消炎鎮痛剤などでそれが抑えられてしまうと

    交感神経は積極的に神経伝達物質をつくるようになり

    こりや重みの原因となる血流障害をますます促進し

    顆粒球も増え、体のあちこちで炎症が起きてくるそうです。

     

    ではどうすればいいのかということですが

     

    それは

    体をできるだけ温めて

    軽い運動をして

    血流を促し

    組織を修復する必要があるということです。

     

    ですがこれはあくまでも痛みを緩和する方法であって

    その本当の原因は 交感神経が緊張し続けるような

    生き方をしていることにあるといえます。

     

    それゆえカウンセリングでは

    クライアントさんの悩みや問題を聴かせていただくことにより

     

    固くなっているこころが

    少しでもやわらかくほぐれるように関わらせてもらいますが

     

    それだけでは、なかなか慢性的なしつこい痛みがとれない

    という方も中にはみえます。

     

    当ルームではこのような方には

    ヒプノセラピー(催眠療法)を施術することによって

    深いリラクゼーションの状態へと導き

    疲れた神経を癒すようにしていますが

     

    このセラピーが合う方には

    大きな効果が得られています。

     

     

    いずれにしても

    痛みは冷やさないで温める

     

    またこころの緊張も

    薬ではなく自然に緩める方法がいくつもある

    ということを、

    どうぞこころの片隅に留めておいてください。

     

     

    参考文献  疲れない体をつくる免疫力 安保徹

     

     

    お知らせ

    マインドフルネスコースを体験されたい方

    ご予約専用メールからお申込みください。

     

    料金 2時間 16000円

     

    ストレスを溜め込まないこころを

    一緒に育んでいきましょう。(^^)

     

    またマインドフルネス講座は

    この夏、思い切って大自然の中で、

    一泊コースと 一日コースを設けて行う

    マインドフルネス サマー ワークショップとして

    今、計画中です。お楽しみに。(^^)

     

    企画が決まりましたら、またブログの方から

    お知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

    トランクお知らせ

     

    美濃市へ移転しました。

     

    美濃市には比較的お値打ちな古民家のゲストハウスや

    宿泊施設などもありますので

     

    遠方からお越しくださる人は

    事前にお知らせくだされば、それに関する情報なども

    提供させていただきますので

    どうぞご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

     

    See change in Mino...。

     

    心地いい静けさの中で

    きっと自分をゆっくり見つめ直すことが

    できるのではないかと思います。

     

    そして本当の自分に会えるといいですね。(^^)

     

     

    当ルームの新住所、また地図のほうは

    HPでご確認ください。

     

    では今後とも、どうぞよろしくお願いします。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 深い絆が結べるには...
      Kumi
    • 深い絆が結べるには...
      まー
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      Kumi
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      チャッキー
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
      Kumi
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      とびなが
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM