依存と支配

2018.02.17 Saturday 22:20
0

     

     

    みなさん、こんにちは。

     

    前回の記事の最後に

    私はこんなことを書きました。

     

    それは

     

    私達は大なり小なり誰かに

    あるいは何かに依存して生きているものである。

     

    でも肝心なことは

    それに自分が気がついているかどうか

    ということなんだよね。

     

    というものです。

     

    今日はそのことについて

    もう少し詳しく書いてみようと思います。

     

     

     

     

    さてそもそも私達は

    生まれてからしばらくの間は

    100%母親に依存することができなければ

    生きていくことができない存在でした。

     

    それゆえもともと私達は

    依存したいという欲求をもって

    生まれてきているのです。

     

    そして成長していく過程で

    その依存したいという欲求

    どれぐらい安心して親から満たしてもらえたか

    ということが

     

    自分は存在する価値がある

    ゆえにありのままの自分であっていい

    という 自己肯定感 として培われていきます。

     

     

    しかしながら親との関係性において

    そのままの自分では十分ではない

     

    もしくは

    自分の存在は否定されるかもしれない

    あるいは

    見捨てられるかも・・・

     

    などというようなことを感じたら

    必然的にこどもは、その怖れや不安から

    親の願望通りのこども(親にとって都合のいいこども)

    になることを頑張ります。

     

    しかしそれは同時に

    親に甘えたいという依存欲求を

    抑えなければならないということでもあります。

     

    でもこれは無意識に行われることですから

    自分ではその抑圧に気づかないまま

    年を重ねていきます。

     

    それゆえ

    大人になってからも

    無意識下に抑圧された依存欲求を

    他者に満たしてもらうことを要求している

    などというようなことがよくあります。

     

     

    たとえば自分のパートナーに

     

    怒鳴ったりわめき散らす

    思い通りにならないと不機嫌になる

    八つ当たりする

    不平不満や愚痴ばかり言う

     

    などという態度は

    その相手に依存しているからです。

     

    その証拠に

    私達は依存できないと思われる人に対して

    そのような態度をとることはありません。

     

    また反対に

    自分の意見や考えはいつも抑えて

    相手に合わせようとする

     

    あるいは

    いつも相手のことを優先して

    自分を犠牲にする

     

    このような関わり方も

    やはりそれは相手に依存しているから

    なのです。

     

     

    また相手に依存することとは

    その人を支配しようとすることでもあります。

     

    最初の例であれば

    相手に自分の強さを強調することで

    また後の例であれば

    相手に自分の弱さを強調することで

     

    その相手を自分の思い通りに

    コントロールしたいのです。

     

     

     

    また

    相手はこうあるべきであるとか

    こうしなければならない

    というように

    自分の正しさに固執することも

     

    やはり自分の正しさを押しつけることで

    相手を支配しようとしているのです。

     

     

    しかも多くの場合、

    私達は自分の無意識下にある依存欲求を

    相手に満たしてもらいたくて

    このような関わり方をしている

    などとは夢にも思っていません。

     

     

    しかしながら

    対人関係による悩みや問題を

    深く辿っていきますと

     

    誰しも必ず依存と支配という問題に

    ぶちあたるものです。

     

    またこの場面では

    依存する方

    依存され続ける方

     

    どちらにも、

    その問題があるということに

    気づくチャンスでもあります。

     

     

    それによって

     

    自分の依存に気づくことができれば

     

    その分だけ関係性も健康的になり

    漠然とした不安からも解放されていきます。

     

    なぜなら

    依存に気づくことは

    依存したいという欲求をもつ自分を

    受け入れていくことでもあるからです。

     

    またそれが自己肯定感を養うことにも

    なります。

     

     

    そうすれば依存するということに対しての

    とらえ方も

     

    依存させてもらう=感謝=自己肯定感

    依存させてあげる=やさしさ、強さ=自信

     

    というふうに変わっていくものと思います。

     

     

     

     

     

    いずれにしても依存の味は蜜の味。

     

    なにしろ

    依存しながらその相手を束縛する

    という欲求なんですから

    もちろん誰にとっても極上の快感です。

     

    でも依存し過ぎれば

    その分、自分を信じ頼る力がなくなるため

    嫌でもその対象に執着することになってしまう・・・

     

    それが依存と支配のルールです。

     

    だから、自分の依存に気づくこと

     

    そう思って見つめ直してみると

     

    依存させてやってると思う相手に

    実は自分も依存していたということに

    気づくかもですよ。

     

    私なんかもよくあります。

     

    これが依存のトリックなんです。

     

     

     

     

     

    では今日の最後に

    この記事を読んで興味をもたれた方達に

     

    依存と支配の問題もそのひとつだと思いますが

    私達の問題の根源を明らかにするために

    ひとつのよい情報となるであろう動画、

    「問題の根源」をご紹介して終わります。

     

    https://www.youtube.com/watch?v=zAN_5C9nghg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *新メニュ=のお知らせ 

        マインドフルネス パーソナルコース

     

    個人でじっくりとマインドフルネスの心得を理解し

    一人でもマインドフルネスを実践していくことができるよう

    カウンセラーとマンツーマンで実践していくオリジナルのコースです。

     

    またこのコースは

    ・ストレスを溜め込みやすい

    ・こころがぶれやすい

    ・リラックスが下手で緊張体質

    ・感情のコントロールがうまくできない

    ・思考することが止めにくく、いつも頭の中が忙しい

    ・自己肯定感が低い

    ・執着心から自分を解放したい

    ・他者のことが気になって生き辛い

     

    ・自己実現したい

    ・集中力や創造力を高めたい

    ・こころに穏やかさと平和を保ちたい

    ・今よりも寛容で柔軟なこころを培いたい

    ・ストレスとうまくつきあえるようになりたい etc...

     

    というような悩みや問題、

    あるいは自己成長に役立つものと思います。

     

    ただしこのコースは

    初回面接を受けて下さった方に限ります。

     

    時間 2時間

    料金 16000円

     

    お申し込みは、当ルームのHPの

    ご予約専用メールからお願い致します。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 深い絆が結べるには...
      Kumi
    • 深い絆が結べるには...
      まー
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      Kumi
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      チャッキー
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
      Kumi
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      とびなが
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM