人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?

2018.04.11 Wednesday 14:42
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    人と接するのが苦手だというお悩みをもつ

    クライアントさんから

    「この性格を変えたいのですが

     それは可能なことですか?」

    ということを、時々訊かれることがあります。

     

     

    それに対して私は

    もちろん変わる可能性はありますが

    それはなかなか容易なことではないと思う

    とお応えしています。

     

    しかしそれでは

    カウンセリングを受ける意味などないではないか

    と思われる方もみえるかもしれません。

     

    そこで、

    まず性格というものについてお話しさせていただきますが

     

    そもそも性格とは

    自分の生まれた世界に適応するために

    形成されていったものです。

     

    それゆえ

    たとえば今、引っ込みじあんで

    人と接するのが苦手という性格で悩んでいたとしても

     

    以前はその性格で安全を得ることが

    できていたわけです。

     

    したがって

    それを変えなければならないとなると

    当然ながらその本人にとっては

    今まで慣れ親しんだ安全な世界が脅かされることになります。

     

     

    ですから

    こと私のカウンセリングにおきましては

    あえて性格を変えることを目標にすることには

    あまり意味はないと思っています。

     

    というのも

    もし自分の性格を本気で変えようと取り組むなら

    常に自分の意識や行動、あるいは身体に向けて

    集中する必要性があるからです。

     

    するとその部分の感覚が鋭敏になり

    いつしかそのことだけにこころが囚われてしまう

    ということになってしまうからです。

     

     

     

    ですから私のカウンセリングにおきましては

     

    どんな性格であっても

    まずは自分が苦しまずに生きていかれるようになること

    を大切にしています。

     

    それには、

    自分への理解を深める作業が必要だと思います。

     

    またその作業を通して

    クライアントさんが安心して自分のこころの中に

    あることを話すことができると実感していただくこと

     

    またその自分であっても

    共感され受け入れられるのだと実感していただくこと

     

    そして決して完璧ではないけれど

    その自分であっても存在していいのだと実感していただくこと

    が重要だと思っています。

     

     

    それによって

     

      「かつて幼少の頃の私は

     

     健気にもそのような方法で自分のことを

     守ろうとしていたんだ」

    というふうに

    自分のことを肯定的にとらえるように

    なっていくと思います。

     

    そうすれば少なくとも

    今までの自分を恥じたり、嫌うことからは

    解放されていくものです。

     

     

    するとそれまでは

    私の性格には引っ込みじあんという欠点があるため

    人と接するのが苦手だと思っていたけれど

     

    実はかつて幼少期の頃、

    自分の意思や欲求、あるいは感じたままを

    そのまま周りの大人(主に親)に伝えると

    否定されたという体験が何度もあった

     

    そのため引っ込みじあんのほうが

    気にかけてもらえる

     

    あるいは

    嫌われずにすむ

     

    ゆえにいつしか

    不自然な自分でいたほうが方が

    周りの大人(主に親)に愛されると思うようになった

     

    それによって大人になってからも

    人と接するのが

    苦手だと思い込むようになってしまったけれど

     

    でも実は

    それは本当の自分(自然体の自分)ではなく

     

    安全を脅かされたくなくて

    本当の自分を表現することを抑えて生きてきたのだ

    ということに気づかれるかもしれません。

     

    またそのように気づくことができれば

    引っ込みじあんというこころのブレーキは

    自然に弱まっていくものです。

     

     

     

    いずれにしても

    意識の上で

    自分が欠点とか恥に思うような性格の部分、

     

    ただそれだけを変えることは

    ほぼ不可能なことではないかと思います。

     

     

     

    ですからたとえば

     

    赤面症であることだけを 治す目的 で何かを頑張る

     

    生真面目であることだけを 治す目的 で何かを頑張る

     

    内向的であることだけを 治す目的 で何かを頑張る

     

    というようなことは、

    無駄にエネルギーを消耗するだけで

    結果としては、そのことに囚われすぎて

    苦しくなってしまうことの方が多いのではないかと思います。

     

     

    というのも、

    そもそも性格とは 

    こころの全体構造として存在するものだからです。

     

     

    ゆえに人と接するのが苦手という特性も

     

    ただそれだけで独立しているわけではなく

    自我全体の中にそうした特性が組み込まれているのです。

     

    たとえば

    引っ込みじあんだけど、絵を描いたり詩を書くのが好き

    人と接するのは苦手だけど、動物とコミュ二ケーション

    するのは好き

    などというように

     

    一つの特性には他の特性も関連していたりするもの

    だからです。

     

    ですから

    一口に自分の欠点を直すといっても

     

    それは車の部品を付け替えるように

    自分の性格で嫌な部分だけを取り除いて

    そこだけ自分の気にいった性格に変える

    などというようことは、なかなかできないものなのです。

     

     

    それゆえ

    時に、深きにわたって自分を理解しようとすることが

    必要ではないかと思うのです。

     

    そして自分のこころの中に

    よき理解者である自分が培われていくと

    不思議ですが、人というのはだんだん素直になっていくものです。

     

    またその結果、以前よりも

    自分の意思や欲求、あるいは感じたことを

    そのまま素直に表現することができるようになる

    ということがよくあります。

     

     

    では今日の最後に

    国分康孝(日本カウンセリング協会 理事長)

    の言葉をご紹介して終わります。

     

     

    カウンセリングで治るとは

    いろいろな悩みをもちながらも

    この現実に踏みとどまれるようになることである。

     

    そしてそれは、

    今ある自分をあるがままに受け入れ

    自然な自分で生きていくということである。

     

     

    参考文献 

    ”人と接するのが辛い” /  根本橘夫

     

     

     

     

     

     

    春の体験講座では素敵なゲスト(心理カウンセラーの藤垣恵さん)

    をお迎えして

    ”マインドフルネスで筆文字「こころ恵文字」を楽しむ”

    という時間を設けました。

     

    また私の方からは「どうしたらこころを楽して生きられるか?」

    ということについて

    お話をさせていただくつもりでいます。

     

    では皆さんのご参加、

    こころから楽しみにしていますので

    どうぞよろしくお願いいたします。

                

     

     

     

     

     

    *春のマンドフルネス体験講座のお知らせです♪

     

    開催日時 5月13日(日)

         13時から16時頃まで

    開催場所 メンタル ケア フォレスト

    参加費用 4500円

    対象とする参加者 18歳以上の成人で

             マインドフルネス瞑想+「こころ恵文字」を

             体験してみたいと思われる方なら

             どなたでもけっこうです。

    定員 7名様まで

     

    その他・お願い

         ・マインドフルネスヨガ体操や歩行瞑想をしますので

          できるだけ動きやすい服装と歩きやすい靴で

          お越しください。

         

         ・己書アートに必要な道具などは、全てこちらでご用意しております。

         

         ・お申し込みは、メンタルケア フォレストHPの

          ご予約専用メールからお申し込みください。

     

     

    では、お茶とお菓子+美濃和紙の小さなプレゼントを

    ご用意してお待ちしておりますので

    どうぞお気軽にご参加くださいませ。

     

     

     

     

     

     

    *新メニュ=のお知らせ 

        マインドフルネス パーソナルコース

     

    個人でじっくりとマインドフルネスの心得を理解し

    一人でもマインドフルネスを実践していくことができるよう

    カウンセラーとマンツーマンで実践していくオリジナルのコースです。

     

    またこのコースは

    ・ストレスを溜め込みやすい

    ・こころがぶれやすい

    ・リラックスが下手で緊張体質

    ・感情のコントロールがうまくできない

    ・思考することが止めにくく、いつも頭の中が忙しい

    ・自己肯定感が低い

    ・執着心から自分を解放したい

    ・他者のことが気になって生き辛い

     

    ・自己実現したい

    ・集中力や創造力を高めたい

    ・こころに穏やかさと平和を保ちたい

    ・今よりも寛容で柔軟なこころを培いたい

    ・ストレスとうまくつきあえるようになりたい etc...

     

    というような悩みや問題、

    あるいは自己成長に役立つものと思います。

     

    ただしこのコースは

    初回面接を受けて下さった方に限ります。

     

    時間 2時間

    料金 16000円

     

    お申し込みは、当ルームのHPの

    ご予約専用メールからお願い致します。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment
    久美子さん、おはようございます。
    はじめてコメントさせて頂きました。
    何か迷い事があると久美子さんブログを拝見させて頂き、いつもヒントをもらっています。
    私も以前タイトルにあるような悩みで色々なカウンセリングを受けていました。
    ですが、そう簡単に性格て変わらないな〜が正直な感想です。
    ですが昨年受講した自己受容を深めて行く講座で、どんな時でも、良い自分もダメな自分もありのままにジャッジせず、自分を受け入れていく作業を続けています。
    少しずつ自分の中に安心感が育って来ているのを感じます。
    久美子さんの言われていた、自分の中の良き理解者が培われくると人は素直になっていくと言う言葉がとても腑に落ちました。
    • チャッキー
    • 2018/04/15 11:27 AM
    チャッキーさん、こんにちは。
    素敵なコメント、どうもありがとうございました。

    自己受容を深める作業によって、少しづつチャッキーさんのこころの中に、安全基地が培われつつあるようで、何よりです。

    どんな自分も、まずは自分の一部として認め、受け入れていこうとするならば、自ずと自らを苦しめる思考からも解放されていくものです。

    またそれと同時に、自然体であることに、伸び伸びとした心地よさを感じられるようにもなっていくと思います。

    日によって、自分を受け入れることが難しく感じられるときもあるかもしれませんが、
    その時々の自分に寄り添っていくことも
    自分を受け入れるということになりますので

    いろんな時があるかと思いますが、どうぞチャッキーさんだけは、ご自分に対して最大の理解者でありますように、遠くから応援し祈っております。

    • Kumi
    • 2018/04/20 1:25 PM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      Kumi
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      チャッキー
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
      Kumi
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      とびなが
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      とびなが
    • 自分を受け入れることができないこころの理由
      とびなが
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      Kumi
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM