考え過ぎないで、感じる力を取り戻す

2018.06.01 Friday 20:23
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    さて今日は

    こころの働きについてお話させていただこうと

    思いますが

     

    私達のこころは

     

    たとえば

    何か心配事があり、それをなんとかしなければ

    ということばかり考え続けている時

     

    そのようにこころは反応し

    そのインフォメーションを心臓から受け取った脳は

    自律神経を交感優位に導く神経伝達物質(アドレナリン)

    を出すことによって体やこころを緊張させます。

     

    またそれと同時に血液は大筋群に流れ

    闘争OR逃走に備えます。

     

    そしてその状態(交感神経優位)が長く続くと

    次第に自律神経のバランスは乱れていきます。

     

    そうすると身体の方では

     

    ・不眠、あるいは睡眠の質が衰えてくることにより

     本来熟睡して体を回復するときによく休めない

     その症状として、頭や体が重い だるい 

     

    ・心拍数があがることによって、動悸や息切れがする

     

    ・暑くもないのに汗が大量にでたりする

     

    ・立ち上がる時などに血圧をコントロールできず

     立ちくらみを起こす

     

    ・体温調節がうまくできず、急に暑くなって顔が火照ったり

     あるいは急に寒くなり手足などが冷たくなる

     

    ・副交感神経の働きが低下するため

     消化器官の働きも悪くなり

     その症状として 食欲不振 消化不良などの

     症状が表れる

     

    ・緊張により血行が悪くなるため

     首肩周りや腰回りが固くなり、

     コリや痛みを感じるようになる

     

    などの症状が表われてきます。

     

     

    また同じようにこころの方も

     

    ぶれやすくなり

    不安や緊張、あるいは抑うつなどの

    不快な気分をよく感じるようになり

    不安定になっていきます。

     

    そしてこのようにこころが弱ってくると

    弱ったこころの状態でものごとをとらえるため

    必要以上に防衛的になっていきます。

     

    すると

    「こうなったらどうしよう」などと言うように

    まだ起きてもいない先のことを考えて不安になったり

     

    あるいは

    あんなことさえなければ

    このようなことにはならなかったのに

    などと考えて

    過去のことにこころがひっぱられてしまったり

     

    または

    何をするにも他者にどう思われるかが

    気になって

     

    そのようなことを考えて

    だんだんこころの病に近づいていく

    などというようなことがよくあります。

     

     

     

    それゆえ

    もし考え過ぎることから解放されたいのに

    実際は無意識に考えてばかりいる

     

    ということで苦しくなっているようでしたら

     

    まず息を調えることに意識を向けるようにする

    といいと思います。

     

     

     

    なぜなら

    息という字は、自分の心 と書きますが

    まさに読んで字のごとし、

    息とは、身体とこころ(精神)を結びつけるものだからです。

     

     

     

    しかしながら多くの場合、

    私達はそういったこころの状態に陥ると

    意思の力(思考)でなんとかしようと

    抗ったりします。

     

    でも実は意思の力で考えることを止める

    などということはできないのです。

     

    むしろそうしようと思えば思うほど

    さらに体やこころに緊張を強いることになります。

     

     

    しかし呼吸というのは

    確実に自分の意思でコントロールすることができます。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

    マインドフルネス瞑想では

     

    呼吸に意識を向けて

    一呼吸ごとに生じる身体の感覚や

     

    頭の中に浮かんできたこと(こころが感じていること)を

    観察するようにしますが

     

    それによって

    自分の思考から距離をとること(客観的に自分の思考を観る)

    ができるようになっていきます。

     

     

    これは自分という全体を正しく知る

    ということにおいて、とても有効な方法だと

    思います。

     

     

    というのも 

    そもそも私達は自分の思考を現実として

    とらえてしまうという性質をもっているからです。

     

     

    しかし現実というのは

    今ここにある自分が体験していることだけです。

     

    それゆえ今、身体に感じていることは現実だと言えますが

    考えていることは、極端にいえば妄想と同じなのです。

     

     

    それに気づくために、呼吸に意識を集中するトレーニングを

    するわけですが

     

    それによって

    自分の思考の癖(自動思考)にも気づきが及ぶように

    なっていきます。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    私達は常日頃から

    起きてくること全てに対して

    無意識に「よい」OR「よくない」という

    判断をしていますが

     

    でもそれらのほとんどは

    自動思考によるものなのです。

     

     

    それゆえマインドフルネス瞑想を行う時は

     

    頭に浮かんできたことを 

    よいORよくない

    などというように判断しないで

     

    それに気づいたら また呼吸に意識を戻す

    ということを繰り返すようにしますが

     

    それは私達が判断したと同時に

    考えるモードに入ってしまうからです。

     

    それゆえ考えるモードに入ってることに気づくようにし、

    そしてそれに気づいたら

    また呼吸に戻り、五感の感覚に注意を向け直すことによって

    感じるモード へと切り替えていくようにするのです。

     

    またそれによって

    副交感神経の働きは活性化され

    自律神経のバランスも回復し調っていきます。

     

     

    でもこのようなことを

    頭(理屈や論理)だけで理解しようとしても

    あまりよくわからないと思います。

     

    なぜなら

    私達のこころは体全体のひとつであり

    またこころの働きとは感じることだからです。

     

    また当然ながら

    人によってマインドフルネス瞑想によって

    感じられる効果も

    それぞれ違いがあるものと思いますが

     

    今まで当ルームにおいて

    マインドフルネス瞑想を体験された方達が

    感じた効果についてお聴きしたところ

     

    こころに穏やかさが戻った感じ

    こころに落ち着きを感じた

    身体もこころも心地いい感じ

    安心感を感じた

    リラックスできた感じ

    頭がスッキリした感じ etc・・・

     

    というように、感じられた効果も様々です。

     

    ちなみに前回のマインドフルネス体験講座においては

    お招きしたゲスト(藤垣恵先生)による

    恵筆文字講座を参加者のみなさんに体験していただきましたが

     

    人と人とが出会い、繋がることの心地よさを

    それぞれのように感じられたのでしょうか

     

    その活き活きとした感受性を

    筆文字にするというひとときにとても集中して

    楽しんでおられました。

     

    このようなことからも

    やはりマインドフルネス瞑想は

     

    実際に同じ空間を共にして

    体験していただくことによって感じてみる

     

    それがこれを理解する

    最上の方法ではないかと私はっています。

     

     

    いずれにしましても

    現代人は考え過ぎることによって

    身体とこころの健康を損ねてしまうというようなことが

    よくあります。

     

    それゆえ今後ともマインドフルネス瞑想を知っていただく

    機会を、なるべく増やしていきたいと考えていますが

     

    そこで次回の講座についてご案内させていただきます。

     

     

    ”夏のマインドフルネス瞑想体験講座” は

    7月15日(日)に開催することに致しましたので

     

    ご興味のある方は

    この機会にぜひ体験なさってみてください。

     

     

    また今年から 

    この講座に臨むにあたって

     

    参加者の方には

    「蓮の花をど〜ぞ」というメッセージに含まれる意味を

    少しでも感じていただけるよう

     

    蓮の花(ゲスト)をお招きすることにしました。

     

    そしてゲストの方からは

    本来私達の中にある

    やさしさや思いやり

    また勇気や前進する力など

     

    それらをあらためて感じさせてくださるような

    ひとときを提供していただくようお願いしています。

     

    さて次回の講座では

    CARE SALON MUGI Dの院長でもある丹羽先生を

    ゲストにお迎えして

     

    「整体ボディケアを通して、体やこころを楽にする方法」

    を、参加者の皆さんとともに

    楽しく学ぶことができるひとときを予定しています。

     

     

    また私の方からは

    「なぜマインドフルネス瞑想は

     身体とこころを健康へと導くことができるのか」

    ということについてお話させていただくつもりでいます。

     

     

     

     

    では今日の最後に

    呼吸の勉強をするならこの人から!と思うほど

    呼吸のメカニズムから文化まで、深く研究された

    斉藤孝氏による言葉をご紹介して終わります。

     

     

     

    捨てることは 呼吸においては吐くということ。

     

    吸うことで

    自分を大きくしていくのではなくて

     

    吐いて吐いて吐き出していくことで

    生まれる安定感を大切にした。

     

     

    そのコツは空けて置けば、

    また入ってくるのだと考えることです。

     

    捨てればスペースができ、

    そこが自然と満ちてくる。

     

    その「他力」を信じる。

     

    吐けば自然の摂理で入ってくると信じる。

     

    問題なのは吐けなくなることです。

     

    自分を守ろう守ろうとして、

    今まで得たものを捨てないでいると

    息が浅くなってしまう。

     

    吐かなければ何も入ってこないのに、

    吐ききれない。

     

    現代人のほとんどは、

    空気が肺の半分にも満たない程度の呼吸

    でしかありません。

     

    吐くことを知らないことから

    あらゆることに執着ばかりが強くなる。

     

    自分の中に受け入れるスペースがない。

     

    しかし吐くことで満ちてくる身体感覚が

    かつて日本人の生き方の中にはあったのです。

     

     

     

     

     

     

    夏のマインドフルネス体験講座のお知らせです♪

     

     

    開催日時 7月15日(日)

         13時から16時頃まで

    開催場所 メンタル ケア フォレスト

    参加費用 4500円

    対象とする参加者 15歳以上から大人の方で

             マインドフルネス瞑想+丹羽先生による

             「整体ボディケアで体とこころを楽にする方法」

             を学ぶという体験に興味がある方でしたら

             どなたでもけっこうです。

     

    定員 7名様まで

     

    その他・お願い

         ・マインドフルネスヨガ体操や歩行瞑想をしますので

          できるだけ動きやすい服装と歩きやすい靴+帽子で

          お越しください。

         

         ・お申し込みは、メンタルケア フォレストHPの

          ご予約専用メールからお申し込みください。

     

     

    また、お茶とお菓子+美濃市由来のささやかなプレゼント(毎回違うもの)

    をご用意しておりますので、どうぞお楽しみに。

     

     

    ではみなさんのご参加、こころから楽しみにしていますので

    どうぞよろしくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

    *新メニュ=のお知らせ 

        マインドフルネス パーソナルコース

     

    個人でじっくりとマインドフルネスの心得を理解し

    一人でもマインドフルネスを実践していくことができるよう

    カウンセラーとマンツーマンで実践していくオリジナルのコースです。

     

    またこのコースは

    ・ストレスを溜め込みやすい

    ・こころがぶれやすい

    ・リラックスが下手で緊張体質

    ・感情のコントロールがうまくできない

    ・思考することが止めにくく、いつも頭の中が忙しい

    ・自己肯定感が低い

    ・執着心から自分を解放したい

    ・他者のことが気になって生き辛い

     

    ・自己実現したい

    ・集中力や創造力を高めたい

    ・こころに穏やかさと平和を保ちたい

    ・今よりも寛容で柔軟なこころを培いたい

    ・ストレスとうまくつきあえるようになりたい etc...

     

    というような悩みや問題、

    あるいは自己成長に役立つものと思います。

     

    ただしこのコースは

    初回面接を受けて下さった方に限ります。

     

    時間 2時間

    料金 16000円

     

    お申し込みは、当ルームのHPの

    ご予約専用メールからお願い致します。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

    そんなわけで 今日も 蓮の花をどうぞ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      Kumi
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      チャッキー
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
      Kumi
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      とびなが
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      とびなが
    • 自分を受け入れることができないこころの理由
      とびなが
    • 自分を愛している人と愛していない人 何が違うんだろう?
      Kumi
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM