どん底気分から這い上がる鍵

2018.06.08 Friday 12:47
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    よく私達は

    自分が受け入れがたいネガティブな感情を

    外側からもたらされたものとして

    認知していることがありますが

     

    しかしながら

    私達の現在の状況、

    またそれに伴う気分(感情)や生理反応(体の症状)は

     

    意識的にしろ、無意識的にしろ

    実は自分が選択してきたことの結果なのです。

     

     

    でもこれを読んでくださってる方の中には

    「そんなはずはない」

    と思われる方もみえるでしょう。

     

    それはとても自然な反応だと思います。

     

    なぜなら

    基本的に私達は自分の思考概念が正しいという

    前提でものごとをとらえて行動しているからです。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    ところで

    そもそも行動とは

    体を動かし、何かをすることですが

     

    グラッサー博士の選択理論では

    体を動かす方法には4つの不可分の要素がある

    と考えられています。

     

    またそれは

     

    行為→行動について考える時に、ほとんどの人は歩く、食べるなど

       行為について考える。

     

    思考→私達はいつも何か考えている。

     

    感情→私達が行動するとき、いつでも何かを感じている。

     

    生理反応→何かをしている時に、いつも生理反応が伴っている

         たとえば心臓の鼓動、呼吸、脳の働きに関係ある神経化学物質 ETC・・・

     

    であると言われています。

     

     

    それゆえ

    たとえばもし今、

    落ち込んでいてみじめな気分だとしたら

     

    そのような感情を抱くことになるような

    行為を繰り返し選択してきていないか

     

    また落ち込んでみじめな気分になってしまうような

    ものごととらえ方(思考)を選択しているのではないか

     

    あるいはそれによって伴う感情や生理反応に

    無関心だったりすることを選択しているのではないか

     

    などというようなことについて

    振り返ってみるといいかもしれません。

     

    なぜならそれらのほとんどは

    無意識に選択されていたりするからです。

     

     

    しかしながら忘れてならないのは

    私達は他者をコントロールすることはできませんが

    自分の行為と思考はコントロールすることができる

    ということです。

     

     

     

    でもそれには

    なぜ私は「落ち込んでみじめな気分になること」を

    選択してきたのだろうという

     

    意識ではまだ気づいていない

    その選択の無意識の動機に目を向けて

    理解を深める必要があると思います。

     

     

     

    たとえば

    自分を犠牲にしてでも相手に尽くす、

    そうすれば私は相手にとって価値ある存在になれるだろう

     

    という思考を

    いつのまにか正しいものとして選択してきた場合、

     

    自ずと

    自分よりもまず相手の感情を満たす行為を優先する

    ということを選択しているはずです。

     

    ではなぜそのような思考をするようになったか

    ということを辿ると

     

    そうしなければ

    自分にとって重要な人達(主に親、先生、友達 など)

    から「否定されるかも」

    あるいは「見捨てられるかも」という怖れがあったり

     

    あるいは

    なんとなく親からそのような役割を期待され

    また望まれているように感じていたため

    その役割をしていれば愛されると思ってきたり

     

    また親自身も

    そのような生き方だったため

    知らないうちにその影響を受けてきて

    そうすることがあたりまえだと思うようになった

     

    などというように

    誰かによってもたらされた(あるいは影響された)

    ことによる思考だったりします。

     

     

    しかしそれは

     

    相手の欲求を満たす私には価値があるけれど

     

    自分の欲求を優先しようとする私には

    価値がないというものになります。

     

     

    したがって

    この場合は、

    条件付きの愛しか得られなかったことによる

    怖れと不安が動機となって

    行動を選択しているということがいえます。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    しかしながらこのように

    今自分が抱いている感情や体の状態(生理反応)は

    自分の思考や行為によるものであるという観点にたつと

     

    3つの選択肢が見えてきます。

     

    それは

    ・自分の求めているものを変える

     

    ・自分のしていることを変える

     

    ・自分の求めているもの、またそのための行為

     両方とも変える

     

     

    先ほどの例で行くなら

     

    ・他者によって自分が肯定されることを

     求めるのではなく

     自分自身が自分のことを認め受け入れていくようにする

     

    ・自分を犠牲にしてまでも

     他者の欲求に応えようとするのではなく

     まずは自分の欲求に気づいて、

     それを満たす行為を選択するようにする

     

    ・自分の存在価値を認めてもらうための

     行為(無理して頑張ること)はやめて

     自己肯定感を高めていくことを選択する

     

     そうすれば自ずと

     相手の感情ではなく

     自分の感情に責任をもつようになっていきます。

     

     またそれは

     相手の感情によって自分に間違った選択をする

     というようなことをしないで

     自分にとって望ましいことを選択するようになる

     ということでもあります。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    いずれにしても長期に渡って

    私達のこころの力を奪っていくことになりうる

    最も大きな原因は

     

    自分にとって最も重要で大切な人との

    関係がこじれてしまうことです。

     

    そうなれば

    その人を信頼することは難しくなります。

     

    また大嫌いになってしまう可能性もあります。

     

    ゆえにうまくかかわれない

    あるいは敵対関係のようになってしまうことも

    ありえます。

     

     

    しかしそうなったときこそ

    自分に問いかけることが必要です。

     

    それは

     

    自分にとって最も重要で大切な人とは一体誰なのか?  

    ということです。

     

    最初それは、

    親であるとか、恋人やパートナーであるとか、

    あるいはこどもであるとか、親友であるかのように思いますが

     

    でも突き詰めていえば

    それは自分なのです。

     

    ゆえに他者に対して

    自分以上に自分を重要で大切に思ってほしい

    などというようなことは、

    もともと期待できないことなのです。

     

     

    だからこそ

    自分の外側にある問題に目を向けて

    それをなんとかしようと頑張るよりも

     

    自分の内面に目を向けて

    何を選択することが

    自分にとって望ましいことになるのか

    ということを見つめ直すほうが

     

    人生は必ず好転していくものだと思います。

     

     

     

    では今日の最後に

    今現在、落ち込んでいてみじめな気持になっている人へ

     

    よろしかったらタイ人僧侶、ソムキャットさんによる

    「マインドフルネス瞑想セラピー」というお薬を

    今の自分に与えることを選択してみませんか?

     

    とても良薬になるものとしてお薦めいたします。

     

    では下記にそれをご紹介しますので

    興味のある方はぜひ試してみてください。

     

    そしてもしこれによって

    少しでもこころが楽になるようでしたら

    しばらく続けてみてください。

     

     

     

    https://www.youtube.com/watch?v=v09nboZMRIk

     

     

     

     

     

     

     

     

    夏のマインドフルネス体験講座のお知らせです♪

     

     

    開催日時 7月15日(日)

         13時から16時頃まで

    開催場所 メンタル ケア フォレスト

    参加費用 4500円

    対象とする参加者 15歳以上から大人の方で

             マインドフルネス瞑想+丹羽先生による

             「整体ボディケアで体とこころを楽にする方法」

             を学ぶという体験に興味がある方でしたら

             どなたでもけっこうです。

     

    定員 7名様まで

     

    その他・お願い

         ・マインドフルネスヨガ体操や歩行瞑想をしますので

          できるだけ動きやすい服装と歩きやすい靴+帽子で

          お越しください。

         

         ・お申し込みは、メンタルケア フォレストHPの

          ご予約専用メールからお申し込みください。

     

     

    また、お茶とお菓子+美濃市由来のささやかなプレゼント(毎回違うもの)

    をご用意しておりますので、どうぞお楽しみに。

     

     

    ではみなさんのご参加、こころから楽しみにしていますので

    どうぞよろしくお願い致します。

     

     

     

     

     

     

    *新メニュ=のお知らせ 

        マインドフルネス パーソナルコース

     

    個人でじっくりとマインドフルネスの心得を理解し

    一人でもマインドフルネスを実践していくことができるよう

    カウンセラーとマンツーマンで実践していくオリジナルのコースです。

     

    またこのコースは

    ・ストレスを溜め込みやすい

    ・こころがぶれやすい

    ・リラックスが下手で緊張体質

    ・感情のコントロールがうまくできない

    ・思考することが止めにくく、いつも頭の中が忙しい

    ・自己肯定感が低い

    ・執着心から自分を解放したい

    ・他者のことが気になって生き辛い

     

    ・自己実現したい

    ・集中力や創造力を高めたい

    ・こころに穏やかさと平和を保ちたい

    ・今よりも寛容で柔軟なこころを培いたい

    ・ストレスとうまくつきあえるようになりたい etc...

     

    というような悩みや問題、

    あるいは自己成長に役立つものと思います。

     

    ただしこのコースは

    初回面接を受けて下さった方に限ります。

     

    時間 2時間

    料金 16000円

     

    お申し込みは、当ルームのHPの

    ご予約専用メールからお願い致します。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

    そんなわけで 今日も 蓮の花をどうぞ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 深い絆が結べるには...
      Kumi
    • 深い絆が結べるには...
      まー
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      Kumi
    • 人と接するのが苦手な性格、これってカウンセリングで治るのでしょうか?
      チャッキー
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
      Kumi
    • マインドフルネスでネガティブ思考を手放す
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      Kumi
    • 私達の心を苦しめる正体
      とびなが
    • 自分と向き合うことってどんなこと?
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM