過去のできごとを後悔している人へ

2019.03.11 Monday 15:04
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    カナダの精神科医(エリック・バーン)は

    「人間は生まれた時に親から脚本を書かれている」

    と言いましたが

     

    この彼の理論は

    私達が生まれた時に

    すでに親の信条や願望、期待などが

    我が子へのシナリオとなっていて

     

    それを私達は受け取っているというものです。

     

     

    実際に思春期までの成長過程においては

     

    たとえば

    「男の子は男らしく、泣いたり弱音を吐いてはいけない」

     

    「女の子は女らしく、口ごたえなどしてはいけない」

     

    「成績は優秀でないと大人になって苦労する」

     

    「人と違うことをしたり、変わったことをしてはいけない」

     

    「いつも明るくて、たくさん友達ができるようにならないといけない」

     

    などというような

    それぞれの親のシナリオに沿って

    こども時代を過ごしてきたのではないでしょうか。

     

    しかしながら

    これはあくまで親の書いたシナリオです。

     

    ですから

    多くの場合は思春期を境に

    このシナリオの書き換えが始まります。

     

    これがいわゆる反抗期といわれるものですが

    言うまでもなく、ほとんどの親がこの時期は

    子どもに手古摺ります。

     

    なぜなら今までように

    もう子どもは自分の思い通りにはならず

     

    それどころか

    親がやってはいけないと思うこと

    またやって欲しくないと思うことを

    やらかすからです。

     

    しかしながら

    子どもの方からすると

     

    親に肯定されることが必要な自分から

    自分によって自分を肯定するのに必要な

    自我を形成し、確立していく必要があります。

     

    なぜなら精神的自立とは

    自分自身を頼って生きていけるようになることだからです。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    思い返すと

    私も人生の前半は、親の肯定フィルターを通すと

    「まるでダメ子」でした。

     

    それぐらい何度も何度も

    親に心配をかけ、また失望させました。

     

    またその間は

    親のことも大嫌いでした。

     

    でも今思うに

    それこそが、親からもらったシナリオを

    自分独自のものへと書き変える試みだったと思います。

     

     

    しかしながら長い歳月が流れ

    まるでダメ子も年を取り

     

    今現在、両親に思うことは

     

    「いろいろ迷惑かけたけれど

     この私を最後まで見捨てずにいてくれてありがとう。

     生んでもらい、育ててもらったことに

     こころから感謝しています。」

    という気持ちになりました。

     

    そしてよく悪くも 

    今までの経験全てを含めて

    これが私で それでいいのだ

    と思っています。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    いずれにしても

    私達が思い通りにすることができるのは

    自分の人生シナリオだけです。

     

    またそれを書き換える時は

    失敗や挫折の経験を味わうかもしれません。

     

    それによって

    周りの人を傷つけたり

     

    あるいは

    その反対に他者から否定されることも

    あるでしょう。

     

    しかしたとえそうであったとしても

    「自分の道を行く」という思いは

    とても大切だと思います。

     

    なぜなら

    それが自立への道程だからです。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    それゆえもし今、

    過去の過ちや失敗を思い出して

    後悔している人がいたら

     

    もしかしてそれは

    親からもらったシナリオと違う結果に

    なっているからではないでしょうか?

     

    だとしたら

    それは自分が自分になる(自我を確立する)ためには

    むしろ必要な経験だったともいえます。

     

    でもそれは

    いつの場合も後になってみないと

    わからないものです。

     

    いずれにしても

    自分の人生のシナリオは

    必要であれば何度でも書き変え可能です。

     

    肝心なことは

    そのシナリオでいいのかどうかという肯定を

     

    他者に求めるのではなく

    自らに求めていくようにすること

    ではないかと思います。

     

     

     

    では今日の最後に

    苫米地英人氏(認知科学者)の言葉をご紹介して

    終わります。

     

    現在はベストの選択がもたらしたベストの結果です。

     

    現在がベストだと認識することができれば

    過去にどんなに辛く、悲しいできごとがあったとしても

    その記憶にはその人の精神を不安にさせる力はありません。

     

    また主体的な人生を繰り返していけば、

    時間とともに、

    さらによりよい未来がやってきて

    現在になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *新メニュ=のお知らせ 

        マインドフルネス パーソナルコース

     

    個人でじっくりとマインドフルネスの心得を理解し

    一人でもマインドフルネスを実践していくことができるよう

    カウンセラーとマンツーマンで実践していくオリジナルのコースです。

     

    またこのコースは

    ・ストレスを溜め込みやすい

    ・こころがぶれやすい

    ・リラックスが下手で緊張体質

    ・感情のコントロールがうまくできない

    ・思考することが止めにくく、いつも頭の中が忙しい

    ・自己肯定感が低い

    ・執着心から自分を解放したい

    ・他者のことが気になって生き辛い

     

    ・自己実現したい

    ・集中力や創造力を高めたい

    ・こころに穏やかさと平和を保ちたい

    ・今よりも寛容で柔軟なこころを培いたい

    ・ストレスとうまくつきあえるようになりたい etc...

     

    というような悩みや問題、

    あるいは自己成長に役立つものと思います。

     

    ただしこのコースは

    初回面接を受けて下さった方に限ります。

     

    時間 2時間

    料金 16000円

     

    お申し込みは、当ルームのHPの

    ご予約専用メールからお願い致します。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

    そんなわけで 今日も 蓮の花をどうぞ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      Kumi
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      Kumi
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      ユカ
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      とびなが
    • 深い絆が結べるには...
      Kumi
    • 深い絆が結べるには...
      まー
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM