素直に生きるということ

2019.03.13 Wednesday 22:52
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    いつも私の記事を読んでくださってる人の中には

    自分の気持ちをそのまま表現することができない

     

    そんな自分を

    情けなく思い、ついつい責めてしまう

    という人がいるかもしれません。

     

    それによっていつのまにか

    「こんな私ではだめだ」

    思い悩んでいる人もいるかもしれません。

     

    でもそれは

    見方を変えると

     

    自分だけではなく

    他者の気持ちをも考えることができるから

     

    もっというと

    他者の感情を読み込むことが得意ゆえ

    なるべく相手を不快にさせないよう配慮することができる

    からではないでしょうか。

     

     

    ゆえに

    たとえば何か嫌なことを押しつけられ

    そうになったときでも

     

    まずは相手の気持ちを優先して

    その結果、

    また上手く断れなかった=ダメな私

     

    というふうに思ってきたかもしれないけれど

     

     

    でも実は

    それって、こどもにはできないことなんですよ。

     

    たとえばわんぱくざかりの元気なこどもに

    「テレビばかり見てないで、これ手伝ってちょ〜だい!」

    と頼む。

     

    「やだ〜! テレビみたいもん!」と平気で返答した。

     

    それは誠にこどもらしく素直であるとともに

    気持のいいものであろうと思う。

     

    でもそれは

    こどもというのは

    自分の方からだけしか

    ものごとを見ることができないゆえ

     

    感じたことをそのまま言い放つことができる

    ということでもあります。

     

    よって

    そのまま大人の社会に出ようものなら

    それこそ対人関係においては

    思わぬところで人を傷つけ、ひんしゅくをかうなど

     

    対立や衝突の連続で、大変なことになるでしょう。

     

    ということは

    思ったことをそのまま素直に言うことができない

    ということを

     

    何も闇雲に恥じたり責めたりする必要などないのです。

     

     

    でも現代はSNSなどで

    他者の気持ちなど全く考えず

    平気で他人を傷をつけるような

    子どものような大人が増えつつあるように思います。

     

    しかし大人の社会においては

    時に抑えることも必要なわけで

     

    そういう意味では

    なんでもかんでも思った通りに表現すること、

    イコール素直な生き方ではなく

     

    ある程度は

    自分の心に留めたり

    あるいは流す力も必要ではないかと思います。

     

     

    しかしそれと同時に

    あまりに自分の感情を抑え過ぎてしまうと

     

    やがてこころの中は不快感情でいっぱいになり

    そんな自分が嫌になってしまうかもしれません。

     

     

    じゃあ、いったいどうしたらいいの?

    ということですが

     

     

    自分の素直な気持ちや感情を

    どうにかしようとする必要などない

     

    嫌いなものは嫌い

     

    イヤなことはイヤ

     

    どんなネガティブな感情であったとしても

    ありありと感じるままを感じていい

     

    という許可を自分に与えてあげるといいと思います。

     

    ただしそれを表現するかしないかは

    大人のあなたが決める

     

    なぜなら思ったことをそのまま言い放つことが

    許されるのはこどもだけであって

     

    大人の社会においては

    自分が投げる球がどのように戻って来るか

    そのリスクは自分が負わねばなりません。

     

     

     

    ですから

    たとえば自分にとって

    どうでもいい人から

     

    とても不快な言い方をされた

     

    本当は「その言い方、失礼じゃないですか!」

    と言いたい

     

    でも言えない自分が弱い 情けない

     

     

    じゃなくて・・・

     

     

    わざわざ自分の素直な感情を

    よく知らないどうでもいい人にぶっつけて

    こちらの気持ちをわかってもらおうとするより

     

    適当に「はいはい」と言って

    なるべく関わらないようにした方が

     

    不必要な対立を避けられるかもです。

     

    またその方が

    あんな失礼な奴と思った人のやりとりは

    こころから速やかに流れていく。

     

    ハイハイ〜 そして バイバイ〜 という感じで。

     

     

    それも一つの処世術ではないでしょうか。

     

     

     

    では今日の最後に枡野俊明(住職・多摩美術大学教授)

    の言葉をご紹介して終わります。

     

     

    自分に素直でいることと

    それを相手に押しつけることは違うものです。

     

    自分の気持ちに素直に生きていたい、誰もがそう願っています。

     

    しかしそれが100%叶うことなどありません。

     

    もしも100%素直に生きようとすれば、

    それこそ逆風の中を突き進むようなもので、

    それではあなたが疲れ切ってしまうことになります。

     

    素直に生きるということは

    素直な自分の心を大事にすることだと思います。

     

    いつもその気持ちと向き合ってください。

     

    それさえできれば、自分の心を見失うことはないのですから。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *新メニュ=のお知らせ 

        マインドフルネス パーソナルコース

     

    個人でじっくりとマインドフルネスの心得を理解し

    一人でもマインドフルネスを実践していくことができるよう

    カウンセラーとマンツーマンで実践していくオリジナルのコースです。

     

    またこのコースは

    ・ストレスを溜め込みやすい

    ・こころがぶれやすい

    ・リラックスが下手で緊張体質

    ・感情のコントロールがうまくできない

    ・思考することが止めにくく、いつも頭の中が忙しい

    ・自己肯定感が低い

    ・執着心から自分を解放したい

    ・他者のことが気になって生き辛い

     

    ・自己実現したい

    ・集中力や創造力を高めたい

    ・こころに穏やかさと平和を保ちたい

    ・今よりも寛容で柔軟なこころを培いたい

    ・ストレスとうまくつきあえるようになりたい etc...

     

    というような悩みや問題、

    あるいは自己成長に役立つものと思います。

     

    ただしこのコースは

    初回面接を受けて下さった方に限ります。

     

    時間 2時間

    料金 16000円

     

    お申し込みは、当ルームのHPの

    ご予約専用メールからお願い致します。

     

     

    私とのセッション(カウンセリング)をご希望される方は
    下記のHPをご覧になってください。
    ご縁のある方と共に、よいセッションを創っていきたい
    と思っています。


    http://mc-forest.com

    メンタルヘルス


    ブログ村のランキングに参加中です。

     

    よろしかったら、カエルさんポチッ!

    とクリックしてやってください。

    とても励みになります。(^^)

    そんなわけで 今日も 蓮の花をどうぞ。

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      Kumi
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      Kumi
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      ユカ
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      とびなが
    • 深い絆が結べるには...
      Kumi
    • 深い絆が結べるには...
      まー
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM