曼荼羅アートの癒し効果 

2019.04.09 Tuesday 15:49
0

    春のマインドフルネス体験講座のお知らせです♪

    日時 4月29日(月) 昭和の日 13:00~16:30

    場所 メンタル ケア フォレスト

    定員 7名まで

    対象となる参加者 中学生以上の成人

    参加費用 大人 5000円 学生 4500円

    準備するもの 必要なものは全てこちらで準備しますので

           特にありませんが、

           マインドフルネスヨガ体操、

           またお天気次第では歩行瞑想を行う予定ですので、

           歩きやすい靴+動きやすい服装でお越し下さい。

     

    特典 ハーブティとスィーツ+当ルームのある

       美濃・うだつの町から調達した

       スモールプレゼントをどうぞ。(^^)

       

     

    ゲスト講師  Victoria 曼荼羅アート

     

    主催者 森久美子は、今回「手放すことで幸せになる」という講話と

    いくつかあるマインドフルネス瞑想スタイルの中から

    3つのスタイルを抜粋して、体験していただけるよう務めさせていただきます。

     

    みなさんのご参加、こころから楽しみにしています。

     

    ♥お申し込みは、下記のHPアドレスをクリックして

     ご予約専用メールにてお申込み下さいませ。

     

    http://mc-forest.com

       

       

     

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     

     

    みなさん、こんにちは。

     

     

    今日は、なぜ曼荼羅アートには

    ヒーリング効果があるのかということについて

    書いてみようと思います。

     

    その前に曼荼羅とは、

    マンダは「本質」、ラは「有する」という意味で

    「本質を有する」という意味であるそうです。

     

    またマンダは「円」」であり、聖なる中心を

    意味しており、ラは区切るという意味から

    「本質の器」とも言われています。

     

     

    いずれにしても

    曼荼羅とはとても奥の深いもので

    宗教によってもそのとらえかたや

    また活用の仕方が異なります。

     

    しかしながら

    どの曼荼羅においても共通していえることは

    「自然と地球」を意識することができる

    ということです。

     

    でもこのような説明では

    ちょっとピンとこないかもしれません。

     

    それゆえ写真を見ていただくといい

    思うのですが

     

     

     

    これは葉牡丹ですが 中心から広がる美しい世界が

    そこにあるのがわかります。

     

     

     

    次はタンポポですが、これも真ん中を中心にして

    絶妙なバランスを保ちながら花びらが開いています。

     

     

     

    さて次は木の切り株の写真ですが、

    実は木にも曼荼羅は存在します。

     

    木は毎年、新しい年輪を刻んでいきますが

    年輪の明るい方は、春に形成されたもので

    暗い部分は夏か秋の初めに形成されるそうです。

     

    年輪を見るだけで、その生育環境もよくわかるそうでうが

    これらはすべて自然の織りなす技とも言えます。

     

     

     

     

    また木を下から見上げてみると

    木を中心軸にして枝が円を描くように

    広がっているのがわかります。

     

    このように自然界の命にはすべて中心があり

    またそのバランスは、それぞれにおいてパーフェクトです。

     

     

     

     

    そして今月29日(昭和の日)に開催する

    マインドイフルネス体験講座では、

    ゲスト(Victoria 曼荼羅アーティスト)をお招きして、

    石ころの上に曼荼羅を描くことを楽しむ時間を設けていますが

     

    それによって

     

    *自分と向き合う静かな時間を持つことができる(描く瞑想)

     

    *集中力と直感力が育ちます。

     

    *散らかっていた頭の中がクリアになります。

     

    *それによって心の中が整理されます。

     

    *ストレスや不安を低減できる

     

    *無心になって色と戯れることで

     創造力が養われます。

     

     

     

     

     

    またかの有名な心理学者ユングは

    クライアントの関わりの中で、

    その治癒過程において

    曼荼羅アートを積極的に取り入れたそうですが

     

    それは回復期にあるクライアントに絵を描かせてみると

    曼荼羅的な図を描くということが、

    その研究でわかってきたからです。

     

     

     

     

    確かに、こころが弱ってくると

    主体性がなくなり、ゆえに安定性もなくなり

    まるでこころがバラバラになってしまうような

    感じに陥りますが

     

    真ん中を中心に

    自分独自の色と図柄でバランスをとりながら

    描く曼荼羅は

     

    こころを統合し、自己肯定を高めることで

    個性化の回復に大きな効果があると思います。

     

     

     

     

    そんなわけで

    崖っぷちのカウナセラーも、ここのところ

    よく曼荼羅アートを楽しんでいますが

     

    その後、腕はちょっと疲れますが

    妙に頭はスッキリした感じになる

    ということに気づきました。

     

    また、あらためてうちの中を見回してみると

    テーブルクロスやタペストリー、

    またカーペットなどが

    すべて曼荼羅模様であることにも

    気づきました。

     

     

    どれもただ好きだから

    という理由で購入したものですが

    やはり直感で選んだものは、GOOD! のようです。(^^)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      Kumi
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      Kumi
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM