ご縁と信頼関係

2019.05.13 Monday 01:32
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    私は4月に入ってから

    毎朝マインドフルネスヨガをやるようにしている。

    そのせいか、ほんの少しではあるが、

    お腹周りはすっきりし

    体調もすこぶる調子がいい。

     

    しかしながら

    整体の施術を受けてみると

    やはり体のあちこちに歪みが生じていることに

    気づかされるのである。

     

     

    それゆえ私は

     

    体のどこかに痛みがあるないにかかわらず

    毎月1回、定期的に体を整えてもらうことで

    自分の体と対話するようにしている。

     

     

     

     

    そして実は私のところでも

    そのように定期的にカウンセリングを利用されている

    人たちが、けっこういらっしゃる。

     

    思い起こせばその方達は

    ある時期、私をしっかり鍛えてくださった人達で

     

    どの人とも、共に困難な状況の中を

    一緒にくぐり抜けてきた歴史がある。

     

    多くの場合、

    カウンセリングを始めたばかりの頃は

     

    誰しもよもや自分の中に

    自分を癒し、治す力や

    あるいは再び人生をやり直す力がある

    などとは、なかなか思えないものである。

     

    それゆえ

    カウンセリングを続けていくことを

    迷われる時もある。

     

    実際、中断してはまた再開するる

    ということを何度も繰り返された人もみえる。

     

     

     

    しかしながらある時点で、

     

    自分と向き合うという選択を信じよう

     

    最終的にはそれしかない

     

    それゆえある程度納得のいくところまで

    自分の選んだこと(カウンセリング)を続けよう

    ということをコミットされたことで

     

    結局は自らの力で

    困難を乗り越え越えていかれた人達というのは

     

    その後、カウンセリングを必要とするゆえ

    来院されるというよりは

     

    時にカウンセリングというものを利用することにより

     

    こころの整理をしたり

     

    あるいはバランスの偏りに気づくことで

    体とこころを調えたり

     

    またどんなことであっても

    自分による意思決定をするために

    自らと向き合う

     

    などというように、

    個々の目的をもって

    受けに来られているように思う。

     

     

    いずれにしても

    カウンセリングというのは

    クライアントさんによって継続する意志がなければ

    その有効化も期待できない。

     

    それゆえ

    私としては

    いかにクライアントさんとの信頼関係を築いていくか

    ということが、一番重要だと考えている。

     

     

    しかしながらこういったことは、

    そもそもお互いの相性が合わなければ難しい。

     

    というのも

    クライアントさんにしてみれば

     

    少なくとも1時間はカウンセラーと一つの空間を共にし

    お互いの顔を突き合わすことになるからである。

     

    しかも誰にとっても一番大切なこころを

    こちらからの質問によって開かれていくわけだから

     

    なんとなくその相手の物言いが勘にさわったり

    あるいはその空間(カウンセリングルーム)に

    抵抗が生じるようであれば

     

    やはり長く続けていくことは難しいことと思う。

     

     

     

     

    そういう意味では

    カウンセリングを有効化するのに

    一番重要ともいえる信頼関係を共に築くことができた人

    というのは

     

    やはり縁の力というのものが

    作用しているのではないかと私は思っている。

     

     

    また不思議なもので

    縁というのは、どちらにとっても

    出会う必然性があったと思えるのだ。

     

    それはもしかすると

    クライアントさんの方は

    私だから自分のこころを開き

    見つめる作業ができたということかもしれないし

     

    また私の方からすれば

    そのクライアントさんとの臨床経験があったからこそ

    得られた学びが必ずあるからである。

     

     

     

     

    では今日の最後に私の好きなフランスの小説家

    Maecel Ploust の言葉を贈ります。

     

     

    We don,t recive winsdom,

     

    We must discover it for ourselves

    after a journey that no one can take for us

    or spare us

     

    知恵は授けられるものではない。

     

    それは他人に代ってもらえない

    免れることのできない旅の果てに

    自ら発見しなければならないものである。

                      

     

     

    本当に大切なことは

    あなたのこころが知っているよ。
     

    あなたのこころの声に

    素直に耳を傾ければ

    きっとあなたにとって必要なこと

    また必要な人に出会えるかもですよ。

     

     

     

     

     

     

    *蓮の花がにっこり講座のお知らせとご案内

     

    ・この講座は毎月第一週目の木曜日に当ルームにて開催します。

     

    ・時間は13時から14:30まで

     

    ・定員は1回の講座につき5名様まで

     

    ・参加費用はお一人様3500円

     

    ・最初の講座は6月6日(木)13時からです。

     

    ・毎回は、楽しくマインドフルネスについての

     理解を深め、ともに体験し、

     参加者全員がにっこりとほほ笑んで

     終わることができるような講座にしたいと思います。

     

     

    *マインドフルネストレーナー(MCF認定)

     ご希望の方は

     

    1)・マインドフルネス体験講座(ゲスト講師の時間は省く)

      ・マインドフルネスパーソナルコース

      ・「蓮の花にっこり講座」

      などを受けていただいた受講時間が全部で48時間あること

      

      ちなみに4月29日のマインドフルネス体験講座に参加された方は

      私のレクチャーは2時間でした(ゲスト講師の時間は省く)ので、

      それが受講時間となります。

     

    2)またその間に、

      それぞれマインドフルネスを日々実践することによって

      

      ・咀嚼瞑想

      ・呼吸法

      ・ボディスキャン

      ・マインドフルネスヨガ

      ・静座瞑想

      ・歩行瞑想

      

      など6つの瞑想法を身につけ、それらを人に教えることができる

      ようになるまで練習します。

     

    3)48時間分、受講したら

      マインドフルネスを実践してきたことによって

      自分がどのように変化し成長したかについての

      レポートを作成し、提出していただきます。

     

    4)マインドフルネス体験講座や蓮の花にっこり講座

      などで、実際にレクチャーしていただきます。

     

    ご希望の方は、受講時間カードをお渡ししますので

    いつでもお申込み下さい。

      

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      Kumi
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      Kumi
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      ユカ
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM