理想の自分を手放して、孤独にさようなら

2019.06.04 Tuesday 22:50
0

     

     

    みなさん、こんにちは。

     

     

     

    かつて私は

     

    人に頼ってはいけない

     

    また弱みを見せてはいけない

     

    そしてどんなことも

    自分で解決しなくてはいけない

     

    それが自立することと思っていました。

     

    またそうでなければ

    当然、他者にも認めてもらえず

     

    ゆえになんとしても

    そういう自分にならなければ

    誰にも愛されないと思っていました。

     

    でも実際は

    そのように自分を規制すればするほど

     

    苦しくなり

     

    にもかかわらず、

    外向きには大丈夫な自分を演じて

     

    そうしているうちに

    だんだん心が疲れてきて

     

    誰との関係性もギクシャクし

    いつしか自信を失くしていきました。

     

     

    それゆえ

    自分の意に反して

     

    人に頼らなければならないことになり

     

    またその相手に

    弱みをさらけだすことにもなり

     

    結果的には

    多くの人に迷惑をかけ

    助けられ、支えられ、励まされて

     

    なんとか

    人生の難所を乗り越えてくることが

    できました。

     

     

    しかしそれによって私は

     

    誰にも頼らず

     

    また誰にも弱みをみせないで

     

    たった一人で

    生きていくことなどできない

     

    という自分の弱さを思い知り

    ある時期、それをはっきりと認めました。

     

     

    でもそれを認めたことによって

    頑なだったこころは

    だんだんやわらかくなり

     

     

    時に頼る必要のあるときは頼ってもいい

     

    欠点や弱みがあるからといって

    嫌われるわけではない

     

     

    と思えるようになったのです。

     

     

    人というのは

    自分の欠点や弱さを認め、受け入れた分だけ

    自己を受容することができます。

     

    またその分だけ、

    他者をも受容することができます。

     

     

    そしてそれが

    ありのままの自分であっていいという

    本当の意味での自信になります。

     

     

    そういう意味では

     

    人に頼ってでも、自分を救おうとすること

     

    またそのためには

    自分のこころを開いて

     

    受け入れがたい自分の部分を

    さらけ出すことを許すこと

     

    それらは自立しようとする

    こころの強さの表われだと思います。

     

     

    いずれにしても

    人生を育てる作業は、誰しも一人ではできません。

     

    作物を育てていくのに

    太陽や水や肥料がいるように

     

    私達も

    それに代わる人が必要で

     

    それにはそういった人間関係を育て

    築いていく必要があります。

     

     

    そしてそのためには

    理想の自分にならなければならない

    という思いを手放して

     

    今現在の自分を認め受け入れることから

    始めていかれると、いいのではないかと思います。

     

     

    そうすることで自らのこころの窓は開かれていき

    同じように他者のこころも開いていきます。

     

    またそれによって

    お互い心を触れ合わすことができると思います。

     

     

    すると

    自分というものは一人であっても

    決して独りぼっちではない

    というこころ強さを感じられることと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *蓮の花がにっこり講座のお知らせとご案内

     

     

    ・この講座は毎月第一週目の木曜日に当ルームにて開催します。

     

    ・時間は13時から14:30まで

     

    ・定員は1回の講座につき5名様まで

     

    ・参加費用はお一人様3500円

     

    ・最初の講座は6月6日(木)13時からです。

     

    ・毎回は、楽しくマインドフルネスについての

     理解を深め、ともに体験し、

     参加者全員がにっこりとほほ笑んで

     終わることができるような講座にしたいと思います。

     

     

    *マインドフルネストレーナー(MCF認定)

     ご希望の方は

     

    1)・マインドフルネス体験講座(ゲスト講師の時間は省く)

      ・マインドフルネスパーソナルコース

      ・「蓮の花にっこり講座」

      などを受けていただいた受講時間が全部で48時間あること

      

      ちなみに4月29日のマインドフルネス体験講座に参加された方は

      私のレクチャーは2時間でした(ゲスト講師の時間は省く)ので、

      それが受講時間となります。

     

    2)またその間に、

      それぞれマインドフルネスを日々実践することによって

      

      ・咀嚼瞑想

      ・呼吸法

      ・ボディスキャン

      ・マインドフルネスヨガ

      ・静座瞑想

      ・歩行瞑想

      

      など6つの瞑想法を身につけ、それらを人に教えることができる

      ようになるまで練習します。

     

    3)48時間分、受講したら

      マインドフルネスを実践してきたことによって

      自分がどのように変化し成長したかについての

      レポートを作成し、提出していただきます。

     

    4)マインドフルネス体験講座や蓮の花にっこり講座

      などで、実際にレクチャーしていただきます。

     

    ご希望の方は、受講時間カードをお渡ししますので

    いつでもお申込み下さい。

      

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    • 「ねばならない思考」が生む生き辛さ
      Kumi
    • 頑張っても頑張っても満たされないこころ
      Kumi
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM