自分を相手に置き換える想像力

2019.07.07 Sunday 23:07
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    人は誰でも、

    わざわざお互いのことを悪く言い合うような

    対人関係を望んではいないにもかかわらず

     

    気がつくと

    そうではない関係になってしまっていることがある。

     

    そして大抵の場合は

    どちらもその原因は相手にあると思っているため

     

    なんとか相手を変えようとしているうちに

    こじれていく。

     

    あ〜・・・

    思い返すと、

    私自身も、今までに何回そのようなことで

    相手にイラついたり、責めたり、怒ったりしたことだろう。

     

     

     

    でも今思うと

    やはりその時は、私は自分が正しいと思い込んでいるため

    相手さえ変われば、問題なくうまくいくはずだ

    と信じて疑わなかったのである。

     

     

    しかしよくよく考えてみたら

    人の正しさは人の数だけあると言われるように

     

    相手からすれば

    私とは違う正しさを理解してもらいたかった

    のかもしれない。

     

    またもしかすると

    私が正しいとわかっていても

     

    「だからおまえが変わるべきである」

    というのは

     

    逆の立場であれば

    抵抗が生じるのはあたりまえのことだといえる。

     

     

    そうしてみると

    正論を振りかざして、

    相手を変えようとすることは

     

    結局はお互いの関係に亀裂を生じさせることになる

    ということが、ようようわかってきた。

     

    とはいうものの

    黙って自分の正しさを

    素直に引込めることができるかというと

    なかなかそれは難しい。

     

     

    しかしながら

     

    悩み始めたら

    「initiative for change 」

    という言葉を思い出すようになってからは

     

    自分から相手を変えようとし過ぎることで

    敵対関係となり決裂してしまう

    ということはなくなった。

     

    この言葉は、

    100歳を越えても現役医師であった

    今は亡き、日野原重明氏によるものであるが

     

    それは

    何かを変えようと思うのであれば

    自分自身が主体になることである

    という意味であるが

     

    私にとっては

    実に大切な言葉だと思い、こころに留めたのである。

     

     

    それからは

    対人関係に悩み始めたら

    その言葉を思い出し

     

    どう私が変われば、ものごとはよくなるか

    ということも考えられるようになってきた。

     

     

    でももちろん

    まだまだ完全にとは言えない。

     

    未だ修行中の身ではあるのだが

     

    しかし相手を変えようとすることは

    途方もなく骨が折れることで

    ゆえに自らの悩みを深くすることになる

     

    というのも

    それはもともと自分の欲望を満たすこと

     

    つまり自分の我儘が

    ブーメランのように戻ってくるということが

    はっきり想像できるようになってきた。

     

    ほんの少しではあるが

    以前よりは成長しつつあるのかもしれない。

     

     

     

    ちなみに日野原重明氏は

     

    「自分を相手に置き換える想像力

     を身につけたいものである」

     

    という言葉も残しておられますが

     

    これこそが

    あらゆる対人関係を良好にしていくための、

    最大の教えであると私は思っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *蓮の花がにっこり講座のお知らせとご案内

     

     

    ・この講座は毎月第一週目の木曜日に当ルームにて開催します。

     

    ・時間は13時から14:30まで

     

    ・定員は1回の講座につき5名様まで

     

    ・参加費用はお一人様3500円

     

    ・次回の講座は 8月8日(木)13時から です。

     

    ・毎回は、楽しくマインドフルネスについての

     理解を深め、ともに体験し、

     参加者全員がにっこりとほほ笑んで

     終わることができるような講座にしたいと思います。

     

     

    *マインドフルネストレーナー(MCF認定)

     ご希望の方は

     

    1)・マインドフルネス体験講座(ゲスト講師の時間は省く)

      ・マインドフルネスパーソナルコース

      ・「蓮の花にっこり講座」

      などを受けていただいた受講時間が全部で48時間あること

      

      ちなみに4月29日のマインドフルネス体験講座に参加された方は

      私のレクチャーは2時間でした(ゲスト講師の時間は省く)ので、

      それが受講時間となります。

     

    2)またその間に、

      それぞれマインドフルネスを日々実践することによって

      

      ・咀嚼瞑想

      ・呼吸法

      ・ボディスキャン

      ・マインドフルネスヨガ

      ・静座瞑想

      ・歩行瞑想

      

      など6つの瞑想法を身につけ、それらを人に教えることができる

      ようになるまで練習します。

     

    3)48時間分、受講したら

      マインドフルネスを実践してきたことによって

      自分がどのように変化し成長したかについての

      レポートを作成し、提出していただきます。

     

    4)マインドフルネス体験講座や蓮の花にっこり講座

      などで、実際にレクチャーしていただきます。

     

    ご希望の方は、受講時間カードをお渡ししますので

    いつでもお申込み下さい。

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      Kumi
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      とびなが
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM