イーロン・マスクの夢

2019.09.12 Thursday 14:29
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    いつも私のブログを読んでくださって

    ありがとうございます。

     

     

     

    今日はまず最初に

    このたび台風15号によって多大なる被害を受けた

    千葉県のみなさまに、こころよりお見舞い申し上げます。

     

    昨年は、私の暮らしている地域においても

    台風による水害や土砂崩れなどの被害にあわれた人が

    たくさんおられました。

     

    また私のところでも

    物置小屋のトタンが吹っ飛んだり

    トイが曲がってしまったり

    などというような被害を受けましたが

     

    その時の恐怖は

    今でも忘れられません。

     

    また知り合いの中には

    最も大きな被害を受けた地域にお住いの方もみえて、

     

    その方はショックやストレス、

    また過酷な復旧作業が続く中、

    少しづつ弱っていかれ、

     

    多くの人が台風を忘れかけた頃になっても

    咳が止まらず、声枯れして十分に声が出せない

    という状態が続いていました。

     

    このたび千葉県南部を襲った台風により

    あらためてまたそのことを思い出しましたが

     

    みなさんもちょっと想像してみてください。

     

    自然災害により

    いつも通りの暮らしが破壊されるかもしれない

    という恐怖、

    それは相当のストレスです。

     

    また実際に破壊されてしまっちゃときのショック、

    これはもちろんこころにも大きな痛手を被ります。

     

    しかも中には

    大切な人を亡くしたり

    負傷したり

     

    それでも、

    そんな中からまた立ち上がって生きていくには

    相当、こころの力を必要とするのではないでしょうか。

     

    またそこまでのことはないにしろ

    現在、千葉県南部の被害状況などを聞くと

     

    場所(館山市・南坊総市・鴨川市 etc・・・)によっては

    今なお停電や断水、また携帯など通信機器なども繋がらず

     

    また食料・飲料・ガソリン・電池・ブルーシート etc...

    生活するために必要なものすべてが足りていないようです。

     

     

    でもネットによると

    テレビ等では、千葉県の中央部から県北ばかりが

    報道の対象になっているとのことです。

     

    もし自分が、あるいは自分の家族が

    この猛暑の中、そんな過酷な状況に置かれたら

    と思うとゾッとするのではないでしょうか。

     

     

    しかしながら、今なお現実に、

    その状況の中、毎日を懸命に生きている人達がいらっしゃいます。

     

    そう思うと

    微弱ながらも自分ができることは何か とか

     

    あるいはこういったとき

    国は、いったいどう対処していくのか

     

    いろいろと頭の中を駆け巡ります。

     

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    さて話は変わりますが

    昨夜、またイーロン・マスクの夢を見た。

     

    どうしてなのか自分でもよくわからないけれど

    約1か月前にも、この人が夢の中に出てきて

     

    それは彼が、新しいビジネスのために

    私をスカウトする夢だった。

     

    我ながらなんともめでたい話だと思うが

    なんと私はその夢の中で、

    その誘いに対して考え込んでしまい

    返事が出せない自分に苛立っていたところ、

     

    彼の方から、「やはり君には適任ではないようだから」

    ということで断られた。

     

    その日の夢日記に綴られていた感想は

    「どうやら私が小心者であることをイーロンに

     見抜かれたらしい。トホホ・・・。」

    と書かれていた。

     

     

     

    しかし昨夜の夢では

    イーロンは私のクライアントだった。

     

    彼はヘッドギアみたいなものをつけていて

    それは共感測定機器だと説明した。

     

    そしてそれをつけていると

    私から出ている波動が、共感波動であるか否かが

    測定されるというのである。

     

    「マジか!」と思っていささか怯んだけれど

    こうなったら徹底的にイーロンの立場に自分を置き換えて

     

    イーロンのようにものごとをとらえてみることで

    なぜイーロンがそのように感じるかを理解しようと

    務めていたら・・・

     

    いきなり彼が

    「わかった! 僕は悲しかったんだ。

     恐らくずっと悲しかったんだ。

     

     でもまだそれは、

     脳のレベルゆえ、言葉でそれがわかっただけで

     なんか足りない感じだ。」

     

    みたいなことを言ったような気がする。

     

     

    その時、共感測定機器の針は右へ振っていたので

    right=共感できた と私は勝手に解釈していた

    ような気がする。

     

     

    なんとも不思議な夢だけど

     

    地球がイーロンになって現れたような気もするし

     

    地球に対する私の思いがイーロンになって

    いたような気もするし

     

    単純に私のある一つの人格が

    イーロンに成り代わっていたような気もするのだが

     

     

    いずれにしても私が

    彼にとても強い興味を抱いているのは確かだ。

     

     

    なにしろ火星移住計画を真剣に考えていて

    実際にそれを実現化するために、

    莫大な費用を投資し続けている人物である。

     

    でもそれって

    恐らく彼は、いずれ人間は地球に住めなくなる日が来るだろう

    という予見に基づいてやっていることだろうから

     

    もしかすると

    そのとき、誰を地球に残し、誰を火星に移住させるか

    その選別は共感力測定機器で決めるのかも・・・

    などと私は勝手に想像したのである。

     

    でもそうすれば、少なくともまた移住先の火星を

    今のような地球にしてしまうような人は

     

    みごとに共感力測定機器にひっかかり

    壊れた地球に残されることになるだろうと思うのである。

     

    実際に人としての価値が共感能力の高さにある

    というのが判定基準になれば

     

    偏見や差別、過度な競争もなくなり

     

    ゆえに戦争や貧富の差もなくなり

     

    そうすれば

    人々の生き方も

    地球=自分の母体=宇宙エネルギーとの繋がり

    を大切にしたものへと変わっていくのではないかと思う。

     

    またそれによって地球そのものが回復していくことだろう。

     

    そう考えると

    今私が興味をもって勉強している波動医学なども

     

    生命=エネルギー、

    ゆえに生命体とは波動エネルギー体という物理学を

    基にしたものであるが

     

     

    基本的には宇宙エネルギーを受け取るためには

    不自然な行為・食事・思考など

     

    人は、自然から遠ざかるほど、病気に近づく(医聖ヒポクラテス)

    ということに行き着くと私は思っている。

     

    ちなみに波動医学においては

     

    怒り、恨み、嫉妬、悲しみ、不信感、自己否定感 = 波動の乱れ → 病に向かう

    喜び、笑い、思いやり、信頼感、自己肯定感 = 正常な波動 → 健康

     

    であると考えられている。

     

    それゆえ私は

    波動医学のルーツともいえる

    ヨガや瞑想(マインドフルネス)などによって

     

    体やこころに有害となる気のエネルギーを

    外へ吐きだし、浄化するということを

    ことのほか大切に考えている。

     

     

     

    さてもし波動医学に関して興味のあるとか

    また私のように現代医療のあり方に疑問をもつ人がいたら

     

    「未来を救う「波動医学」/舩瀬俊介」 という本を

    読まれることをお薦めします。

     

    またイーロン・マスクに関しては

    ネットを検索していただけば、

    彼に関する賛否両論の情報が

    かなり得られますが

     

    ここでは彼の人となりを表わしている文を

    紹介して終わります。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

    なぜそんなに大きなビジネスをいくつも成功させることが

    できたのかという質問に対して

     

    彼は

    「私の発想は、常に物理学のアプローチを基本としている。

     比喩や類推のように、前例を真似て考えるのではなく、

     原論を煮詰めて推論を導き出す。

     だからこそ、誰も思いつかないようなイノベーションを

     実現できる。」

     

     

    時代が求めているのは

    もはや地球を壊す科学ではなく、

    宇宙エネルギー学、

    つまり物理学なんだね。

     

    そう考えると、今の精神医学にのみならず

    現代医療は 悪いと判断したもの=たたいて壊す

    というように、

    まるでどこかの政党のキャッチフレーズのようである。

     

    しかしそれにはまるで人間が機械であるかのような

    とらえ方が根底にあるように思うので

    なるべく注意深く関わる必要がある

    と私は思っている。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    *蓮の花がにっこり講座のお知らせとご案内

     

    次回10月の講座は、「秋のマインドフルネス体験講座」

    予定しているため、お休みさせていただきます。

    また詳しいご案内は、このブログにてご報告いたしますので

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

    *マインドフルネストレーナー(MCF認定)

     ご希望の方は

     

    1)・マインドフルネス体験講座(ゲスト講師の時間は省く)

      ・マインドフルネスパーソナルコース

      ・「蓮の花にっこり講座」

      などを受けていただいた受講時間が全部で48時間あること

      

      ちなみに4月29日のマインドフルネス体験講座に参加された方は

      私のレクチャーは2時間でした(ゲスト講師の時間は省く)ので、

      それが受講時間となります。

     

    2)またその間に、

      それぞれマインドフルネスを日々実践することによって

      

      ・咀嚼瞑想

      ・呼吸法

      ・ボディスキャン

      ・マインドフルネスヨガ

      ・静座瞑想

      ・歩行瞑想

      

      など6つの瞑想法を身につけ、それらを人に教えることができる

      ようになるまで練習します。

     

    3)48時間分、受講したら

      マインドフルネスを実践してきたことによって

      自分がどのように変化し成長したかについての

      レポートを作成し、提出していただきます。

     

    4)マインドフルネス体験講座や蓮の花にっこり講座

      などで、実際にレクチャーしていただきます。

     

    ご希望の方は、受講時間カードをお渡ししますので

    いつでもお申込み下さい。

     

     

    ・お申し込みは、メンタルケア フォレストHP

     http://mc-forest.com のお申し込専用メールから

     ご予約下さい。

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      Kumi
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      とびなが
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM