感情とこころ

2019.09.20 Friday 13:37
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    いつも私のブログを読んでくださって

    ありがとうございます。

     

     

    さて日頃、カウンセリングの現場においては

    クライアントさんが話された経験から

     

    そのときどんなことを感じられたのかということを

    できるだけ丁寧に傾聴するように努めていますが

     

    それは

    感情は自分にも周りの人にも

    とても重要な情報を伝えてくれるものだからです。

     

     

    たとえば

    そのときとても怖かったと感じたとしたら

    脅威を知覚しているはずです。

     

    また強い怒りを感じたとしたら

    何らかの形で裏切られたということ、

     

    悲しいと感じられたのであれば

    大切に思う何かを喪失したということを

    感情が伝えているのです。

     

     

    しかしながら

    感情というものは抑えなければならない

     

    またこれらのように

    マイナスの感情は感じてはいけない

     

    あるいは

    感情というのは隠すほうが問題が起きない

     

    などというような理由で

    感じていることを感じないように試みたり(感情から目を逸らす)

    あるいは常に閉じ込めてしまう

    というような人がよくいます。

     

     

    そういった人の多くは

    とても理性的で、常に冷静だったりします。

     

    ゆえに人との対立や摩擦も

    めったにありません。

     

     

    しかしそれゆえ

    マイナスの感情をこころに溜めてしまうことになります。

     

    またそれを抑え続けることにより

    こころは常に緊張を強いられます。

     

    そしてそれによってこころのバランスが崩れてくると

     

    漠然とした不安感を感じるようになったり

     

    気力が低下したり

     

    あるいは憂鬱な気分に陥る

     

    などというようなことがよくありますが・・・

     

     

    それは蓋をされたままの感情に耳を澄ます必要がある

    というサインだととらえるといいかもしれません。

     

     

    というのは

    感情というものに蓋をしたままだと

     

    真の意味で相手に自分の気持ちを伝える

    というコミュニケーションはできないないため

     

    お互いのことをこころでわかりあえている

    という安心感が得ることができないからです。

     

    またいつも感情を閉じ込めていると

    自分の感じていることが

    どんな感情なのかわかりにくくなるため

     

    どうしても自分感というものが希薄になり

    それゆえ漠然とした不安感が出てきます。

     

     

    そして多くの場合は、その自分のことを

     

     

    「これではいけない。

     何とかこの不安を感じないようにしなければ

     ならない。」

     

    などというように

    不安を感じている自分を、こころの弱さととらえて

    排斥しようとしますが

     

    逆にそれがまたこころを緊張させることになるため

    疲れとともに、気分の落ち込みが深くなったりします。

     

     

    それゆえ

    こと私のカウンセリングにおいては

     

    自分の感じていることを

    そのままイキイキと感じ

    できるだけそれを表現する

     

    ということへの抵抗が

    自然に緩んでいくような関わり方をする

    ということをとても大切にしています。

     

     

    いずれにしてもマイナスの感情も、

    人間らしい人生の一部です。

     

    ですから怖れや怒り、また悲しみや不安なども

    ひしひしと感じ、

     

    また大切な人であればあるほど

    それを表わすことを許したほうがいい

    のではないでしょうか。

     

    そうすれば

    嬉しい時や楽しい時は

    こころからそれを喜ぶことができる

    のではないかと思います。

     

     

    人間ですからね・・・

     

    完璧ロボットであろうとしなくても

     

    時には

    「怒りすぎちゃったな〜。」とか

    「悲しくてしばらく引き込もってました。」

     

    などというようなことがあってもいいじゃない?

     

     

     

     

     

     

    大切なことは

    感情的にではなく

    できるだけ感情を込めて伝えるようにする

     

    どんな言葉よりも、相手のこころに響き

    効果的に伝わるものだよ。

                  哲学犬 Lucky

     

     

     

     

     

    *蓮の花がにっこり講座のお知らせとご案内

     

    次回10月の講座は、「秋のマインドフルネス体験講座」

    予定しているため、お休みさせていただきます。

    また詳しいご案内は、このブログにてご報告いたしますので

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

    *マインドフルネストレーナー(MCF認定)

     ご希望の方は

     

    1)・マインドフルネス体験講座(ゲスト講師の時間は省く)

      ・マインドフルネスパーソナルコース

      ・「蓮の花にっこり講座」

      などを受けていただいた受講時間が全部で48時間あること

      

      ちなみに4月29日のマインドフルネス体験講座に参加された方は

      私のレクチャーは2時間でした(ゲスト講師の時間は省く)ので、

      それが受講時間となります。

     

    2)またその間に、

      それぞれマインドフルネスを日々実践することによって

      

      ・咀嚼瞑想

      ・呼吸法

      ・ボディスキャン

      ・マインドフルネスヨガ

      ・静座瞑想

      ・歩行瞑想

      

      など6つの瞑想法を身につけ、それらを人に教えることができる

      ようになるまで練習します。

     

    3)48時間分、受講したら

      マインドフルネスを実践してきたことによって

      自分がどのように変化し成長したかについての

      レポートを作成し、提出していただきます。

     

    4)マインドフルネス体験講座や蓮の花にっこり講座

      などで、実際にレクチャーしていただきます。

     

    ご希望の方は、受講時間カードをお渡ししますので

    いつでもお申込み下さい。

     

     

    ・お申し込みは、メンタルケア フォレストHP

     http://mc-forest.com のお申し込専用メールから

     ご予約下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      Kumi
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      とびなが
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM