ネガティブ思考から抜け出せないときは

2019.09.26 Thursday 15:19
0

     

    みなさん、こんにちは。

     

    いつも私のブログを読んでくださって

    ありがとうございます。

     

    さて時に私達は

    いくらポジティブで前向きに考えようと思っても

    ネガティブなことばかりが、頭に浮かんできて

    なかなか負のスパイラルから抜け出せない時が

    あります。

     

    またそんな時はどうしても落ち込んでしまい

    その自分のことを情けなく感じて

    自信もなくなってしまうものですが・・・

     

    しかし「そんな自分ではいけない」

    とばかりに、自分を責めて

    無理にポジティブになろうとするのは

    得策ではないと思うのです。

     

    それよりも、そんな時こそ

    「いつもポジティブでなければならない」

    という概念を、少し緩めてあげる必要が

    あるかもしれません。

     

    というのも

    私達はなにごとも強く堅い意志をもつことによって

    こころを強く保つことができるかのように

    思っているところがありますが

     

    しかしたとえば

    堅い木の両淵をもって、徐々に力を入れながら

    曲げていくと

    必ずある限界を超えたときに、

    ポキッと折れてしまいます。

     

    しかしながら

    竹や蔓だとどうでしょう?

     

    柔らかくてよくしなうために、

    ちょっとやそっとでは折れないですね。

     

    こころもこれと同じで

     

    いつも強く明るくたくましく

    そしてどんなことにも弱音を吐かずに

    前向きでなければならない

     

    という堅い枠に自分をはめ込み

    頑張らせ続けていると

     

    いつしかそれが限界を超えた時

    こころはポキンと折れてしまうかもしれません。

     

    実際に燃え尽き症候群やうつになるのは

    こころが弱いからそうなるのではなく

     

    あまりに強く生き過ぎてきたため

    生きるためのエネルギーが枯渇しそうになっている

    ということなのです。

     

     

     

     

    それゆえ

    時に誰かに弱音を吐いたり

    助けを求めたりすることは

     

    一見、自分の弱さに負けてしまうこと

    のようですが

     

    実はその反対で

    こころに柔軟性をもたらしてくれるのです。

     

     

    ですから

    もし今、ネガティブ思考に陥っている人がいたら

     

    無理にポジティブになろうとする必要はない

     

    弱音を吐きたい自分を認め、許してあげよう

     

    なぜならそれもこころの強さ(しなやかさ)の表れだから

     

    ということを

    あえて声に出して、自分自身に聞かせてあげる

    といいのではないかと思います。

     

     

     

    そして

    すぐ様、いつも通りの自分に戻そうと焦らないで

     

    現在の自分に無理なくできることだけを

    なるべく自分のペースでやるように心がけると

    いいと思います。

     

     

     

     

     

    時間が流れている以上、

    同じ状態は決して続かないはずだから

     

    こころが弱った状態で

    先のことを考えるより

     

    今の自分に必要なことを

    自分の体やこころに訊いてあげるといいよ。

     

    そしてそれが

    たとえば休息することだったり

    誰かに話しを聞いてもらうことであれば

     

    それこそが

    今のあなたにとって一番、大切で必要なこと。

     

    そうすれば

    また時の流れとともに

    こころのエネルギーが戻ってくるよ。

     

                    哲学犬 LUCKY

     

     

     

     

     

     

     

     

    *蓮の花がにっこり講座のお知らせとご案内

     

    次回10月の講座は、「秋のマインドフルネス体験講座」

    予定しているため、お休みさせていただきます。

    また詳しいご案内は、このブログにてご報告いたしますので

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

     

     

     

    *マインドフルネストレーナー(MCF認定)

     ご希望の方は

     

    1)・マインドフルネス体験講座(ゲスト講師の時間は省く)

      ・マインドフルネスパーソナルコース

      ・「蓮の花にっこり講座」

      などを受けていただいた受講時間が全部で48時間あること

      

      ちなみに4月29日のマインドフルネス体験講座に参加された方は

      私のレクチャーは2時間でした(ゲスト講師の時間は省く)ので、

      それが受講時間となります。

     

    2)またその間に、

      それぞれマインドフルネスを日々実践することによって

      

      ・咀嚼瞑想

      ・呼吸法

      ・ボディスキャン

      ・マインドフルネスヨガ

      ・静座瞑想

      ・歩行瞑想

      

      など6つの瞑想法を身につけ、それらを人に教えることができる

      ようになるまで練習します。

     

    3)48時間分、受講したら

      マインドフルネスを実践してきたことによって

      自分がどのように変化し成長したかについての

      レポートを作成し、提出していただきます。

     

    4)マインドフルネス体験講座や蓮の花にっこり講座

      などで、実際にレクチャーしていただきます。

     

    ご希望の方は、受講時間カードをお渡ししますので

    いつでもお申込み下さい。

     

     

    ・お申し込みは、メンタルケア フォレストHP

     http://mc-forest.com のお申し込専用メールから

     ご予約下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Comment








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    心理カウンセリング
    メンタルヘルス
    森 久美子のおススメ本
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      Kumi
    •  自分のこころにちょうどいい加減を見つけましょ。
      とびなが
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      Kumi
    • 父親不在は子供の将来をダメにするもとです
      フィービー
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      Kumi
    • 楽しんじゃいけない禁止令をはずしましょ。
      まい
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      Kumi
    • こころが折れてしまいそうなときの処方箋
      とびなが
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM